描く


『BLEACH千年血戦篇』10年ぶりテレビアニメ “最後”まで描く


image layout frameless
BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2001年36・37合併号から2016年38号まで連載された。 家族を護るために悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神代行になった高校生・黒崎一護とその仲間達の活躍を描く。主な舞台となるのは東京にある架空の町・…
186キロバイト (28,275 語) - 2022年10月10日 (月) 17:42


感動のアニメだね(*´ω`*)

【『BLEACH千年血戦篇』10年ぶりテレビアニメ “最後”まで描く】の続きを読む


吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優に…
53キロバイト (6,753 語) - 2022年9月30日 (金) 12:35
来年の大河も面白そうだね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/10/10(月) 15:40:28.76ID:CAP_USER9
10/10(月) 11:01配信

デイリー新潮

 再来年の2024年に放送されるNHK大河ドラマは平安時代の作家で歌人の紫式部の生涯を描く「光る君へ」。吉高由里子(33)が主演する。「合戦シーンがなくて済み、カネがかからないから決まった」と見る向きもあるが、本当なのか。また、どうして紫式部なのか。

【写真5枚】吉高由里子の起用も“順当”である

 ***

 2024年の大河が紫式部が主人公の「光る君へ」になった理由について、「合戦シーンがなく、制作費が節約できるから」と見る向きもある。だが、NHKのクリエイターセンター(旧制作局)関係者が言下に否定した。

 大河ドラマの制作費は合戦シーンの有無で変わるほど単純なものではないのだ。

 2020年度から今年度の大河の制作費はNHKの公開資料「収支予算と事業計画」で分かる。それを閲覧すると、合戦シーンが厚かった「麒麟がくる」(2020年)と薄かった「青天を衝け」(2021年)の1話当たりの制作費は同じ。再び合戦シーンが厚くなった「鎌倉殿の13人」も一緒。みんな1話当たり7900万円なのである。

「収支予算と事業計画」には具体的な番組名は記されていない。ドラマの制作費が1話当たり1350万円から7900万円と記載されているのみ。だがドラマの中で一番制作費が高いのは大河というのは周知の事実なので、おのずと大河のお値段が分かるのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6621a5ece4439ef039bfb195133ef12b0d6c92bb


(出典 www.dailyshincho.com)

【『吉高由里子』24年大河「光る君へ」 紫式部役で“愛の物語”描く】の続きを読む


『金魚妻』30代岩田剛典の新境地!禁断の恋描く「金魚妻」新場面写真公開


30代岩田剛典の新境地!禁断の恋描く「金魚妻」新場面写真公開
…語。タイトルの金魚妻のほか、外注妻、弁当妻、伴走妻、頭痛妻、改装妻とさまざまな悩み、秘密を抱える妻が登場する。岩田が演じるのは、金魚妻ことさくら(篠原…
(出典:シネマトゥデイ)


黒澤R (金魚妻からのリダイレクト)
黒澤R(くろさわ アール)は日本の漫画家。女性。代表作に『あなたの奥さんもらいます』『復讐の未亡人』『金魚妻』。 えりちん、羽海野チカなどのアシスタントをしながら『ヤングアニマル』(白泉社)で読切作品を発表。2009年より、同誌にてケラリーノ・サンドロヴィッチが監督・脚本を務めた同名映画の漫画化で
3キロバイト (427 語) - 2022年1月11日 (火) 20:47


篠原涼子さんと共演らしいよ(*´ω`*) 楽しみだね(^_-)-☆

【『金魚妻』30代岩田剛典の新境地!禁断の恋描く「金魚妻」新場面写真公開】の続きを読む


『カムカムエヴリバディ』朝ドラがこんなにも哀しい出来事を描く理由


送法第4条(政治的公平の原則)に抵触するため取り消され、再オーディションの結果、渡辺梓が選ばれた。 『青春家族』『京、ふたり』は母娘の、『おんなは度胸』は義母娘の、『ふたりっ子』『だんだん』は双子のダブルヒロイン。 『カムカムエヴリバディ』は祖母・母・娘の3世代ヒロイン。
158キロバイト (18,560 語) - 2021年11月25日 (木) 05:22


終戦のあとの悲劇が辛いわ~(*´Д`)

【『カムカムエヴリバディ』朝ドラがこんなにも哀しい出来事を描く理由】の続きを読む

このページのトップヘ