宣言


清水圭・和泉修(略称:・修)」を結成。同年7月には、新人の登竜門である今宮子供えびすマンザイ新人コンクールで優勝するなど、関西で多数のレギュラーを抱える人気コンビとなる。 1987年8月 - 1988年4月までニッポン放送のラジオ番組、「
14キロバイト (1,520 語) - 2022年5月13日 (金) 06:51
ご夫婦仲良くていいですね(*´ω`*) お元気で・・(^_-)-☆

1 ひかり ★ :2022/05/13(金) 17:13:46.51

『奇跡体験!アンビリバボー』や『森田一義アワー 笑っていいとも!』(ともにフジテレビ系)など、人気番組に出演していたタレントの清水圭(60)。

 和泉修(59)と漫才コンビ「清水圭・和泉修」を結成すると、関西で絶大な人気を誇るコンビとして活躍。

 関西圏で『素敵!KEI-SHU5』(関西テレビ)といったコンビの冠番組を持つなか、清水は1993年ごろから東京に進出。ピン芸人としても活躍した。

 近年はテレビ番組への出演が少なくなっていたが、その清水が2022年4月28日にブログを更新した。

「すでに削除されたブログ記事で清水さんは《モチベーションがなくなったという 誠に個人的で勝手な理由です》と記し、事実上の芸能界引退を明言していました。

 そして、30年以上所属していた吉本興業のホームページからも清水さんのプロフィールはひっそりと削除されました。しかし、まだその事実は業界内でも広く知られていないようです」(芸能記者)

《ここからは本名の「しみずけいた」くんとして フツーのおっさんから、やがてフツーのおじいさんになるべく 地味に静かに、人生を過ごして行こうと決めました》

 削除されたブログ記事にこう綴っていた清水。

 5月9日には「ごきげんよう」と題したブログを更新し、

《たくさんコメントいただきました みんなホンマにありがとねー みなさんのシアワセを不整脈な心から祈っております(笑)それでは ごきげんよう!》
《尚、数日でこのブログは閉鎖いたします》

 とも綴った。

「彼のゴルフ雑誌『EVEN』の連載は終了など発表されておらず、自身がオーナーを務める東京都内のカフェやアパレルショップなども引き続き営業するようです。

 最近も大阪府内に新店舗をオープンさせるなど、ビジネスは軌道に乗っているようです。

 自身の好きなことに重点を置き、テレビ出演など表舞台の活動からは身を引くということでしょう」(前出・芸能記者)

 所属事務所の吉本興業に問い合わせると、「個別の契約についてはお答えしておりません」との回答。清水の芸能界引退や事務所の退社については否定しなかった。

 2021年に60歳を迎え、清水は第2の人生を歩みだしたようだ。

FLASH

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a45722f168005439d4d9a5022d207f04f449328
2013年に本誌のインタビューで「ディスカバリーチャンネル」の魅力について語っていた清水圭

(出典 data.smart-flash.jp)


前スレ
【芸能】清水圭、芸能界引退を宣言 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652424670/


【『清水圭』ブログで “芸能界引退”宣言…吉本興業も否定せず】の続きを読む


梅宮 アンナ(うめみや アンナ、1972年8月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレントである。 若葉会幼稚園、川村小学校、川村中学校を経て、東横学園大倉山高等学校卒業、文化学院専門学校中退。 父親は俳優の梅宮辰夫、母親はアメリカ合衆国出身の元モデル・梅宮クラウディアで本人はハーフ。
19キロバイト (2,643 語) - 2022年3月21日 (月) 11:05
アンナちゃん、お父さんみたいな彼氏に出会えるといいね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/04/18(月) 17:40:28.68

東京都心のマンションから現れたのは梅宮アンナ(49)だった。

本誌がアンナを目撃したのは3月下旬の昼食どき。そして彼女の隣には、黒いコートにキャップをかぶった男性が。年齢はアンナと同世代ぐらいだろうか。

【写真あり】イケメン男性と2人で自宅マンションへ向かうアンナ

2人はランチを楽しんだようで、1時間ほどするとまた連れだってマンションに入っていった。

取材を進めると、男性がこのマンションの住人であることがわかった。さらに別の住人によれば、「梅宮アンナさんも最近引っ越してきたようです」。

アンナはかつて華やかな恋愛の話題を振りまいていた。

「ただ、羽賀研二など“だめんず好き”だったイメージです。アンナ本人も自覚はあったようで、テレビ番組では“ダメ男専門家”としてコメントしていたこともあります」(芸能関係者)

本誌が目撃した男性は、同じマンションに住んでおり、ランチデートを楽しむ相手ではあるものの、真面目そうな雰囲気で、いわゆる“ダメ男風”ではない。

アンナの好みも変わったということなのだろうか。後日、直撃したところ意外な答えが……。

ーーご自宅のマンションを男性といっしょに出入りされている様子を目撃しています。デートも楽しまれていたようですが、新恋人ということでしょうか?

