現場


『ぎぼむす』スペシャルが2022年新春放送! 綾瀬はるからの撮影現場をキャッチ
 2018年に放送され、全10話平均で14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の平均視聴率を記録した人気ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の…
(出典:NEWSポストセブン)


義母と娘のブルース (ぎぼむすからのリダイレクト)
『義母と娘のブルース』(ぎぼむすめのブルース)は、桜沢鈴による日本の漫画作品。『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)にて連載された。血の繋がらない母娘の辿る20年間の軌跡を描く。 2018年7月期にTBSテレビ系で連続ドラマが、2020年1月2日には「2020年謹賀新年スペシャル」が放送された。
41キロバイト (5,406 語) - 2021年10月9日 (土) 21:01


このドラマ好きだったから、とっても嬉しい!楽しみだぁ(*´ω`*)

1 ひかり ★ :2021/11/10(水) 11:15:45.03

 2018年に放送され、全10話平均で14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の平均視聴率を記録した人気ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)のスペシャルが2022年の新春に放送されることがわかった。

 11月上旬、東京・湾岸エリアのオフィスビルに、大きな荷物を抱えた綾瀬はるか(36才)が足早に入っていく。

 綾瀬は現在、木村拓哉(48才)主演の時代劇映画の撮影中と報じられていたが……。

「実は、年明け放送予定の新春スペシャルドラマの撮影も、急ピッチで進んでいるんです。ドラマでは5日間として描かれるシーンを、たった1日で撮影する日もあるようです。ギリギリの超過密スケジュールですが、キャストの顔ぶれを見れば納得です」(ドラマ関係者)

 後を追うようにオフィスビルに入ったのは、共演者の竹野内豊(50才)だった。

「この日は、特に重要なシーンの撮影だったようです。内容を知るスタッフも限られていて、厳戒態勢でした。どうも、竹野内さんと佐藤健さん(32才)に関するシーンだったとか」(前出・ドラマ関係者)

 お正月の放送に向けてこっそりと撮影を続ける、綾瀬、竹野内、そして佐藤――この3人が顔を揃えるドラマといえば、2018年に放送され、2020年に新春スペシャルとして復活した『義母と娘のブルース』だ。同ドラマが、2022年の新春スペシャルドラマで再び帰ってくるというのだ。

 通称『ぎぼむす』は、堅物のキャリアウーマンの岩木亜希子(綾瀬)が、先妻を亡くした宮本良一(竹野内)と結婚し、娘のみゆき(上白石萌歌・21才)の義母として成長していく10年間の日々を描いた物語。2020年に放送された新春スペシャルでは1年後が続編として放送され、今作ではさらにその先が描かれる予定だという。

「今後、綾瀬さんと佐藤さんが共演するシーンの撮影が増えていきます。綾瀬さんは佐藤さんを“たけちゃん”と呼び、佐藤さんは年上の綾瀬さんとタメ口で話すほど仲がいいんです。この“ふたり”の関係性が、『ぎぼむす』人気にもつながっています」(前出・ドラマ関係者)

 佐藤にとって『ぎぼむす』は、これまで出演してきたドラマのなかでも、思い入れの強い作品の1つなのだという。2018年放送の『ぎぼむす』のオファーがあったとき、佐藤はNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』の撮影に入っていた。

「当時、佐藤さんは芝居が混乱するという不安から、掛け持ちはしないと決めていたんです。というのも、佐藤さんが出演していた作品のほとんどは主演だったんです。でも『ぎぼむす』は『半分、青い。』に続き、主演ではないオファーだった。出演作品を増やしたいという考えもあったため、掛け持ちにチャレンジした作品でもあるんです」(芸能関係者)

この経験が、佐藤の演技に幅を持たせた。『ぎぼむす』以後、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(2020年1月、TBS系)では主演の上白石萌音(23才)の恋人役を、広瀬すず(23才)主演の映画『一度*でみた』(2020年3月公開)では、高級クラブのボーイという脇役を演じ、存在感を示した。
 一方、綾瀬にとっても契機となったドラマだ。

「義母ですが、初の母親役でした。演じるにあたって綾瀬さんは、自分のお母さんを参考にしたそうです。母娘関係を振り返ってみて、自分は無償の愛を受けていたことを感じ、それを演技に生かしたそうです。お母さん思いの綾瀬さんが、さらに親への愛情を深めたきっかけになったとか」(前出・芸能関係者)

 名ドラマは役者をも成長させるようだ。

※女性セブン2021年11月25日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0a3da697a61295ecf7c947298782ebc2f7f06dc

(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)


【『ぎぼむす』スペシャルが2022年新春放送!綾瀬はるからの撮影現場をキャッチ】の続きを読む


『真犯人フラグ』 西島秀俊&芳根京子が撮影現場の様子を明かす「笑いの連鎖が起きてしまう」


真犯人フラグ』(しんはんにんフラグ)は、2021年10月10日から日本テレビ系列の「日曜ドラマ」枠で放送予定のテレビドラマ。主演は本作が日テレの連続ドラマ初主演の西島秀俊。 2019年4月 - 9月期に放送された『あなたの番です』の制作陣が再集結して制作され、同様に2クールで放送される。
17キロバイト (1,564 語) - 2021年10月4日 (月) 10:37


