怒り


^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b 「ロッテが佐々木朗希と契約合意…
93キロバイト (12,274 語) - 2024年4月30日 (火) 14:32

(出典 img.news.goo.ne.jp)


熱い気持ちが伝わってきますね。彼の成長を楽しみにしているファンが多いと思います。

1 冬月記者 ★ :2024/05/11(土) 18:32:34.55 ID:NMQQYBQJ9
https://news.yahoo.co.jp/articles/16fc05da5aa0a59b764338564bd3de0e4479daea

佐々木朗希、怒り噴出! 降板後にベンチ内で何かを蹴飛ばすしぐさ 5イニング2/3を5失点KO

 ◇10日 日本ハム―ロッテ(エスコンフィールド北海道)

 ふがいない自分への怒りが噴き出した。6回途中、降板を告げられたロッテの先発・佐々木朗希投手(22)がベンチ内で何かを蹴飛ばすようなしぐさを見せ、珍しく感情をあらわにした。

 自己最多を大きく上回る123球の熱投をみせたが、2点のリードを守れず。後を受けた2番手の岩下大輝投手(27)も打たれたため、佐々木は5イニング2/3を5失点でのKOとなった。

 本調子とは程遠い投球だった。2回に日本ハムの4番・マルティネスに甘い156キロを打たれ先制ソロを浴びた。打線が3回1死一、二塁からのソトが放った2ランで逆転してくれた直後の4回は1死一、三塁、5回は1死一、二塁と、毎回ピンチを背負った。

 スライダー、フォークを多投して何とか最少失点で踏ん張ったが、球数が100球を優に超えた6回に崩れた。

 1死から連打を浴び、2死二、三塁から2番・松本剛には低めのフォークを右前に落とされた。痛恨の同点2点適時打。続く郡司にも安打を許して、吉井理人監督(59)は交代を命じた。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1715346894/

【『佐々木朗希』降板後にベンチ内で何かを蹴飛ばすしぐさ、怒り噴出か!】の続きを読む


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城 ガクト(おおしろ がくと)。旧芸名はGackt(読み同じ)、別名義は神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本の個人マネジメント事務所は合同会社VEN…
88キロバイト (8,229 語) - 2024年4月22日 (月) 01:17

(出典 matomedane.jp)


GACKTさんの気持ちもわからなくはないけど、地名由来の可能性もあるのでは?納得いかないというなら、オーナーと話し合って解決すればいいのに。

1 冬月記者 ★ :2024/04/21(日) 23:10:44.19 ID:2C3u3w0T9
https://news.yahoo.co.jp/articles/213e1cf86b3f202bc790b8c34a6c2732b6094975


(出典 i.imgur.com)


GACKT アパート名に名前を使用され怒り「勘弁してくれ」オーナーに苦言 「ファンなのかな」の声


 歌手GACKT(50)が20日、自身のX(旧ツイッター)を更新。アパートのオーナーに苦言を呈したことを報告した。

 GACKTは「La・Maison Gackt」「ラ・メゾン ガクト」とフランス語とカタカナで書かれたアパート名の写真を掲載。

 「アパートの名前にボクの名前が勝手に使われてたから、『さすがにこんな風に名前使うのは勘弁してくれ』とオーナーに伝えた」と投稿した。

 オーナーに物申したものの、名前の無断使用に怒りは収まらず、「いきなり商品名にボクの名前が入ってたりするのも過去に何回もあったが、どんな気持ちでやってんだろ。勘弁してくれ」と続けた。

 フォロワーからは「ひどいですね」「これはアカン」「オーナーさんの真意が知りたい」「ファンなのかな」などの声とともに、地名由来では?と指摘する投稿もあった。

【『GACKT』アパート名に名前を使用され怒り「勘弁してくれ」オーナーに苦言…】の続きを読む


移りNSCに入学し、8期生となる。NSC入学後、当時引きこもりだった弟の千原浩史(千原ジュニア)を誘い、お笑いコンビ・千原兄弟を結成。 2002年入籍。その妻はせいじのファンで結婚した。長男がいる。 2007年、芸名を千原せいじに正式に改名した。 デリカシーがないが、その反面社交的で、人間とも動物とも打ち解けるという。…
26キロバイト (3,555 語) - 2023年4月1日 (土) 18:07
「コーンロウはただの髪型です。それを理由に卒業式で隔離するなんて、馬鹿げています。千原せいじさんのような芸能人が声を上げて、こうした問題に光を当てることが重要ですね。」

1 フォーエバー ★ :2023/03/30(木) 17:49:22.96ID:4c09kLHD9
3/30(木) 11:30配信

スポニチアネックス

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじ(53)が、30日までに自身のインスタグラムを更新。髪形を理由に卒業式から隔離された男子高校生の報道について、私見を記した。

【写真】人気タレントもかつてしていたコーンロウ

 米国人の父を持つ兵庫県姫路市の男子高校生は、自身のルーツとなる「コーンロウ」の髪形で卒業式に出席。学校側はこれを「校則違反だ」として卒業式に出席させず、隔離していたことが一部で報じられ、ネット上で大きな話題となっていた。

 作家の乙武洋匡氏は、自身のツイッターに「異文化の伝統に敬意を払うことなく、問答無用に排除する。そんな教育を受けて社会に巣立っていく子どもたちが不憫でなりません」と投稿。この画像を引用し、せいじは「もういやや。アホな教師撲滅しましょう」とチクリ。「これただの差別やで。そんなん気付かへんのん教師としてやばいで。#バカ教師」と指摘した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ecae0a3cc98a4a47f6b3b367f6cf6b95c2b17914

