藤井聡太


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後、五段を除く昇…
275キロバイト (34,475 語) - 2023年8月31日 (木) 14:52

(出典 newsdig.ismcdn.jp)


「藤井聡太さんが黒星発進してしまったのは残念ですが、彼の強さは十分に証明されていると思います。今後の対局ではさらに研究を重ね、八冠全制覇を目指す姿勢を持ち続けてほしいですね。応援しています!」

1 あかみ ★ :2023/08/31(木) 21:34:04.82 ID:vXZLwAn49
藤井聡太竜王(名人・王位・叡王・棋王・王将・棋聖=21)が8冠全制覇を目指して永瀬拓矢王座(30)に初めて挑戦する、将棋の第71期王座戦5番勝負第1局(日本将棋連盟、日本経済新聞社主催、東海東京証券特別協賛)が31日、神奈川県秦野市「元湯陣屋」で行われた。対局は後手の永瀬が勝ち、藤井は黒星発進となった。第2局は9月12日、神戸市「ホテルオークラ神戸」で開催される。

午後5時から30分間の夕食休憩後、先手5二角成(63手目)と成り捨てて踏み込む。そこからギアが上がったはずだった。金、と金、銀、桂が4~5筋で渋滞し、攻めのスピードが遅くなると流れが変わった。

わずかなリードを保っていたはずの藤井が、永瀬の猛攻の前に後退する。対局開始時、立会人の佐藤康光九段の左側で見守っていた日本将棋連盟の羽生善治会長が語っていた「角換わりの最新型」の一戦。4一玉型の早繰り銀という趣向を見せた永瀬が7筋から仕掛けたのに対し、盤全体に戦線を拡大しながら、まとめ切れず、反撃に遭って投了した。

研究会仲間であり、お互いに手の内を知り尽くしている永瀬の一枚上の指し回しに屈した。本年度12連勝していた先手番で、初めて黒星を喫した。タイトル戦での先手での敗退は、今年3月の棋王戦第3局以来となる。

全文はソースでご確認ください。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202308310000854.html

【『藤井聡太』王位戦黒星発進、本年度負けなしの先手番で永瀬王座に初めて敗れる】の続きを読む


佐々木 大地(ささき だいち、1995年5月30日 - )は、将棋棋士。深浦康市九段門下。棋士番号は306。長崎県対馬市出身。 3歳のとき、父に教わったことをきっかけに将棋を始める。 2004年、対馬市立鶏鳴小学校3年の第3回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。…
18キロバイト (2,328 語) - 2023年7月8日 (土) 10:05

(出典 times-abema.ismcdn.jp)


藤井聡太選手の超絶技巧が光りましたね。王座を狙う彼の闘志に感服しました。佐々木大地選手も負けずに頑張ってほしいです。まだまだ予断を許さない戦いが続きます!

1 名無し募集中。。。 :2023/07/08(土) 18:20:22.96

おめ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:: EXT was configured

【『藤井聡太』王位戦第一局で佐々木大地挑戦者に先勝、防衛へ好スタート】の続きを読む


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。血液型はA型。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後…
261キロバイト (32,813 語) - 2023年6月28日 (水) 05:28

(出典 news.biglobe.ne.jp)


藤井聡太竜王・名人がついに七冠経験者の羽生善治九段を倒し、挑決T決勝へ進出しました!この若干19歳の才能が本当にすごいです。彼の愛と情熱は将棋界を熱くしてくれますね。まだまだ歴史に名を刻む逸材だと感じます。

1 ◆Sen4E3P802 愛の戦士 ★ :2023/06/28(水) 22:18:47.03ID:5EslQXBg9
AbemaTimes 2023/06/28 21:47

 将棋の藤井聡太竜王・名人(王位、叡王、棋王、王将、棋聖、20)が6月28日、王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝で羽生善治九段(52)に勝利し、決勝進出を決めた。全八冠制覇に大きな期待が寄せられている藤井竜王・名人にとって、永瀬拓矢王座(30)が保持するタイトル挑戦・奪取が最大の難所。屈指の好カードとなった羽生九段との準決勝を制し、“八冠ロード”をまた一歩前進した。

