初めて


及川 光博(おいかわ みつひろ、1969年〈昭和44年〉10月24日 - )は、日本の俳優、ミュージシャン。本名同じ。業務提携先はホリプロ。2015年まではマザーエンタープライズに所属。所属レコードレーベルはColourful Records。 東京都大田区出身。成城大学法学部卒業。愛称は「ミッチー」。
59キロバイト (7,578 語) - 2022年4月22日 (金) 12:06
「いじめられ経験」を活かして生きていきたいね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/25(月) 12:24:10.15

4/25(月) 10:53
スポニチアネックス

 俳優の及川光博(52)が24日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後10・00)に出演。仲間はずれにされた学生時代の経験から学んだことを明かした。

 幼少期から人前に立つことが好きで、中学時代には演劇とバンド活動をスタートさせた。モテモテだったか問われると「ええ、それはもう」と即答。「成績がよくて、歌って踊れて、父がPTA会長、僕は生徒会長」と目立っていたが、周囲からは妬まれていた。

 小学生時代は仲間はずれにされた経験も。「最初の仲間はずれが小学校6年生のころだったんですけど、ハードでつらかった。初めて死にたいっていう感情を抱きました」。そんな中、中学受験が救いの道に。「受験勉強っていう、ナイスタイミングで別の活路を見いだした。受験で逃げられた。乱暴な言い方をすれば、本当につらかったら逃げればいい。言い出せなかったり相談できなかったりで、さらに自分を追い詰めてしまうのかなと。だから場所を変えるっていい」と、つらいときは逃げることも大切だと学んだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/33bf6e9c852f7c5919dc1959630f9a5111302079


【『及川光博』小学生時代に仲間はずれ経験で学んだ“逃げる”大切さ「つらかった。初めて死にたいって」】の続きを読む


『三沢あけみ』10年前と3年前に2度がんを患ったことを初めて告白


三沢あけみ、2度のがん告白 乳がんと肺腺がん乗り越え「早期発見すれば問題ない」
 歌手の三沢あけみが31日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、10年前と3年前に2度のがんを患ったことを初めて告白した。  これまで公表してこ…
(出典:デイリースポーツ)


三沢 あけみ(みさわ あけみ、1945年〈昭和20年〉6月2日 - )は、日本の演歌歌手、女優。本名は宮下 登志子。現在は東京都在住。 長野県伊那市に生まれる。 第7期東映ニューフェイスに合格(同期は宮園純子・三島ゆり子・結城美栄子)。 1959年(昭和34年)-東映ニューフェイスに合格、NETのテ
13キロバイト (1,555 語) - 2022年1月4日 (火) 05:35


お元気になってホントに良かったですね(^_-)-☆

【『三沢あけみ』10年前と3年前に2度がんを患ったことを初めて告白】の続きを読む


『金田一少年の事件簿』なにわ男子・道枝駿佑が“5代目金田一”に!「初めてお話を聞いた時は号泣」


なにわ男子・道枝駿佑が“5代目金田一”に!「初めてお話を聞いた時は号泣」『金田一少年の事件簿』4月スタート
…曜ドラマが『金田一少年の事件簿』に決定し、主人公・金田一一役をなにわ男子・道枝駿佑が務めることが分かった。  ドラマ『金田一少年の事件簿』は、1995…
(出典:TV LIFE web)


2021年3月21日閲覧。 ^ “金田一少年の推理クイズ 真犯人を見つけだせ!”. 講談社. 2021年3月21日閲覧。 ^ “金田一37歳の事件簿 公式ガイドブック トリック詳細解説&「金田一少年」プレイバック付き”. 講談社. 2021年10月21日閲覧。 ^ 金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇 まとめ
149キロバイト (23,599 語) - 2022年1月11日 (火) 06:32


道枝くんの「金田一」早く観たいなぁ(*´ω`*)

【『金田一少年の事件簿』なにわ男子・道枝駿佑が“5代目金田一”に!「初めてお話を聞いた時は号泣」】の続きを読む


ユウキ (EE JUMP) (後藤祐樹からのリダイレクト)
JUMP元メンバー。本名は後藤 祐樹(ごとう ゆうき)で、EE JUMP脱退後のコラムニスト、YouTuber活動などは本名名義で行っている。 東京都江戸川区瑞江出身。江戸川区立瑞江第三中学校卒業。後藤真希は年子の姉である。勧修寺保都、勧修寺玲旺は甥である。 1999年に後藤
12キロバイト (1,374 語) - 2021年11月14日 (日) 00:49


今の未来くんに戦いを挑むのは、ものすごい勇気いるよね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/22(月) 05:50:19.26

11/22(月) 5:15配信
東スポWeb

後藤祐樹(東スポWeb)

