再結成


勝俣 州和(かつまた くにかず、1965年(昭和40年)3月12日 - )は、日本のお笑い、YouTuber。元劇男一世風靡、アイドルグループCHA-CHAのメンバー。愛称はかっちゃん。 宮城県仙台市生まれ・静岡県御殿場市育ち。融合事務所所属。日本大学三島高等学校、日本大学文理学部国文学科中退。血液…
24キロバイト (3,050 語) - 2024年4月7日 (日) 13:12

(出典 i.daily.jp)


「CHA-CHAの音楽は懐かしいですが、また聞けると思うと嬉しいです!勝又州和の意欲に期待ですね!」

1 冬月記者 ★ :2024/05/20(月) 16:24:05.42 ID:aVPz7Y7Q9
https://news.yahoo.co.jp/articles/183771b9d4a2adc6bec85cf35d8aa244e6c81e28

勝俣州和「CHA-CHA」再結成へ意欲 男闘呼組に刺激

 タレントの勝俣州和(59)が20日、都内で行われた、31日全国公開の映画「お終活 再春!人生ラプソディ」&楽天シニア再春フェスティバル2024に出席。

 昨年、再結成をした男闘呼組を刺激に、かつて在籍していた5人組アイドルグループ「CHA-CHA」の復活を熱望した。

 俳優・大村崑らとともにステージに上がった勝俣は会場のシニア世代に「僕、若い時にアイドルだったんです」と自虐的に笑いながらアピール。

 「もう一回、復活しようかな。CHA-CHAで全国ツアーをしたいなと何回も思いました」と今の気持ちを明かした。

 1988年にデビューしたCHA-CHAは92年に解散した。すでに30年以上が経過しているだけに、「踊れるのかなと。みんな、集めたら。中性脂肪も増えてますけど」としつつも、「男闘呼組も復活したので、そういうのもちょっと目標を持って遊んでみたいと思いました」と意欲を見せた。

 第二部ではTRF・SAMがインストラクターを務めたシニアダレデモダンスお披露目イベントに出席し、大村崑とともにダンスを踊って、若さをアピールしていた。

【『勝俣州和』「CHA-CHA」再結成へ意欲】の続きを読む


からオンエア開始(CMソングは彼らの初オリジナル曲「誠 ほれたぜ」)。その後「東京」と名乗るようになり、補佐メンバーとして前田耕陽が参加。同年3月、サポートメンバーの前田も含めた6名でグループ名を正式に「男闘呼組」へと改名(グループ名の名付け親は、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川から、「Y…
60キロバイト (5,157 語) - 2022年9月17日 (土) 10:47
さまになるオッチャンたちだよね(*´ω`*)

1 jinjin ★ :2022/10/15(土) 22:45:10.04ID:CAP_USER9
男闘呼組が29年ぶり再結成ライブ 
計1万3000人のファンに「TIME ZONE」など披露

4人組ロックバンド「男闘呼組」が15日、東京・有明の東京ガーデンシアターで29年ぶり再結成ライブ「男闘呼組 1988」を行った。
昼、夜の2公演で計1万3000人のファンが集まり、1993年6月30日の活動休止以来、29年の時を超え実現した奇跡の再結集を見届けた。

待望の瞬間が訪れた。
4人のシルエットが浮かぶ。リードギター・成田昭次(54)、ベース・高橋和也(53)、サイドギター・岡本健一(53)、キーボード・前田耕陽(54)が姿を現した。 奇跡を目撃し、涙するファン。

高橋が号砲を鳴らした。
「行くぞーー」
「DAYBREAK」、「秋」、「TIME ZONE」などのヒット曲を披露。往年の名曲に会場の隅々まで熱は波及した。
高橋は「みんな、帰ってきたぜ。会いたかったぜ」とうれしそうに呼びかけた。