「えっ、誰だろう?」

突然の取材にもかかわらず驚いた様子も見せず、足を止め、記者が持参したツーショット写真を確認するアンナ。

「ああ、Tくんですね。以前は化粧品会社に勤めていて、CMなどでお世話になったことがあったんです。私、このマンションに引っ越してきたばかりなんですけれど、同じフロアに住んでいるんです。

この日は、いっしょにランチをしようと誘ってもらって、近所のお店を教えてもらいました」

ーー交際しているわけではないということでしょうか?

「私は、もう彼氏とかを作ることは一生ないと思います」

まさかの“恋愛卒業宣言”だった。さらにアンナは近くでやりとりを見守っていた母・クラウディアさんを指さすとこう続けた。

「ただこの人は、結婚しろ結婚しろって言うんですよね」

そんな娘の言葉に、「そうなのよねぇ」と、深くうなずき、少しため息をつくクラウディアさん。母として娘の今後を心配しているのか。

だが、身近に自分のことをわがことのように気遣ってくれる肉親がいれば、確かにアンナも寂しさを感じることはないだろう。

4/18(月) 16:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ada97c4808bc33c22e16ff233b09c86e5870488


【『梅宮アンナ』イケメン男性とランチデートも恋愛卒業宣言「もう彼氏は一生作らない」】の続きを読む


『川栄李奈』「あさイチ」出演で、五十嵐とデイジーの結婚宣言「川栄的には許せない」


川栄 李奈(かわえい りな、1995年〈平成7年〉2月12日 - )は、日本の女優。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。愛称は、りっちゃん。神奈川県出身。エイベックス・マネジメント所属。夫は俳優の廣瀬智紀。 2010年 7月24日、AKB48第11期研究生オーディションに合格。 9月30日、セレクション審査に合格。
87キロバイト (12,040 語) - 2022年4月1日 (金) 01:51


ひなたちゃん、英語がすごく上達したね(^_-)-☆

【『川栄李奈』「あさイチ」出演で、五十嵐とデイジーの結婚宣言「川栄的には許せない」】の続きを読む


伊達 みきお(だて みきお、1974年〈昭和49年〉9月5日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビサンドウィッチマンのツッコミ担当。相方は富澤たけし。本名は伊達 幹生(読み同じ)。出自は伊達氏(藤原北家山蔭流)庶流の大條氏。曽祖父は宮城控訴院元判事の伊達亮治。 宮城県泉市出身(現、仙台市泉区)。グレープカンパニー所属。身長
40キロバイト (5,171 語) - 2021年12月11日 (土) 11:59


ついに渡部救済に芸人さんが動き出したね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/28(火) 09:18:59.94

12/28(火) 6:08
女性自身

渡部建 新年復活へ強力応援団!サンド伊達が佐々木希に支援宣言
昨年12月、犬を散歩させる渡部/Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
「12月にインスタが不正ログインされたことでネットを賑わした渡部さんですが、“文春砲”から1年半、いまだ芸能界には復帰することなく新年を迎えることになります。そんな現状に対し、少しづつ仲間たちが渡部さんの復帰に向けて動いていると聞いています」(テレビ局関係者)

不倫謝罪会見から1年、休業中の渡部建(49)。

「極秘出演していた昨年末『絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)の登場部分がお蔵入り。今年9月末の『有吉反省会』(日本テレビ系)の最終回で、長年の付き合いがある有吉弘行さんが渡部さんをゲストに呼び、“反省の幕引き”をする報道もありました。さまざまな事情から、この案も立ち消えになり、11月から豊洲市場でのアルバイトを不定期に再開したようです」(前出・テレビ局関係者)

休業中の夫にかわるように、妻・佐々木希(33)はメディア露出が増えてきている。12月15日に出演した情報番組「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)で2021年を振り返り

