批判の


キンタロー。(1981年〈昭和56年〉10月24日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント。本名(旧姓)、田中 志保(たなか しほ)。 愛知県岡崎市出身。松竹芸能株式会社所属。利き手は左だが筆記は右利き。二児の母。 キャッチフレーズは「良い子、強い子、可愛い子」。…
42キロバイト (5,259 語) - 2023年2月25日 (土) 17:14
「キンタロー。さんの母・久美子さんのモノマネは、思わず笑ってしまうほどリアルですね。ただ、一般人の誇張モノマネには違和感を感じます。もう少し配慮してほしいです。」

1 ネギうどん ★ :2023/03/16(木) 09:57:20.97ID:kVtSqTgJ9
 WBC(ワールドベースボールクラシック)野球日本代表チーム「侍ジャパン」不動の1番打者として、1次ラウンドでは大谷翔平選手にも劣らぬ活躍を見せたラーズ・ヌートバー選手。

 メジャー仕込みの全力プレーと明るいキャラクターで一躍、世間の人気ものとなったヌートバー選手だが、早くも有名人としての“洗礼”を受けてしまったようだ。

《自宅で ヌートバーの母 久美子さんのものまねを自主的に研究している様子です。

 ノリノリのミニキンには若き日のヌートバー選手役をやってもらいました。》

 3月13日に自身のブログに綴ったのはモノマネ芸人のキンタロー。そこには肌を浅黒く塗り、ボブヘアにやや大きめのメガネを着用し、そして白いトレーナーの胸部分にお手製の日の丸シールをつけたキンタロー。と、次女の姿が。

 どうやらヌートバー選手の母・久美子さんのモノマネ練習中の風景のようで、大きく口を開いて次女に笑いかける、またカメラ目線のどアップを披露する画像が投稿されていた。

「東京ドームで行われた日本代表戦を観戦し、テレビ中継ではヌートバー選手の活躍を喜ぶ、満面の笑みの久美子さんがたびたびカメラに抜かれていました。オーロラビジョンにも大映しされては“ペッパーミルパフォーマンス”を披露するなど、すっかりスタンドでもお馴染みの光景となっていますね。

 確かにサービス精神も旺盛で、大会前にもメディア取材を受けたりと露出も多いように見えた久美子さん。ですが、彼女はあくまでも選手の母親で、一般人だけにモノマネのネタにされるのはどうなのか……」

一般人の誇張モノマネは不快

 スポーツ紙・野球担当記者が心配したように、キンタロー。のブログが『デイリースポーツ』Web版で報じられると、Yahoo!ニュースのコメント欄には、

《旬な人を取り上げて話題にしたいのは分かるが、ヌートバーのお母さんに何のメリットがあるのだろうか。一般人の方はよくないでしょ。》

《ヌートバー選手のお母さんがメディアに出てるのは、こういうイジリをされるためではないと思います。悪意があるかないかは別として、誇張されがちなモノマネを特定の一般人にするのは不快です。》

 “一般人”である彼女をネタにし、さも芸能人を真似るように大袈裟に誇張したビジュアルを披露したことへの批判が多く見受けられる。さらにーー、

続きはソースで
https://www.jprime.jp/articles/-/27222?display=b


(出典 i.imgur.com)

【『キンタロー。』ヌートバー久美子さんモノマネに批判の声が相次ぐ】の続きを読む


丸山 (まるやま れい、1997年(平成9年)4月1日 - )は、日本のものまねタレント、お笑いタレント、YouTuber。ワタナベエンターテインメント所属。 北海道北見市出身。北見藤女子高等学校卒業。身長158cm。Gカップ。血液型AB型。 5歳上の兄が居る。小学6年生の時に両親が離婚し、兄と共
19キロバイト (2,246 語) - 2022年6月14日 (火) 04:18
丸山ちゃん、ちょっと調子に乗りすぎちゃったんじゃない?(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/07/07(木) 21:15:59.56
芸能ニュース 2022年07月06日 21時00分