ミステリードラマだけど、現場は楽しそうだね(*´ω`*)

【『真犯人フラグ』 西島秀俊&芳根京子が撮影現場の様子を明かす「笑いの連鎖が起きてしまう」】の続きを読む


小室 哲哉(こむろ てつや、1958年〈昭和33年〉11月27日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、キーボーディスト。東京都府中市出身。 SILVER STARS SPEEDWAY TM NETWORK 小室哲哉プロジェクト ハンバーグ&カニクリームコロッケ V2 T.C
194キロバイト (26,985 語) - 2021年9月25日 (土) 11:43


3年前の密談なんて、もういいじゃん(*´ω`*) 復活してほしいなぁ(^_-)-☆

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/30(木) 10:38:10.13

9/30(木) 6:07
女性自身

小室哲哉 TM NETWORK6年ぶり再始動へ!目撃した3年前の深夜密談現場
Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
「3年前の1月に芸能界引退を発表した小室さんが、再び芸能界の表舞台に復帰するそうです。まずはTM NETWORKを6年ぶりに再始動させるとか。近日中に正式発表される予定です」(音楽関係者)

小室哲哉(62)が宇都宮隆(63)や木根尚登(64)とTM NETWORKを結成したのは、83年。84年に『金曜日のライオン』でデビューすると、87年には『GET WILD』でオリコンTOP10入りを果たした。94年には突然の活動休止を宣言したが、97年に再結成。2015年、充電期間に突入するまで第一線で活動してきた。17年4月には新曲『GET WILD SONG MAFIA』を発売するも、小室の電撃引退発表により、活動は事実上休止状態だった。

「小室さんの電撃引退発表会見は、当時の所属事務所も“寝耳に水”状態だったとか。『週刊文春』の不倫疑惑に応えるはずの会見が、突然の引退表明になったのですから。今年2月にKEIKOさんとの離婚も成立し、ご本人としては“禊が済んだ”と思われての再出発なのでしょうが、今回の突然の芸能界完全復帰に戸惑っている人たちもいるといいます」(前出・音楽関係者)

実は本誌は“涙の引退会見”からちょうど1週間後の18年1月26日、小室が浅倉大介(53)と結成したユニット『PANDORA』のライブイベント終了後、都内のマンションで宇都宮と木根と合流した現場を目撃している。

「18年は本来なら“TMN結成35周年”の記念イヤーで、小室さんは復活ライブを計画していました。しかし『週刊文春』で不倫疑惑が報じられ、引退を電撃決断。彼らも小室さんのことがよほど心配だったのでしょう。この日、急きょ集まってくれたようです」(前出・音楽関係者)

時計の針は、午前0時をまわっていた。この日、小室は2人に“悲痛の今”を訴えていたという。

「この日の小室さんは自らの音楽活動に未来を抱けない悲壮な状態で、そんな彼を2人が必死に励ましていました。会談は当初1時間ほどの予定でしたが、気づけば時刻は午前3時になっていました」(前出・音楽関係者)

一足先にマンションから出てきたのは宇都宮。次に、少ししてから木根が帰っていった。その直後、小室が出てくる。そして車に乗り込むと、名残り惜しそうに帰路についた。

「最後は小室さんの悩み相談のようになっていたらしく、音楽活動やプライベートの本音を2人に打ち明けていたといいます。ただ、小室さんは帰るときもまだ話したがっていたそうです。それは、盟友の2人に胸中を率直に打ち明けたことで、彼の中でまだ“音楽への思い”が消えていないことに気づいたからだったのでしょうか…。

小室さんが表舞台から姿を消した後も、2人は小室さんの音楽の才能を信じ、コロナ禍でなかなか直接会えないまでも、電話やメールなどで励まし続けていたそうです」(前出・音楽関係者)

“心機一転”を図った小室にとって、盟友2人と深夜まで語り尽くしたこの日の感謝が、彼の原点であるTM NETWORK再結成となったのかもしれない――。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/46852bf8eea10ba448bfb0375ec98d444f1cbd1a


【『小室哲哉』TM NETWORK6年ぶり再始動へ!目撃した3年前の深夜密談現場wwwwww】の続きを読む


『真木よう子』撮影現場で共演者に驚かれた行為とは?「だって私、綾瀬はるかさんじゃないですよ?」


真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 - )は、日本の女優、歌手。千葉県印西市(現在の名称)出身。そよかぜ所属。レプロエンタテインメントとマネジメント契約。 4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。 1993年、小学生5年生の時に安達祐実主演の『REX
43キロバイト (5,434 語) - 2021年9月23日 (木) 07:06


警察官役の真木さんがカッコよくて好き(*´ω`*)

【『真木よう子』撮影現場で共演者に驚かれた行為とは?「だって私、綾瀬はるかさんじゃないですよ?」】の続きを読む

このページのトップヘ