フルーツポンチは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビである。東京NSCの10期生。略称はフルポン。 村上 健志(むらかみ けんじ、1980年(昭和55年)12月8日(40歳) - ) ボケ・ネタ作り担当。 亘 健太郎(わたり けんたろう、1980年(昭和55年)7月12日(41歳) - )ツッコミ担当。
14キロバイト (1,783 語) - 2021年9月26日 (日) 11:38


大変なのはフルポンさん達だけじゃないよ(*´ω`*)

1 Anonymous ★ :2021/10/18(月) 16:11:05.40

2019年頃から「お笑い第7世代」が一世を風靡しているお笑い界。その10年前、2009年には『はんにゃ』が時代の先端を走る芸人だったのを覚えているだろうか。その「はんにゃ」と並んでトップコンビの一角を担ったのが、彼らと同期の『フルーツポンチ』。しかしその現在はというと、〝消えた芸人〟扱いされても仕方ない悲惨な状態となっている。

「『フルポン』は2008年の『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)でブレークし、翌年には『はんにゃ』とのレギュラー番組『ピラメキーノ』(テレビ東京系)がスタート。当時流行った大学生ノリのネタブームに乗っかり、アマチュアレベルのクオリティーでうまく人気を博しました。ただ、『ピラメキーノ』にしても当時のお笑い勢力図的にも、『フルポン』は『はんにゃ』の2軍的な立ち位置。格下感は否めませんでしたね」(お笑い評論家)

ブームに乗っただけの人気は長く続かず、その露出は年々減少。今となっては、コンビでメディアに出ることはパタリと無くなってしまった。

「村上健志は〝ヒザ神〟として『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『運動神経悪い芸人』でフィーチャーされた他、『プレバト!!』(TBS系)の俳句企画で才能を発揮。4月には書き下ろしも含めた俳句本を出版するなど、しぶとくしがみついている印象です。腐っても人気コンビの〝顔〟だった意地を見せていますね」(同・評論家)

『フルーツポンチ』村上健志が才能を発揮する一方…

一方、箸にも棒にもかからず、今や「故人」と化しているほど姿を見せないのが相方・亘健太郎だ。

「亘は元自衛官という経歴を持つも、それを打ち消すほどの圧倒的無個性さで〝じゃない方芸人〟の筆頭となっていました。トークスキルもなければ芸もなく、芸人として限界を感じたのか、最近は舞台などお笑い以外の活動にシフト。アメカジファッションを愛する芸人の集い『アメカジボーイズ』としてYouTubeを開設するなど、ネットにも活路を見出しています」(前出・評論家)

しかしこのYouTube、毎週更新するものの、再生回数は300台という惨憺たる有り様。数少ない固定ファンしか見ておらず、ファンの拡大など全く出来ていないことが分かる。SNSの方も、ツイッターは告知やインスタグラムの連携投稿ばかり。そのインスタも告知が多く、一応でも日常の様子を明かしているが、何の面白味もない投稿ばかりだ。

「『はんにゃ』にしても『フルポン』にしても、〝じゃない方〟は永遠にじゃない方だと分かりますね。09年の1年に限っては天下を獲った金田哲は、何故かイケメン扱いされていたことや濃いキャラで大人気を博しましたが、相方の川島ofレジェンドは自身でも認めるほど何もできないポンコツ無能芸人。自らが金田の寄生虫であることを隠そうともしていませんでした。『フルポン』も村上が性悪キャラや運動神経・俳句で生き残る一方、無個性な亘は存在すら認知できない状態。やはり、〝個性〟は重要な要素です」(お笑い事務所関係者)

10年一昔、今の第7世代も10年後には悲惨な末路を遂げそうだ。

https://myjitsu.jp/archives/309953


【『フルーツポンチ』は今…? YouTube“300回再生”の悲惨な現状wwwwwww】の続きを読む


『田原俊彦』娘・可南子がカメラに向かって呼びかける「今どこで何してますか?」www


田原 俊彦(たはら としひこ、1961年2月28日 - )は、日本の歌手(元アイドル)、俳優、タレント。 神奈川県横須賀市出生、山梨県甲府市出身。ジェイブレイブ所属。血液型B型。愛称はトシちゃん。妻は元モデルの向井田彩子。長女はタレントの田原可南子。 ジャニーズ事務所 個人事務所「DOUBLE “T”
49キロバイト (7,016 語) - 2021年10月13日 (水) 03:32


