逝去


『小倉めぐみ』作詞家・61歳にて逝去 SMAP「がんばりましょう」など手掛ける


作詞家・小倉めぐみさん死去 61歳 SMAP「がんばりましょう」など
…や南野陽子(54)の「はいからさんが通る」などの楽曲を手掛けた作詞家・小倉めぐみ(おぐら・めぐみ)さんが9月14日に亡くなっていたことが13日、わかっ…
(出典:オリコン)


たぶんオーライ MOD Mix 作詞:小倉めぐみ 作曲:庄野賢一 編曲:MOD 15thシングル がんばりましょう #2 作詞:小倉めぐみ 作曲:庄野賢一 編曲:CHOKKAKU 14thシングル SHOGATSU Sound Machine Fade Out 作詞:小倉めぐみ 作曲:羽田一郎 編曲:CHOKKAKU
6キロバイト (731 語) - 2021年8月15日 (日) 05:19


気持ちがあったかくなる歌詞だったよね(*´ω`*) ご冥福をお祈りします。

【『小倉めぐみ』作詞家・61歳にて逝去 SMAP「がんばりましょう」など手掛ける】の続きを読む


桜塚やっくん(さくらづかやっくん、1976年9月24日 - 2013年10月5日)は、日本の男性お笑いタレント、声優、俳優、歌手。神奈川県横浜市鶴見区出身。以前はジャニーズ事務所に所属しており、本名の斎藤 恭央(さいとう やすお)で活動していた。 日本大学高等学校、日本大学芸術学部映画学科演技コース
35キロバイト (4,498 語) - 2021年9月21日 (火) 13:35


懐かしいね(*´ω`*) 思い出すたびに、残念だったなぁと思う・・・(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/05(火) 12:29:10.19

10/5(火) 6:01
週刊女性PRIME

桜塚やっくん死去から8年、ブログには9万超えのコメント「“生き続ける”故人のSNS」
2013年に亡くなった桜塚やっくん
<やっくん、おはよう>
<今日もお空から見守っててね>
<大好きだよ>

 10月5日、2013年に交通事故で亡くなったお笑いタレント・桜塚やっくんの命日を迎えた。上記の書き込みは、今も残されたやっくんのブログ『桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!!』の最後の投稿「ここ最近の事など。」に最近、書き込まれた読者からのコメント。やっくんが亡くなって今年で8年――。ブログのコメント欄には、今もファンによるコメントが続いている。その数、9万4000件以上。

思い出される飯島愛さんのブログ

「やっくんといえば、セーラー服に竹刀を持った“スケバン恐子”の『がっかりだよ!』という決めフレーズで一世を風靡。『エンタの神様』を中心に数多くのバラエティー番組に出演していました」(テレビ局関係者)

 やっくんはお笑いタレントとしての活動に加え、全員男性のガールズバンド・美女♂men Zのボーカルとしても活動しており、亡くなったのは、バンドでライブ会場の熊本に向かっている最中だった。

「やっくんらが乗ったワンボックスカーは山口県美祢市の中国自動車道で単独事故を起こし、車外に出たところを後継車にはねられてしまいました。死因は心臓破裂。当時やっくんは37歳で、突然の訃報に芸能界内外から悲しみの声が広がりました」(芸能関係者)

 そんな中、ひっそりと残されたやっくんのブログ。前述どおり、本人不在でありながら、毎日のように新しいコメントが増え続けている。

「先月9月24日のやっくんの誕生日には、祝福コメントも相次ぎました。

 こういった現象で思い出されるのは、2008年に亡くなった元タレントの飯島愛さんのブログ(現在は閉鎖)。飯島さんが亡くなってからもブログにはコメントが相次ぎ、閉鎖されるまでの7年間、書き込みが続きました。飯島さんのブログは多くのファンにとって心の拠り所となっていたようです」(同・芸能関係者)

 ブログだけではない。例えば、昨年、新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんのインスタには、5万件を超えるコメントが。最近では、

