初めて


竹内 (たけうち りき、1964年〈昭和39年〉1月4日 - )は、日本の俳優・タレント・歌手・映画プロデューサー。RIKIプロジェクト所属。大分県佐伯市出身。愛称は「さん」、「ちゃん」。 父は家具職人だった。大分県立佐伯豊南高等学校卒業。高校時代はサッカー部に所属。
42キロバイト (5,429 語) - 2022年9月12日 (月) 23:46
終活できるってことがエライ!(^_-)-☆

1 フォーエバー ★ :2022/09/13(火) 07:46:15.90ID:CAP_USER9
9/13(火) 6:01配信

SmartFLASH
取材中に「君たちが住んでみないか?」と、購入をすすめられた

「竹内力さんのあの有名な家が売りに出されているんですよ……。いったい何があったのか、関係者は心配しています」

【画像あり】竹内が改築を重ねた豪邸。特注品のペガサス像も

 と語るのは不動産関係者だ。

“有名な家”とは、高級住宅街・自由が丘に鎮座する、3階建ての白亜の大豪邸だ。

「竹内さんが34歳のころに購入した、かつては大使館として利用されたことのある豪邸です。『難波金融伝・ミナミの帝王』シリーズをはじめ、数多の大ヒットVシネマに出演した竹内さんのまさに成功の証し。そのド派手な外観と、豪華な部屋の数々は、何度もテレビで取り上げられました。愛着があるはずですし、金銭トラブルでもない限り売却は考えづらいです」(芸能記者)

 本誌が入手した資料によると、総床面積414平米のこの邸宅は今年になって、約8億円で売りに出されている。

“Vシネマの帝王”に何か金銭トラブルかーー。本誌が自宅の“タワマン”から出てきた竹内を直撃すると、

「カネならあるよ。説明するから後日来てくれ」

 と、迫力ある声で一喝。そこで後日、竹内が代表を務める映画製作会社を訪ねた。そこで聞かされたのは、意外な真相だった。

「もう不動産会社への売却は済んでいるんだ。価格は7億円以上。まだ次に住む人は決まっていないみたい。思い入れのある家だったんだけどね」

 購入費用と合わせて、この家には12億円近いお金をかけてきたという。

「元大使館といっても、たんなるオフィスのような内装で、派手じゃなかったんだ。タイルを張り替え、蛍光灯をシャンデリアに変えて…何から何まで改築して、洋館風にしたんだ。次に買ってくれる人にも、使い方を説明したいな」

 売却に至った経緯を、こう明*。

「10年前から、売ろうかと考えていたんだ。妻と暮らしているけど、広すぎるんだよ。別々の部屋にいると声も届かない。インターホンはつけたけど結局使わない*。実際に使っているのは2、3部屋だけ。朝8時までにゴミ出しもしなくちゃいけない。それにエレベーターがないから、3階に行くには階段を使う必要がある。でも、自分がいつまで元気に動けるかわからないわけだから。言ってしまえば、“終活”の一種だな」

 購入した当初は、ホームパーティを頻繁に開催していた。

「50人とか100人とか呼んで、映画を観たり酒を飲んだりして、朝まで騒いだもんだよ。ベッドはいくらでもあるし、トイレは5つ。少なく見積もっても7LLLDKだから、ホテルみたいなもんだよな。でも、そのためにコップは300個以上も用意するし、当日は洗い物も追いつかないし、後始末も大変でやらなくなっちゃったよ(笑)」

 周囲から“マンション移住のススメ”もあったという。

「最近は、同年代や年上の社長たちから『もう豪邸には住めたのだからいいじゃないか』とか『後のことを考えなよ』とすすめられてね。確かにそうだなと思った。アクションの仕事が減ると思って、これまで公表してこなかったけど、31歳のときに映画の撮影で大怪我をしているんだよ。腰と首の手術を何度もしているし、今も我慢しているけど、痺れなどの後遺症はある。人よりも元気でいられる時間は短いと思っているんだよね」

 もちろん、終活といっても、仕事を引退するわけではない。

「映画は何本も製作中だし、出演する予定もあるよ。ただこの年だから、出たいと思える作品だけ受けているんだ」

 と語るドスの効いた声は、まだまだ“帝王”らしく怖いけれど!