トシちゃんの娘、可愛いなぁ(^_-)-☆

【『田原俊彦』娘・可南子がカメラに向かって呼びかける「今どこで何してますか?」www】の続きを読む


片瀬 那奈(かたせ なな、1981年11月7日 - )は、日本の女優、司会者、歌手、ファッションモデル。 東京都江東区出身。研音所属(2021年9月30日まで)を経てフリーランス。身長172cm。 東京都江東区の砂町出身。出生時は3650gで病院一の大きさであった。中央区立日本橋中学校出身。
43キロバイト (4,833 語) - 2021年10月4日 (月) 07:58


片瀬さん本人がどうなのかってことだよね(*´ω`*)

1 jinjin ★ :2021/10/11(月) 06:47:11.70

片瀬那奈 契約解除から1週間…薬物疑惑を初直撃!周囲で8人逮捕
本誌記者に「ごめんなさい」と頭を下げた籠城生活の今


「彼女の周囲では、すでに8人もの人間が違法薬物で逮捕されていますからね」

そう語るのは、ある音楽イベント関係者だ。
9月30日、芸能事務所「研音」は、女優の片瀬那奈(39)が退所したことを発表した。ある芸能関係者は「事実上のクビです」と話す。


「7月に、片瀬の恋人であり、IT企業を経営していた岡田英明元社長(39)がコカインの所持で逮捕されました。同棲していた片瀬も家宅捜索や尿検査を受けていましたが、事務所に対して『同棲は解消した』『家宅捜索は受けていない』などと嘘をついたんです。
事務所も彼女の言い分を信じ、マスコミに対してそのとおりの発表をしました。ところが数日後にあらためて確認したところ、彼女はそれを嘘だと認めました。事務所は信頼関係が失われたと判断し、契約を解除しました」(芸能関係者)


身を守るために出た咄嗟の嘘――。
それでも「まったく同情できない」と、冒頭の音楽イベント関係者は話す。

「2000年代に逮捕されたロックフェスの先駆者や、片瀬の親友である沢尻エリカ、さらに沢尻の元恋人など、彼女の周囲には違法薬物に手を出す人間があまりに多い。特に岡田元社長については、周囲から『あいつとはつき合うな』と言われていましたが、彼女は『私は大丈夫』と答えていた。つまり、自分の意思で彼らと交友を続けていたんです。事務所への嘘どころか、彼女自身が疑われても仕方がない状況だったと思います」


真相やいかに――。
10月6日、片瀬の住む都内マンションには、複数のマスコミが詰めかけていた。

しかし、片瀬は部屋に閉じこもったきり。
唯一、姿を見せたのは、生鮮食品の宅配サービスを受け取る瞬間だけだった。
“兵糧” を手に入れたことで、この籠城生活は長引くに違いない。あきらめかけていた翌日、彼女は突如、姿を現わした。


――片瀬さん、今後の活動のご予定は?

「ごめんなさい、わざわざ来ていただいたのに」

――薬物疑惑もありますが?

「……」

片瀬は、黙ったまま軽く頭を下げると、速足で再び自室へと消えていった――。


「今までどおり、女優として活動するのは難しいでしょう。でも、ある出版プロデューサーが、話題になるからと彼女の自伝や写真集の出版に向け、水面下で動いているという話があります。こうなった以上、仕事を選ばず地道にオファーを受けるしかないでしょう」(芸能記者)

はたして彼女は、“薬物人脈” を離れ、茨の道を一人で歩めるか。


https://news.yahoo.co.jp/articles/bbb1b83993e5661f1f7f1977360689029dbcad92

(出典 i.imgur.com)


【『片瀬那奈』契約解除から1週間、周囲で8人逮捕、籠城生活の今】の続きを読む


加藤 晴彦(かとう はるひこ、1975年5月13日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者。愛知県名古屋市出身。プラチナムプロダクション所属。日本福祉大学中退。 名古屋生まれ。モノマネ芸人のコロッケとは遠い親戚である。 中高一貫校である名古屋大学教育学部附属中学校に入学。その後同高校にも進学。 1989年、テレビドラマ
16キロバイト (1,865 語) - 2021年4月24日 (土) 13:23


頑張ったご褒美が、今に至るんだよ(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2021/10/09(土) 12:26:03.81

「芸能界を辞めようと思っていました」人気絶頂でレギュラー降板…加藤晴彦が初めて明*“20年前の真相” から続く

【画像】39歳で結婚、2児のパパに…現在の加藤晴彦さん(46歳)の写真を見る(全16枚)