<園長! 相葉くんが結婚したよ〜!>

 と、先日結婚を発表した嵐・相葉雅紀について報告する書き込みも多く見られた。同じく昨年亡くなった三浦春馬さんのインスタを見てみても同様で、最後の更新記事についたコメントはなんと40万件にも迫る勢いだ。

ほか、竹内結子さん、小林麻央さん、元KARAのク・ハラさんの残されたSNSにも、今なお新たなコメントが書き込まれ続けている。

 亡くなった人(以下、故人)のSNSに、なぜコメントを続けるのかーー。
故人との対話の“窓口”

「一般的に、大切な人と死別した事実との向き合い方には正解もなく、人によってさまざまな形があります。故人のことを、今の自分にとってどのような人と捉えるかも人それぞれ。

 ただ、故人に対して、かなり遠くに行ってしまった、心の交流ができない異次元にいる存在だと思う人は少ない。どちらかといえば、亡くなってからも、どこか近くで“自分のことを見てくれている”という距離感を持っている人の方が多いと思います」

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2801d69b24f7335490b5ab1b2a40ea08e9bb65e


【『桜塚やっくん』逝去から8年、ブログには9万超えのコメント「“生き続ける”故人のSNS」】の続きを読む


『風間ルミ』9月22日に55歳で逝去、死因不明も北斗晶らプロレス界から惜しむ声


急死の風間ルミさんへ、プロレス界から逝去を惜しむ声 北斗晶「戦った私しか思い出してやれない顔」明かす
 元女子プロレスラーの風間ルミさんが死去したことが9月22日に分かりました。享年55歳。死因は不明とのことです。プロレス界などから追悼の声が上がっています。
(出典:ねとらぼ)


風間 ルミ(かざま ルミ、本名:斉藤 ルミエ〈さいとう ルミエ〉、1965年11月28日 - 2021年9月)は、日本の元女子プロレスラー、元女子シュートボクサー、タレント。東京都台東区出身。 高校生でキックボクサープロデビューを果たし、1985年、シュートボクシング(SB)のシーザー武志会長に声を
9キロバイト (1,011 語) - 2021年9月22日 (水) 09:26


まだお若いのに、ご冥福をお祈りします。

【『風間ルミ』9月22日に55歳で逝去、死因不明も北斗晶らプロレス界から惜しむ声】の続きを読む


『辻萬長』77歳、腎盂がんで逝去「大先輩の遺された功績に敬意」 


大河「鎌倉殿の13人」も辻萬長さんを追悼「大先輩の遺された功績に敬意」
 俳優・辻萬長(つじ・かずなが)さんが18日に腎盂(じんう)がんで亡くなったことが23日、分かった。所属事務所が書面で発表した。77歳。佐賀市出身。
(出典:デイリースポーツ)


萬長(つじ かずなが、1944年2月9日 - 2021年8月18日)は、日本の俳優、声優。本名は同じ。「まんちょう」「ばんちょう」と読まれることがあるが「かずなが」が正しい。 佐賀県佐賀市神野町出身。佐賀県立佐賀高等学校卒業。テコジャパンエージェンシー、おぎいくこ事務所、こまつ座を経て、ワタナベエンターテインメント所属。
35キロバイト (4,028 語) - 2021年8月23日 (月) 13:28


渋い俳優さんだったよね(*´ω`*) ご冥福をお祈りします。

【『辻萬長』77歳、腎盂がんで逝去「大先輩の遺された功績に敬意」 】の続きを読む


笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく)は、上方落語の名跡。 初代笑福亭仁鶴 - 詳細不明。 2代目笑福亭仁鶴 - 後の桂三木丸。 3代目笑福亭仁鶴 - 当代。3代目笑福亭仁鶴を参照。
584バイト (46 語) - 2020年8月22日 (土) 07:30


仁鶴さん、お疲れ様でした(*´ω`*) そして、今までありがとう(^_-)-☆

1 Anonymous ★ :2021/08/20(金) 18:03:17.21 ID:CAP_USER9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc34e1d025eb6fd52768f4ba3eab4ea54ec28d63

