移住か


(あん、1986年〈昭和61年〉4月14日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。本名および旧芸名は渡辺 (わたなべ あん)。 東京都出身。サンミュージックブレーン、ボン・イマージュを経て2008年からトップコート所属。 父は俳優の渡辺謙。兄は同じく俳優の渡辺大。
51キロバイト (6,386 語) - 2021年11月19日 (金) 18:21


杏ちゃん、フランス語は大丈夫?ホントに行っちゃうの?(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/02(木) 07:00:54.19

12/2(木) 5:15配信
東スポWeb

育児でも忙しい杏(東スポWeb)

 いよいよカウントダウンが始まったようだ。女優・杏(35)は早ければ来年4月にもフランスに旅立つという。

「新型コロナウイルスの状況次第ですが、日本での仕事は来年3月一杯で一つの区切りにするようです。その後は3人の子供を連れフランスに完全移住する決断をしたようですね」(芸能プロ関係者)

 そもそも当初の計画では、フランスに行くのは3か月と短期のはずだった。それが移住する覚悟を決めたのは、ウエンツ瑛士のアドバイスがあったからだという。

 ウエンツは2018年10月から約1年半、ロンドンに演劇留学した経験がある。「まさにウエンツのアドバイスは適切だったようです。さまざまなことを親身になって教えてくれたそうです。住んでみないと分からない話を教えてもらい、杏は参考になったと喜んでいました」(芸能関係者)

 杏とウエンツが交流を深めたのは、現在放送中のドラマ「日本沈没―希望のひと―」(TBS系)がキッカケ。

「ドラマの撮影は今年の春ごろに全て終了しています。杏は今でもウエンツやほかの共演者と連絡を取り合っているとか。一時アメリカに生活拠点を移していた小栗旬にもいろいろと教えてもらったみたいです」(芸能プロ関係者)

 フランス移住を計画している杏にとっては、多くのことを吸収できた撮影現場となったようだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ad5a652a5517f0ffeaafd1c6f8bbabff4275340


【『杏』来春〝子連れ〟でフランス移住か?「日本沈没」の共演者2人が後押し】の続きを読む


小栗 (おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は、日本の俳優・映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗。
72キロバイト (9,343 語) - 2021年11月5日 (金) 16:53


オグリーは、世界を見てるのかなぁ(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/07(日) 08:32:01.48

11/7(日) 6:02
女性自身

小栗旬 杏に“英語教育”相談のワケ…ハリウッド再挑戦で見据える米国移住
『日本沈没』撮影中の小栗と杏/Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

「小栗さんと杏さんは今回が初共演ですが、渡辺謙さん(62)を通じて交流もあったためすぐに意気投合。細部までこだわる座長の小栗さんと演技について確認し合っていました」(テレビ局関係者)

環境省の官僚役で小栗旬(38)が主演を務め、杏(35)が週刊誌記者を演じるドラマ『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)。現在、高視聴率を記録しており、第1話から第3話まですべて15%を超えている。

「2人は仕事の話だけでなく撮影の合間には、プライベートの話もしています。3人の子をもつ親同士で小栗さんが『子供は元気?』と聞くと、杏さんは『わんぱくで大変』と笑っていましたね。

小栗さんは教育の話題に興味津々。『杏ちゃんの英語はすごく上手だよね。子供たちにはどうやって教えているの?』と尋ねていました」(前出・テレビ局関係者)

小栗の相談に、杏は自身の教育法を明かしたという。

「杏さんは『日常から英語に慣れさせることが重要』と答えていました。『QUEEN』や『THE BEATLES』の楽曲を、スマホから流して聞かせているそうです。またギターを弾くことが趣味の杏さんは、息抜きもかねて英語の曲を歌って聞かせているみたいですよ」(前出・テレビ局関係者)

子供たちを“英語耳”にするため、2人が語学教育に人一倍熱心に取り組むのには、理由があるようだ。

■「23年以降にタイミングが合えばまたハリウッドに…」

本誌既報通り、10月に登場したイベントで、杏は将来的なフランス移住の意志を聞かれて、「そうですね。昔からよく半月とか1カ月とか(フランスに)行っていたんですけれども、住んでみるとたくさん刺激とかもありそうだなと感じています」と強い決意を示唆していた。

いっぽうの小栗はすでに一度、アメリカ移住に挑戦している。

「’19年8月に小栗さんは、家族を連れてロサンゼルスに渡っています。そのときには新居も構えたそうです。ハリウッド映画『ゴジラvs.コング』の撮影のためにたびたび渡米するうちに、本格的なハリウッド進出のためには、移住が必要だという決断に至ったと聞いています。ですが’20年7月に、新型コロナの感染拡大が理由で帰国しました」(芸能関係者)

しかし小栗は再移住を諦めていない。’21年7月2日配信のWEBメディア「THE RIVER」によるインタビューで、ハリウッド進出についてこう明かしている。

《決めてはいませんが2023年以降で、タイミングが合えば活動的に飛び込んでいってみたい。受けられるオーディションも受けていきたいです》

大河後の再挑戦を見据える小栗。今作と大河、2つの代表作を携えて“日本脱出”することになるのかーー。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6202a3e92e809789efb95ebfcabace216bf8f36b


【『小栗旬』将来は米国移住か?杏に“英語教育”相談してるwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