時代


木村 拓哉(きむら たくや/1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の歌手・俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られる。 本人の知らないうちに親戚が履歴書を送り、1987年11月、ジャニーズ事務所に入所し、光GENJIのバックについていたジャニーズJr
84キロバイト (10,963 語) - 2022年9月1日 (木) 09:38
多忙でも、メンバーが一緒ならできちゃったんだよね(*´ω`*)

1 jinjin ★ :2022/09/04(日) 21:56:17.90ID:CAP_USER9
木村拓哉 SMAP時代の多忙すぎる1日の締めくくり「即出して大阪に向かってました」


俳優・木村拓哉(49)が、4日放送のTOKYO FM「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(日曜前11・30)に出演し、かつての多忙すぎる1日について語った。

この日は「King&Prince」神宮寺勇太(24)高橋海人(23)がゲスト出演。
キンプリが現在ツアー中で、16~19日の4日で7公演行うと知ると、木村は「計算がおかしいよね?」と驚きつつ、「それだけ需要があるってすごいよ」と人気ぶりを称賛した。


自身の公演について聞かれると、「やりました。昔は6公演、1日で」と打ち明け、2人を驚かせた。

SMAPは94年元日に日本武道館で1日6公演をこなしたことがあり、木村はこのことを指しているとみられる。 「9時45分くらいがスタートで、1回目終わって、2回目終わって、3回目終わって、4回目終わって、5回目終わって、6回目終わって、即出して大阪に向かってました」。
コンサートだけではなく、最後に大阪へ即移動というおまけも付いたという。


木村は「お客さんも微妙(な心境)だと思うよ?“朝9時45分にキャーとなっている自分たちってどうなんだろう?”って」と、当時のファンの気持ちをくみ取りつつ、「でも4日間で7公演って大変だな」と2人を激励していた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/99b8df80bf05d55840046a164a003bc7add89626

【『木村拓哉』超多忙だったSMAP時代、1日6公演のあと「即出して大阪に…」】の続きを読む


鈴木 (すずき たく 1975年〈昭和50年〉12月7日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優である。お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ(たまにボケ)担当。相方は塚地武雅。 神奈川県綾瀬市出身。綾瀬市在住。プロダクション人力舎所属。綾瀬市立天台小学校、綾瀬市立北の台中学校、神奈川県立綾瀬西高等学校
35キロバイト (4,797 語) - 2022年8月30日 (火) 06:32
タメだから言いたい放題なのがオモシロい(*´ω`*)

1 湛然 ★ :2022/09/04(日) 05:47:25.60ID:CAP_USER9
ドランクドラゴン鈴木拓が明*、同級生・さかなクンの中学時代「化け物だと思った」
9/3(土) 16:10 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/301adf27c53a54a7e5fb94634c20b20dab2a51ad
公開中「さかなのこ」で映画初共演の鈴木拓とさかなクン(右)【写真:ENCOUNT編集部】

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



のん主演、公開中「さかなのこ」で映画初共演 「ミー坊」「拓くん」の同級生対談

 東京海洋大学客員教授、さかなクンとお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓は神奈川県綾瀬市の中学、高校の同級生だ。さかなクンの自伝を、女優・のん主演で映画化した「さかなのこ」(公開中、沖田修一監督)では、映画初共演。そんな2人が10代の思い出を語り合った。(取材・文=平辻哲也)

 2人は「ミー坊」「拓くん」と呼び合う仲。その交友は学生時代にさかのぼる。中学時代、さかなクンは吹奏楽部、鈴木はサッカー部だった。第一印象はどうだったのか。

 鈴木は「わぁ化け物だ! と思いましたよ」と笑いながら話す。「中1の臨海学校で、女の子たちが騒いでいるんですよ。なんだろうと思って見たら、岩場の上にミー坊が立って、タコの墨を浴びながら、『タコを取った!』って言っているんです。『ほらほら、かわいいよ』」と言うと、さかなクンは「浜に浮いていたハコフグをバスに持ち込んだから、先生に怒られました」と振り返る。

 さかなクンは小さい頃からの魚好き。鈴木は「授業中は先生の話を聞かないで、ずっと魚の絵を書いていましたよ。あの頃、たくさん絵をもらったけど、捨てちゃった。取っておいたら、すごいことになっていましたね。高校のときは同じクラスで前後の席になったこともあって、机の下でゴソゴソやっているなと思ったら、魚の剥製を作っていた」と笑い。さかなクンは「今だから言えるけど、作りたてだったので、整えていたんです!」と平然と答える。

 一方、鈴木の印象について、さかなクンは「スポーツ万能なイメージだったので、自分にないものを持っていて、かっこいいなと思っていました。さわやかでした」と言うと、鈴木は「オレのエピソード、薄くない?」と笑い。さかなクンは「同じクラスのときも違うクラスもあったけど、体操着を借りたりいろいろなことが頼みやすかったんです」と明*。