 上方落語を代表する関西芸能界の大御所、笑福亭仁鶴(しょうふくてい・にかく)さん(本名・岡本武士=おかもと・たけし)が骨髄異形成症候群のため、17日に大阪府内の自宅で死去した。84歳だった。葬儀・告別式は親族で行われた。特別顧問を務める吉本興業が20日、明らかにした。お別れの会は未定。

 仁鶴さんは昭和、平成、令和と時代を超えて多くのファンに愛され、劇場からテレビ、ラジオなど様々な媒体で多彩な才能を発揮した。1912年に創業された吉本興業の「中興の祖」と言われる。

 大阪市生まれの仁鶴さんは高校生の頃から友人とお笑いを研究し、卒業後は、ガラスふき、ブラシの行商、家業の鉄工所を手伝った。働きながら、素人参加の番組に数多く出演。才能を見出され、1962年、番組で知り合った「上方落語四天王」の一人、6代目笑福亭松鶴さんに弟子入りした。

 落語家として高座に上がる一方、タレントとしても積極的に活動。深夜ラジオでは、リスナーからのはがきを読む際に発する「どんなんかな~」、「うれしかるかる」などのフレーズがブームに。全国でアイドル的な人気となり、吉本の「お笑い」の礎を築いた。

 69年から放送された毎日放送(現MBS)「ヤングおー!おー!」では初代司会者となり、一躍全国区に。ラジオ番組の企画では自ら作詞を手がけ、ビル掃除をしながら子を育てる母にエールを送る楽曲「おばちゃんブルース」をヒットさせた。レトルト食品の「ボンカレー」のテレビCMのセリフ「3分間待つのだぞ」も流行し、「視聴率を5%上げる男」と呼ばれた。

 86年から司会を務めたNHK「バラエティー生活笑百科」では、「四角い仁鶴がまあるくおさめまっせ」のフレーズのほか、「相談員」のタレントの上沼美恵子とのやり取りも人気を集めた。

 同年には師匠・松鶴さんが死去。筆頭弟子だったが、「笑福亭」は松竹芸能の看板だったため、吉本所属の仁鶴さんは7代目を継ぐことを固辞した。その後も幅広いジャンルで才能を発揮。お笑い芸人にも慕われていた。

 70歳を超えても落語の独演会を開き、なんばグランド花月で披露した「不動坊」は多くの後輩も継承するなど上方落語の代表作と呼ばれた。笑いを追求し、人々を楽しませた。

 ここ数年は闘病生活を送っていた。17年6月に、約50年間連れ添った妻・隆子さんが死去。その直前の同5月から「―生活笑百科」を体調不良で欠席した。読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」のレギュラーも降板はしないまま、休演が続いていた。18年10月、吉本が主催する京都国際映画祭のオープニングであいさつしたのが最後の公の場となった。

 ◆笑福亭仁鶴 1937年1月28日、大阪市生野区生まれ。市立生野工業高卒。落語、演芸、放送、映画など幅広いジャンルで活躍した。舞台「なんばグランド花月」には80歳を超えて出演。テレビ「大阪ほんわかテレビ」、ラジオ「仁鶴の日曜思い出メロディー」など名番組多数。大阪市民表彰文化功労賞(94年)、日本放送協会放送文化賞(02年)などを受賞した。

 ◆骨髄異形成症候群 がんの一種。3種類の血液細胞(赤血球、血小板、白血球)の大もとになる造血幹細胞に異常が起きる病気。症状は赤血球減少による顔色不良、全身けん怠感、動悸・息切れ、血小板減少による皮膚・粘膜の点状出血や鼻血などの症状がみられる。白血球の1つである好中球の減少や機能低下により感染症にかかりやすくなり、発熱などを伴うこともある。1つの病気ではなく、複数の似たような病気の集まりと捉えられているため、症候群と呼ぶ(国立がん研究センター)

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629446895/


【『笑福亭仁鶴』84歳で逝去 関西芸能界の大御所】の続きを読む

このページのトップヘ