 20代から30代にかけて、多忙な芸能生活を過ごしてきた加藤晴彦さん。「仕事をセーブする」という決断を経て、40代となった現在は、家族にも恵まれ、家事も育児も楽しんでいるといいます。「今は家族との時間を大切にしたい」と語る加藤さんが、今後取り組んでみたいこととは。加藤さんの「これから」について聞きました。(全3回の3回目/ #2から続く )

◆ ◆ ◆

福山雅治さんが“憧れ”だった
――20代、30代の精神的に大変だった時期には、やはり地元の友達以外には、正直な思いを相談することはできなかったですか。

加藤晴彦さん(以下、加藤) あまり言えない話ですからね、これって。下手に周りの人に話して「でもいいじゃん、普通じゃできないことをたくさんやれて」って言われたら、終わりですから。でも地元の友達は、10代の頃の、何もなかったときから知っているので、「そうか、とにかくこっち来るか」って言ってくれて、それでそいつの家に泊まったりして。かといって、芸能界で仲の良い人はいなかったとか、友達を作らないようにしていたとか、そういうことでもないんですけどね。

――そもそも加藤さんにとって、芸能界に入る前から「この人は憧れだった」という方はいらっしゃるんでしょうか?

加藤 もともと、そんなにテレビやラジオが大好き、というタイプではなかったんですけど、そんな僕でも福山(雅治)さん……マシャ兄のラジオだけは東京に来る前からずっと聞いていました。オールナイトニッポンですよね。あと、コンサートも観に行っていました。なので、芸能界に入ってから、まさかあんなに仲良くさせていただけるなんて、と……。

ラジオでのコラボは「夢のようなこと」
――福山さんと最初にお会いされたのは、いつ頃ですか?

加藤 20代の中盤だったと思います。僕が臨時でニッポン放送のラジオをやったときに、スタッフの方から「今、別のフロアに福山さんがいるよ」と言われて。その人は、僕が福山さんのファンだと知っていたんです。それで挨拶に行ったんですけど、僕はもう大緊張でした。「おー! 福山さんだ!!」って(笑)。

 それがきっかけで仲良くさせていただいて、本当にしょっちゅう飲みに、旅行に連れて行ってもらいました。2人でスナックに行って、カラオケを歌ったりもして。そこで、僕がわざとマシャ兄のヒット曲じゃなくて、デビュー当時の曲を入れるんです(笑)。マシャ兄もその頃の曲はちょっと恥ずかしいのか、「やめろよ!」って言われるんですけど、そうやって笑いながら2人で熱唱したり、あとCOMPLEXの曲を歌ったりしました。それは今でもよく覚えてますね。

10/9(土) 11:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b100332b78db85611c6415cafe12a47459196b9

(出典 i.imgur.com)


【『加藤晴彦』多忙すぎた生活を経て辿りついた“揺らぐ生き方”「今、すごく楽しいです」】の続きを読む


スピードワゴンは、井戸田潤と小沢一敬からなる日本の男性お笑いコンビ。ホリプロコム所属。1998年結成。 井戸田 潤(いとだ じゅん 1972年12月13日 - )(48歳) 愛知県小牧市出身 ツッコミ(コントによってはボケ)担当。立ち位置は向かって左。 別名:ハンバーグ師匠 小沢 一敬(おざわ かずひろ 1973年10月10日
64キロバイト (6,175 語) - 2021年10月2日 (土) 16:19


28階登る方じゃなくて良かったね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/08(金) 14:00:07.32

10/8(金) 12:37配信
デイリースポーツ

 スピードワゴン・小沢一敬

 スピードワゴンの小沢一敬が8日、ツイッターを更新。前夜、地震の影響を受け「階段で28階から降りた」と明かし、一夜明けたこの日は「今両足は使い物にならない」とつぶやいた。

 前夜、東京・埼玉では震度5強を観測する大きな地震があった。都内でも水道管が破裂したり、日暮里舎人ライナーが脱線するなど、さまざまな影響が出ている。

 小沢はどうやら地震の頃に高層ビルにいたようで「昨日階段で28階から降りたこと」とツイッターで切り出した。高層ビルではエレベーターがストップした可能性が高く、小沢も階段を使わざるを得なかったようだ。

 「とても時間がかかったこと。外に出てしばらく座って汗がひくのを待ったこと」と、かなりの時間、体力を使ったことも明かし「今両足は使い物にならない」とダメージを告白していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/808a333e6cd9bf481dc1efa655ef6981a1b53894


【『スピワゴ・小沢』階段で28階を降り「今両足は使い物にならない」wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