 20日にインターネット放送ABEMAで配信された「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」で格闘家・朝倉未来(29)に挑戦するも、45秒で敗れた後藤真希の弟・後藤祐樹(35)が、〝激闘〟を振り返った。少年時代からヤンチャでケンカに明け暮れ、場慣れしているはずだったが、やはり朝倉の強さは異次元だったという。また姉・真希から激闘をねぎらうメッセージも届いた。

 死闘から一夜明けた21日に後藤は自身のインスタを更新し、左目に裂傷を負った痛々しい写真をアップ。心配をかけたことを謝罪するとともに「闘いを通じて人生の中で自分自身得るものが凄くありました」と記している。

 3人の挑戦者の中で、最長となる45秒間、朝倉の猛攻を耐えた。「無表情で淡々と歩いて来られて。その姿を見た時ちょっとゾッとしました。威圧感、殺気。そういうのを感じたのは初めてだったので恐ろしいなと正直思いました」と振り返った。

 後藤自身も地元でケンカに明け暮れてきたが朝倉の打撃は異次元だった。「周りにヤンチャな人が多くて屈強な先輩に絡まれて、ぶっ飛ばされたりしてきました。だけど今まで味わったことのないようなパンチ。熊に殴られたことないですけど多分、熊に殴られたらこれぐらいの衝撃なんじゃないかな」とその凄まじい威力を表現した。

 続けて「今までパンチをもらっても下を向くとかなかったんですよ。本能的に自分の体を守んなきゃみたいな。動画を見て初めて、こんなに完全守備の体勢を取ってたんだな、みたいな」と本能的に体の危険を察知したという。

 戦前から無謀なチャレンジと指摘する人も多かった。それでも一歩踏み出したのは「大きな挑戦というものを一度もしたことがなかったんですよ。誰が見ても不可能な挑戦じゃないですか。刑務所にも行きましたし、今まで人生チャランポランで。35歳になって自分の体がまだ動くうちに大きなことにチャレンジしたいという気持ちがあったので」と後悔はない。

 敗れたにもかかわらず、姉の真希からはそのファイティングスピリットを褒められたという。「後藤家のファミリーLINEがあるんですけど、そこに続々と『よく頑張ったね』って。姉も『家でテレビ見てたけどずっとヒヤヒヤしてたよ。ケガもしていると思うからちゃんと病院行って診てもらってね』って」

 今後の格闘家転身については「いや〜、ないですね〜」と苦笑い。そこには夫人との約束があるようだ。「泣いてましたね。『精いっぱい頑張ろうとしてるのは、ものすごく伝わったからよかったよ』みたいなことは言ってくれました。でも『今回でやめてね』って(笑い)」

 今回、後藤がこの無謀な戦いに挑戦したのには理由があった。首に鯉の入れ墨が彫られているが、亡くなった母から「首のだけは消してほしい」とお願いされていた。今年6月に作家で僧侶の家田荘子氏と対談した時もその思いを語っている。朝倉に勝利し、1000万円をその費用にするつもりだったが、賞金ゲットとはならなかった。

 果たして入れ墨はどうするのか?「試合に負けたから約束を守らないのかと言ったらそうじゃない。早ければ今年中か来年初めくらいから消し始めます。費用は自分で地道に働いてやっていきます」と母との約束を果たすつもりだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/825608746c3d1b42b30aa0b52ed655df4e73bbfa


【『後藤祐樹』大ケガ覚悟で「朝倉未来」に挑戦!「殺気を初めて感じた」】の続きを読む


『瀬戸康史』10代は仕送りで2畳生活していた下積みの人「これ、初めて言ったかも」


瀬戸康史「これ、初めて言ったかも」10代は仕送りで2畳生活 「可愛い」受け入れ「楽になった」
 俳優の瀬戸康史(33)が21日放送のフジテレビ「なりゆき街道旅」(日曜正午)に出演。「初めて言ったかもしれない」という下積み時代を明かした。  こ…
(出典:スポニチアネックス)


瀬戸 康史(せと こうじ、1988年5月18日 - )は、日本の俳優、タレント。 福岡県久留米市の病院で生まれる。同県嘉穂郡稲築町(現:嘉麻市)出身。ワタナベエンターテインメント所属。同事務所所属の若手男性俳優集団D-BOYSのメンバー。また、D-BOYSの中から選ばれた5人組ユニット『D☆DATE』のメンバーでもある。
40キロバイト (5,132 語) - 2021年11月9日 (火) 09:58


瀬戸君は、顔に似合わず苦労人なんだね(*´ω`*)

【『瀬戸康史』10代は仕送りで2畳生活していた下積みの人「これ、初めて言ったかも」】の続きを読む

このページのトップヘ