「今年1年は、本当にいろいろなお仕事をさせてもらって、充実してましたね」

と満面の笑顔で明かしている。

「映画&ドラマ『バイプレイヤーズ』や、NHKの連ドラ『白い濁流』にレギュラー出演するなど、女優業を本格的に復帰。現在は来年1月から始まる約4年ぶりの主演ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)の撮影にのぞんでいます。連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)にも社長令嬢役として初出演します」(前出・テレビ局関係者)

殺到するオファーで奔走する佐々木。彼女の孤軍奮闘に心が動かされたのだろうか、頼もしい応援団が現われた。

「11月上旬、サンドウィッチマンがMCのバラエティ番組『ロコだけが知っている』の収録が局内のスタジオで行われ、この日のゲストが佐々木さんでした。“秋田県の素晴らしいところ”を紹介するため、同県出身の佐々木さんがキャスティングされました。

サンドウィッチマンの楽屋に挨拶に来た佐々木希さんに、伊達(みきお)さんが『彼は元気にやってるの?』と聞いたそうです。“もうそろそろ(復帰しても)いいよね!”と伊達さんから彼の復帰を期待するような発言もあったそうです」(NHK関係者)

伊達と渡部は旧知の仲だという。

「渡部さんのほうが2歳年上なのですが、意外に波長が合うようで、伊達さん一人で渡部さんのYouTubeチャンネルに出演して『渡部さんは本当はグルメじゃない。変なラーメン屋に行ってる!』とイジれる仲なんです」(演芸関係者)

夫と伊達の関係性を知っている佐々木は、伊達のフォローを聞いて笑顔を見せて

「『今度、家に遊びに来て下さいよ!』と2人を誘っていたそうです」(前出・NHK関係者)

好感度ナンバー1芸人のサンドウィッチマンからのエールで、2022年の渡部に光明は見られるのかーー。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e57ffee11dfa0237ef18dc953237071d0fb17e11


【『サンド伊達』渡部建の新年復活へ強力応援団!佐々木希に支援宣言】の続きを読む


たむら けんじ(本名:田村 憲司(読み同じ)、1973年〈昭和48年〉5月4日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者、実業家。大阪府阪南市出身。吉本興業大阪本社所属。NSC大阪校11期生。身長180cm、体重82kg。足のサイズ28.5cm。「炭火焼肉たむら」を運営する株式会社田村道場の代表取締役。愛称は「たむけん」。
27キロバイト (3,438 語) - 2021年11月12日 (金) 12:09


アメリカ行くなら、早い方がいいよ~(^_-)-☆ 50歳で正解だと思う(*´ω`*)

1 Anonymous ★ :2021/12/06(月) 16:09:57.40

https://www.narinari.com/Nd/20211269019.html

(出典 cdn.narinari.com)


タレントのたむらけんじ(48歳)が、12月4日に放送されたバラエティ番組「幸せやねん!7時間30分SP」(毎日放送)に出演。50歳の誕生日での芸人引退を検討していると語った。



この日、チュートリアル・徳井義実との2人旅ロケの中で、“芸人人生”についてトークを展開。たむらは「本当、オレが今やれているのは、いろんな理由があるんやけど、でも、その中の大きな理由の一つで『せやねん!』に残してもらったというのが、オレの芸人人生が続いている一つの要因でもあるねん、本当に。本当にこの『せやねん!』には、すごく世話になってて」と語る。



そして「オレ、今48やん? 50歳の誕生日でもう引退しようと思ってる。これマジで」と、まさかの“芸人引退”宣言。たむらは「この世界、ダラダラやろうと思ったら、できるし、でも、ダラダラやってるやつは、絶対にあかん。もう決めた、ほんまに」と話し、引退後は「アメリカ行くって決めてん。向こうで何するか分からへん」と、漠然としたプランを明かした。

ただ、“芸人引退”に関しては、「オレ、やらなあかんことがあるねん。親も生きているし、まだ子どもも全員成人になってないし、という。そういう人らをちゃんと見れる、面倒見れるという状態が整ったらという条件はあんねんけど。整ったら、スパンとやめたいなと思って。あと1年半くらい」と語り、話を聞いた徳井は「お疲れっした!」と一言コメントした。

なお、この話の最後に、たむらは「これで70歳くらいまで芸人やってたらごめんな(笑)」とも。徳井は「案外それもありそうやしな。それ後輩にけちょんけちょんにイジられて、『ジジイまだおるやんけ』って言われる画も浮かびますし、それはそれでおもろいし。きょうのV(VTR)、何回も出されて」と、“芸人辞めなかった たむらけんじ”を想像した。


【『たむらけんじ』50歳で芸人引退宣言、引退後はアメリカへwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