連続


紅白2年連続で落選のAKB48 “アキバ枠”初出場を振り返る

(出典:Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)


AKB48(エーケービーフォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。 秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に東京・秋葉原を拠点として活動を開始した。運営会社および所属事務所は株式会社DH、所属レーベルはYou, Be Cool!/キングレコード。 子記事 以下は子記事で解説する。
295キロバイト (28,530 語) - 2021年11月20日 (土) 15:18


ライバルが多いからね~(*´ω`*) 来年頑張ろう!(^_-)-☆

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/22(月) 09:42:53.84

2021.11.22 07:30
まいじつ

2019年まで11年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場していたアイドルグループ『AKB48』が、2年連続で落選した。

近年の活動実績を見る限り、当然といえば当然の結果だったが、メンバーの柏木由紀はツイッターで《正直なところ悔しい! です! 紅白歌合戦のステージで根も葉もRumorをみんなと踊りたかったなぁ、、、》などとコメントし、総監督の向井地美音も《今年も紅白歌合戦への出場は叶いませんでした。1年前、ゆきりんさんが『来年は心から悔しいと言えるくらい頑張ろう』と言ってくれた言葉をずっと心に留めながら活動してきました。だから言わせてください。悔しい!!!!! 今のAKB48で、あの舞台へ。大きな目標を胸に来年も頑張ります》などとツイートしている。

AKBは初めて出場した2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』で、〝日本が誇る最先端! スペシャルメドレー〟として、中川翔子やリア・ディゾンとの合同ステージに登場。そしてこの年、紅組でオープニングを飾っていたのは「ハロー! プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊」だった。10回目の出場となる『モーニング娘。』をはじめ、『Berryz工房』『℃-ute』らが出演。まさに〝ハロプロ黄金期〟と言えただろう。

しかし、その直後から現在に至るまで、ハロプロはすっかり日の目を見ない存在に。その理由はもちろん、『AKBグループ』の台頭だ。


坂道グループ全盛期でAKBは沈没…?

「ハロプロはまさに、AKBに追い出されるようにして消えていきましたが、そんなAKBは今、後発の『坂道グループ』に追い出されるようにして姿を消しつつあります。今回の紅白出場者を見ても、坂道グループは『乃木坂46』『日向坂46』『櫻坂46』の3組全てが出演していますからね。これは一時期、『AKB48』『SKE48』『NMB48』『HKT48』の4組が同時に紅白に出場していたケースと全く同じです」(芸能記者)

AKBがこれから、また紅白に出場できるケースはあるのだろうか。

「AKBの一番の問題として、『ヒット曲を最近出していない』と指摘されていますが、正直そんなことは関係ない。『乃木坂46』『日向坂46』『櫻坂46』にも、世間一般にまで浸透したヒット曲なんてありませんでしたから。問題は、『AKB48』という古臭いイメージ。メンバーを何度も入れ替えているので、顔触れ自体はフレッシュなのですが、グループの印象はもはや、10年前に活躍していた老舗アイドル。これは、『モーニング娘。』と全く同じ現象ですね。たとえ中身が変わっても、一度過去のものというイメージがつくと、そこから抜け出すのはほぼ不可能です」(芸能記者)

昨年、AKBが落選した際、〝紅白出場は二度とない〟と言われていたが、どうやらそれが現実となりつつあるようだ。

https://myjitsu.jp/archives/316982


【『AKB48』「紅白」2年連続“落選”で見えたキツーイ理由】の続きを読む


『西川貴教』「ベストボディ・ジャパン2021日本大会」2年連続優勝!


西川貴教「ベストボディ・ジャパン」2年連続Vで感謝のツイート
…西川貴教(51)が13日、年齢別ボディコンテスト「ベストボディ・ジャパン2021日本大会」に出場し、モデルジャパン部門ゴールドクラスで2年連続の優勝を決めた。
(出典:日刊スポーツ)


西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年〈昭和45年〉9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、ラジオパーソナリティ、司会者、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション(自営。業務提携パーフィットプロダクション)。血液型はA型。身長161cm。既婚。
76キロバイト (9,451 語) - 2021年11月12日 (金) 13:47


おめでとうございます!2年連続Vなんてスゴイ!