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b3a6b097814ad0a786bfc0b8630f880440027c4


(出典 data.smart-flash.jp)



(出典 data.smart-flash.jp)

【『竹内力』12億円“7LLLDK”豪邸を売却、初めて明かした“終活”】の続きを読む


『中島みゆき』囁かれる“引退説”を初めて語った! 吉田拓郎の引退には「キャハハ」


中島 みゆき(なかじま みゆき、本名:中島(なかじま) 美雪(みゆき)、1952年2月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューした。公式ファンクラブ名は『なみふく』。
129キロバイト (8,171 語) - 2022年8月23日 (火) 09:09


みゆきさん、不思議な人だよ(*´ω`*)引退しないでほしいなぁ(≧▽≦)

【『中島みゆき』囁かれる“引退説”を初めて語った! 吉田拓郎の引退には「キャハハ」】の続きを読む


ローランド株式会社(英: Roland Corporation)は、日本の大手電子楽器メーカー。自らが創業したエース電子工業を退社した梯郁太郎が、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点を静岡県浜松市に置いていたが、2005年(平成17年)に、本社を浜松に移転した。
36キロバイト (4,612 語) - 2022年8月4日 (木) 21:02
ローランドにも、貧しい時代があったんだね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/08/12(金) 21:11:46.54ID:CAP_USER9
[ 2022年8月12日 20:31 ]

Photo By スポニチ
 実業家でホストのROLAND(ローランド、29)が12日に自身のYouTubeチャンネルを更新。かつて「吉野家を初めて食べた」と発言したことが“プチ炎上”した事件について、釈明する場面があった。
 この日、企画で約10年ぶりにケンタッキーのフライドチキンを食べ「うまっ!」と笑顔を見せたローランド。ディレクターから「このグルメシリーズで“吉野家を初めて食べた”って言ったら、みんなから“そんなわけないだろ!”ってコメントが来ていて」と、過去の騒動を振り返る。

 ローランドは「金がないとき、牛丼食べたくなるじゃないですか?僕にとって、吉野家は高級品だったんですよ。だから松屋に行ってたし、20円高いのは死活問題だったんですよ」と下積み時代のエピソードを語っていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/12/kiji/20220812s00041000610000c.html

【『ローランド』“吉野家は初めて”発言を釈明「松屋と比べて20円高いのは死活問題だった」】の続きを読む


『桜島噴火』フェリーで夜移動「怖かった」「島外に避難は初めて」


フェリーで夜移動「怖かった」「島外に避難は初めて」 桜島で噴火
…地域には冷静に日常生活を送るよう呼びかけた。  岸田文雄首相は24日、桜島噴火を受け、早急な被害状況の把握のほか、登山者や住民の避難といった被害防止措…
(出典:西日本新聞)


桜島(さくらじま)は、日本の九州南部、鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)にある東西約12km、南北約10 km、周囲約55 km、面積約77km2 の火山。かつては名前の通り島であったが、1914年(大正3年)の噴火により、鹿児島市の対岸の大隅半島と陸続きになった。 桜島火山は姶良カルデラの南縁付近に位置しており、このカルデラの2
83キロバイト (9,656 語) - 2022年7月24日 (日) 22:36


噴火の災害があまりひどくありませんように(*´ω`*)

【『桜島噴火』フェリーで夜移動「怖かった」「島外に避難は初めて」】の続きを読む


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県生まれ。滋賀県育ち。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメン
71キロバイト (5,844 語) - 2022年5月25日 (水) 02:50
芸能界での活動休止って、その後の人生に影響する重大なことなんだね(*´ω`*)