【『千原せいじ』コーンロウ生徒の卒業式隔離問題に怒り】の続きを読む


谷崎 鷹人(たにさき たかひと、1992年11月25日 - )は、日本のフードファイター、YouTuber、タレント。株式会社キューブエンターテイメント所属。長崎県壱岐市生まれ、福岡県育ち。血液型はO型。愛称は「谷やん」「谷谷ぴっちゃん」 長崎県壱岐市生まれ。生後まもなく福岡県に家族で移り住み、以…
3キロバイト (353 語) - 2022年9月16日 (金) 12:58

1 muffin ★ :2023/01/07(土) 16:53:39.79ID:7Zb1N5PC9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/07/kiji/20230107s00041000272000c.html
2023年1月7日 15:20

大食いタレントでユーチューバーの谷崎鷹人(30)が7日、自身のツイッターを更新。宅配便の愚痴をつづった。

谷崎は「Amazonで頼んでいた置き配指定の商品が予定通りに届いたのは凄くありがたい ただ、『宅配ボックスに空きがなかったのでガスメーターに入れました。』っていう意味不明なSMSが届く」とツイート。「家の外を10分探してようやく見つけたけど同階の共用部のわしの鍵付トランクルームの中」と、配達物を勝手に入れられていたという。

谷崎は「鍵をかけ忘れていた自分も悪いけど鍵穴のある扉を勝手に開けないで 貴重品も入ってるの」と訴え「せめて電話の1本でも入れてほしかった。インターホンも鳴ってないし と言うか、もしガスメーターの中に配達されてたとして勝手にメーターボックス開けないで この感覚ってわしが間違ってるのか?」とコメントした。

この投稿には「間違ってないと思います!!」「コレはクレーム出して良いと思います…!」「配達って予想できないこと多くて困りますよね」「自分もそんなことされたら嫌」「これはお客様センターに電話で間違いないと思う…」と共感の声が寄せられている。


(出典 www.sponichi.co.jp)

【『谷崎鷹人』勝手にガスメーター開ける無神経な宅配便に怒りw】の続きを読む


木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル、YouTuber。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。後述の騒動により、2020年7月6日をもって芸能界を引退した。
31キロバイト (4,097 語) - 2022年7月16日 (土) 07:24
ちょっとしたすれ違いだけだと思うけど、冷静になってほしいなぁ(*´ω`*)

1 冬月記者 ★ :2022/07/17(日) 00:31:18.38ID:CAP_USER9
 元タレントの木下優樹菜さんが7月15日にYouTubeを配信。お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんがYouTubeの生配信で語ったことが不本意だと主張しています。

 田村さんは7月14日の生配信で、新しく始めた企画「セカンドチャンス」について言及。覚醒剤取締法違反で執行猶予付きの判決が下った俳優の高知東生さんや、窃盗に手を染めて実刑判決を受けた元「EE JUMP」後藤祐樹さんとの対談を収録した同コーナーの先行きを語りつつ、「最初出るって言ってたのに、なんかメンバー見て『出ない』って言ってきたので、ちょっとイヤだなって思ってます」「なので、僕はもう木下優樹菜さんとは話しません。向こうも話したくはないでしょうけど」と企画を巡るいざこざで一種の“絶縁状態”に陥っていることを明かしていました。

 木下さんは7月15日のYouTube動画で開口一番、「ちょっと今日は久しぶりに怒ってる」「えっ、なんでそんな言い方するの?」と田村さんの配信内容に不快そうな様子でコメントし、スタッフの手助けも得ながら事の詳細を説明。

 2021年末にオファーをもらった際には、「誕生日一緒だし、よかったらたき火の下で話しませんか?」というあくまで軽めの話だったものの、企画はスタッフを介したやりとりの中で二転三転。提案された内容が“ドロップアウト系の人との対談”から“セカンドチャンス系の番組”へと移り変わった2022年5月のタイミングで、収録済みの動画内容と出演者情報を確認させてもらい、最終的にオファーを断ったとのことです。

 タピオカ店経営者とのトラブルが裁判ざたへと発展し、2021年10月に40万円の支払いを命じる判決を受けた木下さん。当時の誤った行動を「すごく反省している」としつつ、「私は芸能界を引退してある意味“第2章”ですけど、刑務所に入るようなことしてない」「(高知さんたちとは)違う“セカンドキャリア”だから、私は(先方の考えている番組)コンセプトにまず普通に合わない」「自分がこれから地道にやっていくことに対して、このコンセプトは結構ハードル高い」と、田村さん側が番組で求めているものと自身が考える今後のキャリアにそごが生じてしまっていると訴えました。

 スタッフも交えて検討を尽くした結果、「出たかったけどしょうがないよね……」と苦渋の決断をしただけに、田村さんが全事情を一言二言で片付けたことに我慢ならなかったとみえ、「事の経緯がちゃんとあるのに、生配信で言うことじゃないんじゃないですか? というすごく残念な気持ちになりました」とやりきれない表情を浮かべて語っていました。
ねとらぼ

https://news.yahoo.co.jp/articles/8425bd6ff8394601be18dec6ac08bce898df7c6e

(出典 image.itmedia.co.jp)


前スレ
【芸能】木下優樹菜、田村淳の生配信に怒り心頭 オファー断った番組巡っての食い違いに「なんでそんな言い方するの?」 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1657886330/

【『木下優樹菜』オファー断った番組巡って田村淳の生配信に怒り心頭「なんでそんな言い方するの?」】の続きを読む

このページのトップヘ