【『西川貴教』「ベストボディ・ジャパン2021日本大会」2年連続優勝!】の続きを読む


『ポッキー』世界売上ナンバー1「ギネス世界記録認定」は2年連続


ポッキー(英: Pocky)は、日本の菓子メーカー・江崎グリコが1966年(昭和41年)から発売しているチョコレート菓子で、同社の登録商標(第3103630号他)である。 日本を始めとする世界各国で販売されており、言語圏によっては異なる商品名となっている。詳しくは「#世界での商品展開」を参照。
29キロバイト (3,676 語) - 2021年11月10日 (水) 22:52


子どもの頃は、いつも食べてたなぁ(*´ω`*) 日本のポッキー、すごいじゃん(^_-)-☆

【『ポッキー』世界売上ナンバー1「ギネス世界記録認定」は2年連続】の続きを読む


戸田 恵梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。フラーム所属。夫は俳優の松坂桃李。 11歳の時から芸能活動を開始し、上京する以前は大阪の芸能事務所グレースに所属していた。ドラマのNGシーンを放送するバラエティ番組を見て、芸能の世界に興味を抱いたことがきっかけである。
55キロバイト (7,133 語) - 2021年10月19日 (火) 13:06


「おめでた」だったらいいんだけどね(*´ω`*)

1 Egg ★ :2021/10/20(水) 06:21:25.94

「2作も突然降板するというのはあまり聞いたことがないので、スタッフの間でも戸田さんに“何かあったのでは?”と不安が広がっているそうです」

不安げにこう語るのはある映画関係者。今、映画、ドラマ関係者の間で戸田恵梨香(33)の身を案じる声が広がっているというーー。

00年のデビュー以来、数々の話題作に出演し、19年度後期の朝ドラ『スカーレット』(NHK)ではヒロインを務めた戸田。さらに永野芽郁(22)とW主演を務めた今年7月クールの連ドラ『ハコヅメ』(日本テレビ系)は平均視聴率11%を超えるなど、“視聴率女王”の名をほしいままに。

プライベートも絶好調だ。昨年12月、同じく演技派として知られる俳優・松坂桃李(33)との結婚を発表。芸能界最強の“同い年夫婦”として、ともに目覚ましい活躍を見せていた。

『ハコヅメ』後の出演作がまだ報じられていない戸田だが、実は水面下で異変を迎えていたという。前出の映画関係者は言う。

「戸田さんは歴史モノに定評のある大御所監督の主演映画の撮影に来月から入る予定でした。しかし、10月中旬になって突如、降板を申し入れたそうです。クランクインが迫っていることもあり、急遽、主演は某有名女優へ代役が決まったといいます。

詳しい理由は明らかにされていませんが、事務所は近く休養を発表すると聞いています」

撮影を目前に控えての降板申し入れ。驚くことに降板はこれだけではないようで……。

「実は、来年4月から女性に人気のドラマ枠で主演する予定でしたが、そちらも急遽降板したいと、戸田さんサイドから申し入れがあったそうです。放送の半年前に降板を申し入れるのはよっぽどのことなので、戸田さんの体調を心配する声が相次いでいます」(テレビ局関係者)

これらの事実について戸田の所属事務所に、何度か問い合わせをしたものの期日までに返答はなかった。

いったい、戸田の身に何が起こったのかーー

女性自身 10/20(水) 6:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a0d7fe9cac64c3b3a7d4179611f86ca30ce2d43

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


【『戸田恵梨香』来月撮影の映画、来年4月クールの主演ドラマも連続ドタキャン!いったいどうしたの?】の続きを読む


五木 ひろし(いつき ひろし、1948年〈昭和23年〉3月14日 - ) は、日本の歌手、作曲家、俳優。本名:松山 数夫(まつやま かずお)。元々はムード歌謡で数多くのヒット曲を放ったが、現在は演歌歌手として記されることが多い。身長173cm、血液型はA型。京都府生まれ、福井県三方郡美浜町出身。所属
130キロバイト (12,656 語) - 2021年10月13日 (水) 07:45


時代の流れだろうけど、寂しいなぁ(*´ω`*)

1 影のたけし軍団ρ ★ :2021/10/17(日) 17:21:33.50

演歌歌手の五木ひろし(73)が、今年の大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に出場しないことが17日、分かった。

1971年「よこはま・たそがれ」で初出場して以来、継続してきた歴代最長の連続出場記録は50年でストップする。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/10/17/kiji/20211017s00041000386000c.html


【『五木ひろし』紅白ならず、歴代最長の連続出場記録50年でストップ】の続きを読む

このページのトップヘ