空白を感じさせない重厚なサウンドを響かせた。
年齢を重ねた色気も漂わせ、時には顔見合わせて楽しそうに演奏。アンコールを含めて全17曲を届けた。

 高橋「俺たちは男闘呼組のことを忘れたことはなかった。何度も夢に出てきたし、こうして現実になったじゃん。ずっとついてきてくれてありがとう。帰ってきてくれてありがとう」

 岡本「みんなに会う前に、この3人に会いたかった」

 前田「29年前に最後にやったステージと同じ気持ちで、前で動いてる3人が見られて、めちゃくちゃ気持ちいいです」

 成田「再始動を実現するため、いろんな人の協力がありました。信じられない光景です」

約2時間。29年分の思いを込めた。
メンバーは「突っ走るから、みんなついて来てよ!」と力強く呼びかけた。男闘呼組はデビュー35年を迎える来年8月まで期間限定で疾走する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b7bc34c47685dcaecedc9b9a550a3ebf3ffab2b

男闘呼組が30年ぶり単独公演スタート 成田昭次の涙にファンももらい泣き


29年ぶりに活動を再開させた4人組ロックバンド、男闘呼組(おとこぐみ)が15日、東京・有明ガーデンシアターで昼夜2公演の復活ライブをスタートさせた。

アンコールで感極まったリードギターの成田昭次(54)がむせび泣くと、サイドギターの岡本健一(53)が抱き寄せ、ファンももらい泣きしていた。

来年8月までの期間限定復活で、リーダーでキーボード、前田耕陽(54)は「皆さん、会いに来てください」と呼びかけていた。
16日も同所で昼夜2公演を開催する。


〈男闘呼組LIVEツアー2022〉

東京ガーデンシアター(4公演)
2022年10月15日(土)・16日(日)
(第1章)開場14:30/開演15:30
(第2章)開場18:00/開演19:00

名古屋国際会議場センチュリーホール(2公演)
2022年12月15日(木)
(第1章)開場14:30/開演15:30
(第2章)開場18:00/開演19:00

大阪城ホール(4公演)
2022年12月17日(土)・18日(日)
(第1章)開場14:00/開演15:00
(第2章)開場17:30/開演18:30

東京ガーデンシアター(4公演)
2022年12月26日(月)・27日(火)
(第1章)開場14:30/開演15:30
(第2章)開場18:00/開演19:00

全席指定:¥12,500(税込)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4cb6178f740c70f361e47a83c6f041860817f627

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【『男闘呼組再結成ライブ』初日2公演に1万3000人…成田の涙にファンもらい泣き】の続きを読む


成田 昭次(なりた しょうじ、1968年8月1日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ギタリスト。愛知県名古屋市熱田区出身。元ジャニーズ事務所所属。男闘呼組のメンバー(1985年 - 1993年、2022年7月 - 2023年8月)。身長175㎝。 でたらめロックバンド 東京(東京男組)
21キロバイト (2,578 語) - 2022年7月20日 (水) 02:29
とんかつの「揚げ」担当なんて、ますますシブいよ(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/07/21(木) 12:44:07.48ID:CAP_USER9
7/21(木) 7:15配信
NEWSポストセブン
再結成した現在の男闘呼組(成田のInstagramより)

 伝説の第二章が始まる──そんなナレーションとともに、緑のレーザー光線の中から現れた4人の男たち。懐かしいロックメロディーを奏でたのは1989年のヒット曲『TIME ZONE』。いまや全員が53才。それでも、バブル時代にタイムスリップしたかのような開襟シャツ、ヒョウ柄のセットアップ、白黒のゼブラスーツと“不良”な装いは、29年前から何も変わっていない。令和の言葉で表すなら、まさに“イケオジ”そのものだ。

【写真】1988年のデビュー当時の男闘呼組、かっこよすぎる!他、とんかつ店で働きながら音楽活動を行う成田昭次

 4人組ロックバンド・男闘呼組が、7月16日に放送された『音楽の日2022』(TBS系)で復活した。まさに電撃的だった。前日15日にネット上で突然、番組への出演を発表。番組内では「デビュー35周年の来年8月まで期間限定で活動。10月にはライブ開催」と、今後の予定も公表された。TBS関係者が明*。