 七冠経験者同士による注目の一戦は、若き絶対王者に軍配が上がった。八冠挑戦を目指す藤井竜王・名人と、タイトル100期を狙う羽生九段が激突した準決勝。年初に行われた王将戦七番勝負以来の対戦となった本局は、藤井竜王・名人の先手番で角換わりの出だしとなった。難解な中盤戦から、夜戦に突入してもなお互角で推移。互いに持ち時間切迫の中で力のこもった攻防戦が繰り広げられた。

 藤井竜王・名人は、銀で自陣を補強しつつ後手の攻めを催促。羽生九段は強く攻勢に出て藤井玉に迫った。後手からの猛攻に一気に緊迫感が漂ったが、巧みに受けきりリードを拡大。最終盤に攻めへと転じると、一気に押し切って勝利を手にした。この結果、藤井竜王・名人は決勝戦に進出。将棋界内外から大きな注目が集めている全八冠制覇に向けて、また一歩近づいた。

※全文・詳細はリンク先で
https://times.abema.tv/articles/-/10085571

【『藤井聡太』「八冠ロード」へあと1勝!羽生善治九段を制し決勝進出!】の続きを読む


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。血液型はA型。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後…
258キロバイト (32,259 語) - 2023年6月19日 (月) 02:24

(出典 i.ytimg.com)


まさか藤井聡太さんが正座に苦労するなんて、ちょっと意外でした。でも、将棋が強いってことは集中力がすごいんでしょうね。その集中力を維持するためには、正座の姿勢も大事だと思います。藤井さんがますます強くなることを期待しています。

1 爆笑ゴリラ ★ :2023/06/17(土) 18:23:21.39ID:K7Uew6lI9
6/17(土) 15:23配信
スポニチアネックス

 将棋の藤井聡太叡王(20)=王将、竜王、名人、王位、棋王、棋聖含む7冠=が17日午前、千葉県柏市で行われた第8期叡王戦記念イベントで、自動運転EV量産を目指すチューリングの山本一成代表取締役と対談した。山本氏は将棋の強豪アマで、叡王戦の前身・電王戦ではAIソフトのポナンザを開発し、17年には佐藤天彦名人(当時)に2連勝するなど話題を呼んだ。

 現在は柏市内で乗用車の完全自動運転実現に向け、日々開発に努めている山本氏に対し、藤井は自動運転にも興味津々。師匠の杉本昌隆八段の車に同乗した際「運転が下手だったので、それを見て運転免許(取得)はやめておこう」と苦笑交じりに明かし、「なので自動運転の実現を心待ちにしてます」と期待を寄せた。

 午後には叡王戦第5局開催予定地の「柏の葉カンファレンスセンター」で行われた「藤井叡王を囲む会」にも参加。350人のファンを前にしたトークショーでは「最近、正座がきつくなりつつある。持ち時間の短い棋戦では対局が終わった後、立てないことが何度もありました」と意外な事実を告白し「トレーニングをしなければと思います」と自らに言い聞かせた。普段の息抜きとしては「まずは寝ること。そしてトレインシミュレーター(電車の仮想運転)もしているのですが、停車位置がずれるとストレスがたまるので、ほどほどにしないと」と話し、ファンを沸かせていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d724329aa76de650d348fe0cd4f22cc1587eba4

【『藤井聡太』正座の辛さボヤく、対局後に立てないことも…】の続きを読む


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。血液型はA型。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後…
246キロバイト (30,570 語) - 2023年6月1日 (木) 19:30

(出典 news.tv-asahi.co.jp)


史上最年少名人、史上最年少七冠を達成した藤井聡太さん。将棋界にとって、彼が達成した偉業は今後も語り継がれることでしょう。おめでとうございます!

1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/06/01(木) 18:55:11.951 ID:XshNer1H0.net
本日の対局会場は長野県高山村の「藤井荘」

藤井名人&七冠おめでとう!

【『藤井聡太』天才少年が歴史を塗り替える!最年少七冠を達成】の続きを読む

このページのトップヘ