1 jinjin ★ :2022/05/24(火) 15:04:11.60

GACKT「表舞台から身を引く時なのかな」初めて語った活動休止中の苦悩


「こんなにポジティブな僕でも、ネガティブなことを考えてしまうんだなぁ…という日々でしたね。やっぱり心と体はつながっているんだなってことを実感しました。ネガティブになりそうな自分を笑ってました。笑うことしかできなかったので…」

本誌のメールインタビューにこう明かしたのはGACKT(48)。
昨年9月から無期限の活動休止中だった彼が、5月16日、年内に活動再開することを発表した。

「昨年9月8日、彼の所属事務所が『持病である神経系疾患がきっかけとなり、一時は生命の危機に。さらに重度の発声障害を併発したため無期限活動休止する』と突然、発表しました。このため、昨年9月10日からGACKTさんが参加予定だった主演映画『翔んで埼玉』続編の撮影は一時中断となったのです」(映画関係者)


それから8カ月。
所属事務所の活動再開発表と同時に、福岡県内にある「九州再生医療センター 医療法人香華会 朱セルクリニック」が現在の彼の治療を担当していると公表。


そこには、GACKTの病状がこう記されていた。

・自己免疫の異常による免疫低下に伴う肝機能障害ならびに呼吸機能低下
・免疫低下による全身皮膚炎及び脱毛症
・上記に伴う発熱及び疼痛、並びに声帯機能の低下

彼はこのクリニックで昨年末から治療を受けているという。


GACKT本人がその経緯を語る。
「’21年はいろんな対症療法の治療を試しましたが、思ったほど効果は得られず、その年の後半に幹細胞療法を本格的に始めました」

前出のクリニックによれば、《神経系疾患による免疫不全において全身皮膚炎や脱毛症が進行しており、当施設では当該治療にあたりご本人自身の細胞を用いた幹細胞治療とリハビリを開始しております》と説明している。
彼は本誌にこう続ける。


■「ドバイの仲間がこの病院を紹介してくれた」

「昨年末にはスペインに移って、ゆっくり過ごしていました。ただ、僕には寒い気候はやっぱり合わないと実感しましたね。乾燥は肌にも悪く影響しましたし。そもそもヨーロッパの気候も乾燥がひどいので、合わないんだなという実感です。この頃にマレーシアに帰る準備をしていました。そして、対症療法ではなく、身体そのものを正常に戻すやり方を模索していました。自分の病気は神経異常によることからの免疫疾患及び肝機能の低下なので、それであれば、体の中から全体の質を上げられる治療はないのか? ってことを調べ始めました。仲間たちにも相談したところ、ドバイの仲間がこの病院を紹介してくれたのです」


昨年9月にも、本誌は彼にメールインタビューを行っているが、その際、一時は*淵をさまよったことを明かしていた。

「正直、死にかけたときのことは覚えていない。あとで丸一日意識がなかったとスタッフに聞いたよ。病院には入っていない。医師に来てもらってた。ただ、目が覚めたときは『まだ生きてた…』とは思ったよ」

そもそも、幼少期から神経系疾患に悩まされてきたことは、著書『自白』で明かしていた。

《10歳になったころ、僕は突然倒れてしまった。胃、内臓が激痛により、動けなくなった》

当時は原因がわからず感染症を疑われ、鉄格子のついた小児病棟に隔離されるという、過酷な体験をしたことを自ら綴っている。
こうした持病に長年、苦しめられてきた彼に改めて、今回の活動休止中の心境を尋ねた。

「うーん、このまま症状が悪化すると、もう表には立てないのかもなってことは思ってました。焦ってるというよりは、表舞台から身を引く時なのかなとも考えました。自分の引き際というか……」

芸能界引退まで脳裏に浮かぶほど、心身ともに苦しい日々だったようだ。


以下、ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcd3668a7cafab96aec1a54e9c8f7c18d33dcf20?page=1


【『GACKT』初めて語った活動休止中の苦悩「表舞台から身を引く時なのかな」】の続きを読む

このページのトップヘ