「放送後、ツイッターのトレンドワードで『男闘呼組』が1位となり、サプライズは大成功。収録時には彼らの後輩で番組MCの中居正広さんが、“どうしても見たい”とスタジオに足を運び、5人で記念撮影までしていました」

 1988年にデビューした彼らはジャニーズ事務所60年の歴史上で最も硬派といわれ、そのはかなさも加わり、長らく伝説と化していた。『音楽の日2022』でも披露した名曲『TIME ZONE』や『DAYBREAK』などでオリコン1位を獲得。1980年代末期には光GENJI、少年忍者とともに「少年御三家」と呼ばれ、東京ドーム単独コンサートも行うなど、一世を風靡した。しかし、終わりは突然訪れた。芸能記者が当時をこう振り返る。

「4人の主演舞台の千秋楽だった1993年6月30日。いきなり高橋和也さんが事務所を解雇され、バンドも活動休止、事実上の解散となりました」

 前田耕陽が1995年、成田昭次も1998年に退所。岡本健一のみジャニーズに残り(2021年11月にエージェント契約)、4人は俳優やソロのアーティストとして別々の道を歩んでいた。

 そんな中、往年のファンを驚かせる大事件が起きる。2009年、成田が*取締法違反で逮捕・起訴されたのだ。保釈後、成田は「陶芸家になる」と言い残して消息を絶った。再結成など遠い夢物語だったのである──。ただ、それでも4人の友情は続いていた。

「バツイチだった成田さんは再婚し、地元名古屋でサラリーマン生活を送っていましたが、音楽活動の夢を捨てきれずにいた。その思いを伝え聞いたのが高橋さんと前田さん。2人は名古屋に飛んで成田さんを探し出し、近い将来の再結成を誓い合ったそうです」(レコード会社関係者)


 それが3年ほど前のことだという。そして2020年の秋、成田は音楽活動を再開させた。

「成田さんは昨年、不退転の決意で会社を辞め、家族とともに上京していました。でも、すぐに音楽活動が軌道に乗らず、生活に不安を抱えていた。そこで知人が開いたとんカツ店で働き始めたのです。揚げ担当でした。ギタリストにとって指は命で、ヤケドは厳禁。そんな人生をかけたアルバイトをしながら、再結成にこぎつけたのです」(前出・レコード会社関係者)

 閑静な住宅街にあるとんカツ店は、開店1年にもかかわらず店内の壁に有名人のサインがいくつも書かれている。ミスチルの桜井和寿やMISIA、明石家さんま……それぞれ成田とのつながりを感じさせる。その中には3人のメンバーの名前もあった。成田が古い友人に振る舞ったとんカツは、格別だったに違いない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e21f3507520d7790402b7583f381b6b3b79e301?page=1

【『成田昭次』とんかつ店で“揚げ担当アルバイト”しながら男闘呼組再結成】の続きを読む


『2021MAMA』Wanna Oneが3年ぶりに再結成!wwwww


Wanna One、ついに本日の「2021 MAMA」で3年ぶりに再結成!輝かしい活動を振り返る
…8年に複数の都市で開催された「MAMA」に出演しています。ベトナム、香港、日本の3ヶ国で開催された「2017 MAMA」では、ベスト・オブ・ネクスト賞…
(出典:Kstyle)


ママ (曖昧さ回避) (Mamaからのリダイレクト)
- 韓国のテレビドラマ。 MAMA (EXOのアルバム) - 韓国男性アイドルグループEXOのアルバム。 MAMA (山猿の曲) - 日本の歌手・山猿の楽曲。 MAMA (小説) - 紅玉いづきの小説。 MAMA (映画) - スペインとカナダが共同制作した映画。 mama (2020年の映画) -
2キロバイト (294 語) - 2021年11月23日 (火) 12:33