 7月5日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演した、ものまねタレントでYouTuberの丸山礼の発言が物議を醸している。

 この日の『さんま御殿』は3時間スペシャル。後半には「浴衣女が火花バチバチ&激アツ家族集合SP」と題し、NMB48・渋谷凪咲、鷲見玲奈、浅田美代子らが夏らしく浴衣姿で出演。普段抱えている「男性への不満」を明かした。

 物議を醸したのは、「愚かだなと思う男の言動」というトークテーマで丸山から飛び出た、見かけたら思わず笑ってしまうという男性の仕草だった。

 ​>>好きな人に午前4時100回電話、「本当やばい」「怖い」丸山礼の恋愛エピソードにドン引きの声 小杉も「陽気なストーカー」指摘

【『丸山礼』「さんま御殿」での ❝一般ピーポー❞発言に批判の声「芸能人がそんなに偉いの?」】の続きを読む


小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう、1978年〈昭和53年〉7月10日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者。神奈川県横須賀市出身。イザワオフィス所属。 父は第87代・88代・89代内閣総理大臣の小泉純一郎。弟は政治家、第27代環境大臣の小泉進次郎。弟嫁(進次郎の妻)はフリーアナウンサーの滝川クリステル。
44キロバイト (5,560 語) - 2022年6月26日 (日) 08:35
今の時代、持論の展開には気を使わないとね(*´ω`*)政治家みたいになっちゃう…(*´Д`)

1 jinjin ★ :2022/06/30(木) 09:02:00.20
“一人っ子は我慢が足りない”小泉孝太郎の持論に呆れ「弟から学ばなかった?」


6月27日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)に、曜日パーソナリティの俳優・小泉孝太郎が出演。 〝一人っ子〟のイメージに対して持論を展開したが、ネット上で批判の嵐が起こっている。


この日の「あなたはどっち派? もやもやチャット」のコーナーでは、「血液型でキャラを決めつけ 気になる? 気にならない?」というテーマでトークを展開していった。

血液型以外にも「見た目」や「出身地」、「家族構成」、「世代」などで決めつけられたことがあるといった、ネガティブな例を紹介。
これに、タレントの佐藤仁美は「わかる。私は家族構成絶対聞いちゃう」と同意した。


そして小泉は、「一人っ子って愛情を全部一人に注がれてきたわけですよね? 自分の学生時代とかを思い出すと、我慢が足りない子が多かったんですよね」と指摘。
これに一人っ子の俳優・工藤美桜は苦笑いした。


小泉孝太郎の発言に「蛙の子は蛙」

一方的に「一人っ子」に対してのイメージを押し付けた小泉に対し、ネット上では

《その前にポエム大臣どうにかして》
《一人っ子だけど、自分でなんでもやってたわ》
《弟から「沈黙は金なり」と学ばなかったのかな?》
《いや、特権階級で育てられた方がよっぽどでしょう…》
《結構難しくて頑固なんだね。我慢が足りないって昭和脳っぽい》
《なかなか空気も世相も読めないタイプだったのね》
《蛙の子は蛙 父親もこの人も弟も血が濃いな》

などの声が上がっている。


「孝太郎と3歳違いの弟・進次郎氏は、レジ袋の有料化などで散々批判を浴びてきました。さらに、環境問題について唐突に『水と油を混ぜればドレッシングになる』など意味不明な発言を繰り出し、〝ポエム大臣〟と揶揄されています。それに加え、ここ最近世間に注目されているのは、妻・滝川クリステルとの〝浮世離れした行動〟ばかり。滝川は美容院の床に愛犬と息子が寝転んだ写真をアップし、炎上させるなどの行動が問題になっています。一人っ子をここまでバッサリ切り捨てるのは、少し無理があったようです」(芸能記者)