 映画「さかなのこ」は女優のんが性別を越えて、ミー坊こと“さかなクン”を演じる異色作。さかなクンはお魚好きの“ギョギョおじさん”を演じ、鈴木拓は中学時代の恩師(映画では高校教師の設定)、鈴木先生を演じる。鈴木先生はさかなクンが所属の吹奏楽部の顧問で、拓の担任。その起用はさかなクンたっての希望だった。

「自分が描いたお魚の絵を全部取っておいてくれたのが鈴木先生です。監督さまがいるところで、拓くんに電話したら、すぐに出てくれて快く引き受けてくれました。撮影では、似たようなメガネを用意してくれて、鈴木先生を忠実に再現してくれたことがうれしかった」(さかなクン)。「こんな仕事の決まり方は初めてです。同窓会のお誘いみたいなノリで決まったよね。2人の母校だった中学での撮影で、鈴木先生を演じられるなんて、奇跡のようでした」(鈴木)。

 さかなクンは高校時代にテレビ東京「TVチャンピオン」での企画で有名人になるが、中3のときには、天然記念物カブトガニのふ化に成功し、一躍脚光を浴びた。それを見守ってくれたのが、鈴木先生だった。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【『ドランク・鈴木拓』同級生・さかなクンの中学時代「化け物だと思った」w】の続きを読む


TikTok(ティックトック)、または抖音 (ドウイン、拼音: Dǒuyīn, 英語: Douyin)は、ByteDanceが運営する動画に特化したソーシャルネットワーキングサービス。音符状のロゴは「抖音」の拼音表記「Dǒuyīn」の頭文字「D」に由来する。また、「抖音」とは中国語で振動音、すなわちビブラートを意味する。
47キロバイト (6,080 語) - 2022年7月2日 (土) 12:55
TikTokって、ニュースも配信してるの?(*´ω`*)

1 伝説の田中c ★ :2022/07/16(土) 20:35:37.25ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ「かまいたち」が14日、モデルの貴島明日香(26)のユーチューブチャンネルに出演。若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok」への私見を述べ、今後の動画コンテンツのあり方について語った。

 「かまいたち」は登録者数160万人を超える人気ユーチューブチャンネルを保持しているが、一時期よりも広告収入が下がっていると分析。濱家隆一が「でもユーチューブに代わる動画の市場があるかな?」と問うと、山内健司が「TikTok」を口にした。

 山内は「今、流行が生まれているのはTikTok。チェックしたり、始めないといけないかな~と思うけど一銭にもならんっていう…」と、収入源にならないことを危惧。濱家もTikTokで流行しているダンスについて「あれなんやねん」といい、流行しているが「面白さが理解できない。俺らの脳みそではもう理解できないのよ」と本音を漏らした。

 このトークを聞いていた貴島が「私のスタイリストのアシスタントの女の子は、まだ18歳なんですけど、TikTokでニュースを知るって言ってましたよ」と若者の意見を代弁したが、山内は「なんなんあれ、わからへんのよ。わからへんという気持ちが一番でかい」といい、濱家も「こんなにおっさんになるとは思ってなかった。俺らが理解できないところまでユーチューブもなっていくのでは」と懸念していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a78c7e56b38af32617f560fa55ad8ac29b3f441d



(出典 Youtube)


【『かまいたち』「ニュースはTikTokで知る時代」若者の意見についていけないw】の続きを読む


山之内 すず(やまのうち すず、2001年(平成13年)10月3日 - )は、日本のタレント、女優、ファッションモデル。兵庫県神戸市須磨区出身。INCUBATION(インキュベーション)所属。本名同じ。 2018年4月ごろより関西にてサロンモデルを始め、撮影した写真をInstagramに投稿してい
33キロバイト (4,250 語) - 2022年7月4日 (月) 01:29
すずちゃんの苦労が、ちゃんと実ってるよ(^_-)-☆

1 ネギうどん ★ :2022/07/06(水) 11:47:19.35
17歳で出演した恋愛リアリティー番組でブレイクし、TikTokやInstagramでの人気ぶりから“ティーンのカリスマ”と名高い、タレントでモデルの山之内すずさん。新時代表現プロジェクト「1 PICTURE 1 STORY(以下、ワンピク)」vol.3作品に、インスパイアソング『あの子になりたい』の歌い手として参加し、自身初のデジタルシングルリリースも果たした。

人気ボカロP・音楽プロデューサーの40mPが手がけた同曲と、もとになった原案ストーリー『私たちの友情は永久不滅★』は、ともに“女のコ同士の嫉妬”をテーマに綴られた作品。今回は山之内さんが、“嫉妬の記憶”を明かします。

「寺田てらさんの原案イラストに描かれている4人の女のコのうち、白い髪のコは『何も求めていないのに、いろいろな人に縛られている』状態だそうです。私、学生時代はこの子みたいなタイプでした。『こうしたい』っていう欲が、基本的にないんですよ。