3年ぶりの「Wanna One」が楽しみだね(*´ω`*)

【『2021MAMA』Wanna Oneが3年ぶりに再結成!wwwww】の続きを読む


FUNKY MONKEY BΛBY’S(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)は、日本の男性2人組音楽グループ。2004年FUNKY MONKEY BABYSで結成。所属していた芸能事務所はイドエンターテインメント。所属していたレコード会社はドリーミュージック。略称は「ファンモン」。かつての公式ファン
31キロバイト (2,716 語) - 2021年3月20日 (土) 07:59



(出典 prtimes.jp)


この気持ちの変化は、ファンの想いへの感謝だよね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/24(水) 08:41:56.59

3/23(火) 17:01
週刊女性PRIME

FUNKY MONKEY BABYS 「絶対ない」再結成を覆した“テレビの反響”
8年ぶりに集結した3人。左から加藤、DJケミカル、モン吉(加藤の公式ブログより)
「3人そろいました!」

 高ぶった声で挨拶したのはファンキー加藤。3月11日に放送された『音楽の日』(TBS系)でFUNKY MONKEY BABYSが“1夜限りの復活”を果たしたのだ。

「'13年に解散した彼らにとって、約8年ぶりのステージ。ヒット曲『あとひとつ』の歌唱時は瞬間最高視聴率14・2%をマークしましたから、ファンは待ち望んでいたんですね」(テレビ誌ライター)

 東日本大震災から10年という節目で、宮城から歌声を届けた。そのわずか4日後の3月15日、彼らは活動再開を発表。えっ、“1夜限り”だったんじゃ……?

「解散はDJケミカルさんが家業のお寺を継ぐことが理由でしたから、加藤さんとモン吉さんの2人で再始動します。『FUNKY MONKEY BΛBY'S』と表記が変わりましたが、読み方は変わりません」(音楽ライター)
「ソロじゃなくやっぱり一緒に」

 復活について、加藤は公式ホームページで、

《心の奥のほうにずっと仕舞い込んでいた大切な思い出が、3月11日に解き放たれて、現在進行形の強い想いとなりました。もう隠しません》

 と、番組のリハーサルを重ねる中で気持ちを再確認したと説明。しかし、あまりに話が早すぎる。

 急転直下の再始動について加藤の知人男性はこう話す。

「音楽業界の関係者から再結成の誘いはたまに来てたようだけど、ずっと否定してましたよ。周りに“やらないの?”と聞かれても“絶対ない”と答えてましたから」

 そんな彼の考えを変えたのが、番組出演後の反響だった。

「そもそも17年前、ソロ活動をしていた加藤くんとモン吉くんがそれぞれの活動で行き詰まり、“なにか新しいことを”と考え結成したのがファンモン。11日の放送後の反響が予想以上に大きく、“ソロじゃなく、やっぱり一緒に……”と考え直したんじゃないかな」(同・加藤の知人)

 東京ドームでライブを行うほど人気を集めていた当時を思い出したのかもしれない。

「'13年の解散後、加藤さんとモン吉さんはソロとして活動していましたが、グループ活動時のような結果を残せたとは言えません。加藤さんは'16年にダブル不倫のスキャンダルを起こしていて、イメージを一新したいはず。“応援ソング”が得意なのに、騒動の影響で説得力がなくなっていましたから、焦りもあったのでは」(スポーツ紙記者)

 活動再開の理由について所属事務所に問い合わせると、

「メンバーたちが語っていることがすべてです」

 待っていたファンに対し“あとひとつ”説明がほしいところだが……彼らが今後、どんな曲を届けてくれるのかに期待したい!


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/607d32718f2489367b8fca47ea2c7056fb515cb8


【『FUNKY MONKEY BABYS』 「再結成、絶対ない」気持ちを変えた“一夜限りのTV復活”】の続きを読む

このページのトップヘ