小泉の発言を聞いて、父の小泉純一郎元首相はなにを思っているのだろうか…。


https://myjitsu.jp/archives/362482

【『小泉孝太郎』“一人っ子は我慢が足りない”の持論にネット上で批判の嵐「弟から学ばなかった?」】の続きを読む


村上 信五(むらかみ しんご、1982年〈昭和57年〉1月26日 - )は、日本の歌手、キーボーディスト、司会者、タレント。関ジャニ∞のメンバーであり、主にキーボード、ピアノを担当している。 大阪府高槻市出身。ジャニーズ事務所所属。 中学2年生の時クラスメイトにV6のファンがおり、「オーディション
74キロバイト (9,051 語) - 2021年8月12日 (木) 09:49


信五ちゃん、一生懸命だから好きだよ(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/18(水) 07:58:58.70

8/18(水) 6:03
SmartFLASH

明石家さんま、村上信五に「五輪の不人気キャスター」の烙印…アンケートでは批判の声殺到
日テレでの “キャプテン” という呼称に疑問の声が多く上がった明石家さんま。「さすがに老けた」という声も
 コロナ禍による緊急事態宣言中に開催となった東京五輪が8月8日、閉会式を迎えた。五輪中継番組は日本勢のメダルラッシュで高視聴率を稼いだわけだが、出演するアナウンサーやタレントの仕事ぶりにも注目が集まった。

 今回、五輪開催期間中に大手広告代理店が実施したネットアンケート「五輪中継で好評or不評だったアナウンサー、キャスター、解説者」の資料を入手。男女計1800人の回答結果から、大会の功労者ランキングを独自に作成した。

 局アナとともに番組を進行した各局キャスター、そして解説者の人気を見てみよう。1位を獲得したのはNHKでスペシャルナビゲーターを務めた櫻井翔。

「アスリートを優先して出しゃばりすぎず、自身の存在を光らせる絶妙な立ち位置がわかっている。ふだんから自ら現場に行き、取材慣れしています。嵐ファンで知られる柔道金メダルの阿部詩選手や、競泳金メダルの大橋悠依選手とのやりとりなど、櫻井さんならではの演出もありました」(情報番組制作スタッフ)

 2位には「他競技を語るときも謙虚さがにじみ出ている」という、4つの金メダルを獲得した北島康介、3位には五輪3回出場&9大会連続キャスター就任の松岡修造が入った。

 好評な解説者で1位を獲得したのは女子ソフト界の伝説、宇津木妙子。

「決勝でも冷静な口調ながら、試合後に選手から手を振られると『いいぞ! よく頑張った~!』と絶叫するなど、じつに印象的でした」(スポーツ紙記者)

 2位はスケートボードの “ゴン攻め” 解説で、一躍人気者になった瀬尻稜がランクイン。アンケートでも「今大会の隠れたMVPだと思う」など、注目度の高さが光る。

 一方の「不評」ランキングでは、日テレで五輪中継キャプテンを務めた明石家さんまに批判が殺到。

「まったく話が噛み合っていない」「自分の話ばかりしている」など総スカン。
「『女性自身』がおこなったアンケートでも下手なキャスターNo.1に選ばれたが、本人はどう思っているか気になります」(週刊誌記者)

 フジテレビの番組ナビゲーター・関ジャニ∞の村上信五も不評だ。「メダリストへのインタビューが薄っぺらい」と、辛辣な声が集まった。
「取材にあまり行っておらず勉強不足で、選手との会話が成立しない」(スポーツ紙記者)

 また、不倫疑惑からの離婚ホヤホヤなのにシレッと卓球の解説に登場した福原愛には「さすがに出るの早すぎない?」と、視聴者もドン引きの様子。

 評価が上がった人、下がった人。次の五輪でも、新たな “スター誕生” に期待したい。

(週刊FLASH 2021年8月31日号)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee69dff5c1590d6a320b3386e05328730ee8fc7c


【『明石家さんま』村上信五に「五輪の不人気キャスター」の烙印…アンケートでは批判の声】の続きを読む

このページのトップヘ