中学高校と学校を休みがちで、たまにフラッと学校に行って帰っていたので、友達もそんなにいませんでした。ぶ厚いメガネに髪の毛も長くてモサっとしていて、いつもオドオドしてるコでしたから、スクールカーストでいえば“圏外”。でも、なぜか“一軍”のコたちに『すずちゃん、カワイイね』って可愛がられていたんです。

ただそれは、私のことを“下”に見ていたからだって、当時から感じていました。だから高校2年になって私のインスタのフォロワーが急に増えたり、芸能界に入ったときに彼女たちの態度がガラッと変わって……。イジメのようなイタズラを受けるようになりました」

学生時代を振り返り、思うこと

2019年1月、ティーンに絶大な人気を誇る恋愛リアリティ番組シリーズ『白雪とオオカミくんには騙されない♥』(ABEMA)に出演し、華々しく芸能界デビューを果たした山之内さん。同番組でブレイクし、いきなり全国区の知名度に。一方で当時、同級生から生配信中にコメント欄で個人情報を暴露されり、学校ですれ違いざまに足を引っ掛けられていた“被害”を、公式YouTubeチャンネル「山之内之家」でも明かしている。

「自分なりに理由を探ってみると、『なんで、あの陰キャがテレビに出てるのよ』とか、『私が好きなメンズモデルと共演しやがって』っていう嫉妬だったみたいで…。なかにはふたりで遊んだことがある子もいて、表面的には仕方ないことなのかもなと受け止めつつも、内心では悲しかったです。

でも女のコ同士の関係ってすごく複雑で、イヤでもその場にいなきゃいけないツラさがあったり、我慢をしなきゃいけないことが多いものですよね。だから、そうしてイタズラを受けることで学んだことも多かったと思います。自分に合う人を見極める力が身についたし、マイナスな環境から離れる勇気も持つこともできた。いい意味で、自分を強くしてくれたんじゃないかなと今では思っています」

芸能界入りする前も今も、山之内さんが親交を温めるのは“見極めた”友人たちだ。

「基本、私は受け身なんですけど、昔から直感で『好き! この子と仲良くなれるな』と感じた相手とは、なぜか自分から動いてすぐに仲良くなれるんです。

たとえば、今でもしょっちゅう電話していて、私のYouTubeにも声で出演してくれた親友には、中学校の入学式に日に“ひと目惚れ”をして私から話しかけました。何年たっても、私が仕事で上京しても、どれだけ環境が変わっても、ずっと変わらないでいてくれる親友のひとりです」

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/22ff7e074341304fa82c54ad912a053ec5b4c50d

【『山之内すず』「スクールカースト圏外だった」嫉妬に苦しんだ“修行時代”】の続きを読む


山之内 すず(やまのうち すず、2001年(平成13年)10月3日 - )は、日本のタレント、女優、ファッションモデル。兵庫県神戸市須磨区出身。INCUBATION(インキュベーション)所属。本名同じ。 2018年4月ごろより関西にてサロンモデルを始め、撮影した写真をInstagramに投稿してい
33キロバイト (4,250 語) - 2022年6月27日 (月) 10:02
話せるようになって、乗り越えたんだね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/06/30(木) 22:30:58.54
6/30(木) 16:04配信

 タレントの山之内すず(20)が30日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズで、ファンからの質問に答え、高校時代に不登校の時期があったことを告白した。

 山之内は「すずちゃんは学校嫌だなとか思ったことありますか」との質問に「高校は毎日本当に嫌だった」と答え、「1年生の最後の方は保健室登校の日が多かったし特に2年生はほぼ行ってなかった」と明かした。

 この回答に「学校行かなくても女優なれるん」と声が寄せられると、山之内は「17歳でひとりで上京して 東京の通信制の高校入り直して ちゃんと卒業はしたよ 学生時代色々あって中々学校にいけない時期があって、もっとちゃんと行ってたらよかったなあと思うけど あの時の自分を守る方法はそれが最善だったから間違ってなかったと思ってる」とつづった。

 さらに「通信制高校行ったら人生終わりますか?」と聞かれると「私は終わってない あのまま地元にずっと居たら 今この世界に私はいなかったと思うから むしろ新しい人生がはじまったよ」と力強く否定。「どうとでもできる、意外と。 どうにもなんないと思っていたけど 今1番*ない選択肢を選び続けて 今はすごく幸せに生きていけてる いつだってやり直せるし はじめられる」と、前向きな言葉でエールを送った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/780c07fbba0744c8d2e924532fd37429ca21c665

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/08/jpeg/20220508s00041000289000p_view.webp

【『山之内すず』不登校だった高校時代「あの時の自分を守る方法はそれが最善だった」】の続きを読む

このページのトップヘ