人生


『藤井フミヤ』「人生最高レストラン」でチェッカーズ時代の思い出、美空ひばりとのデート秘話明かす


藤井 フミヤ(ふじい フミヤ、本名及び旧芸名:藤井 郁弥(読み同じ)、1962年(昭和37年)7月11日 - )は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。福岡県久留米市出身。所属事務所はヤマハ音楽振興会、スリースタープロ(共にチェッカーズ時代)を経て、現在は個人事務所の株式会社FFM。
58キロバイト (4,559 語) - 2022年6月18日 (土) 21:08


フミヤさんのようなイケおじがステキ(*´ω`*)

【『藤井フミヤ』「人生最高レストラン」でチェッカーズ時代の思い出、美空ひばりとのデート秘話明かす】の続きを読む


広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年〈昭和55年〉7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名:廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCANDLE JUNE。高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒロスエブーム」を巻き起こし、ややボーイッ
66キロバイト (8,926 語) - 2022年6月13日 (月) 21:18
人間には平等に大殺界がやってくるから・・・

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/14(火) 10:16:08.25
6/14(火) 10:04
スポニチアネックス

広末涼子 人生最悪だった27歳 何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…

 女優の広末涼子(41)が13日放送のフジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」(後11・00)に出演。人生の最悪だった時期について明かした。

 人気占い師の星ひとみ氏から「2007年、破壊と鎮星の年」との鑑定を受け、広末は「2006年とか07年は私、人生最悪で、いつも高いところに行ってましたね。“よく生きていた”と思います、私も。私、運動神経悪かったら“落ちてるな”とか、高いところに行っていた時期。悩んだり落ち込むタイプじゃないから、とにかく勉強して回避しようと思って」と人生のどん底だった時期を告白。具体的に「(何があったかは)全然言えないですね。ちょっとキャラクター変わっちゃう。人生にはいろいろありますよね」と苦笑した。

 それでも「信じていた存在が信じられなくなるから」とも。星氏は「本当は寂しがり屋。何かに没頭していれば大丈夫。子どもがいなくてスイッチが切れていた場合よ。(息子は)自分の分身で守ってくれる味方」との指摘に、広末も「本当に良かったです、長男がいてくれて。一番…やっぱり一番の存在だから、そこから自分も成長しなきゃなっていうか」と明かした。

 星氏はその時期を境に「流れが変わっているのですごくよくなっている。常に忙しくしていたほうが良い」とし、「人のため、誰かの為じゃないと頑張れない」とアドバイス。広末は「そうかもしれないです。デカルトの言葉で“自分は考えるから自分があるん”って言葉に対して、どういう終着点で文章がいくかなと思ったら“他者があるから自分がある”って私は結論になって、お芝居も見てくれる人がいないと、意味がないし、監督がほめてくれたり、スタッフが喜んでくれるから、“頑張りたい”と思うし、家事・育児も自分のためじゃなかったりするから」とした。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/34e1153e04c18d189238da7bebb622d6ba8e7df3

【『広末涼子』人生最悪だった27歳、何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…】の続きを読む


北川 景子(きたがわ けいこ、1986年8月22日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。スターダストプロモーション所属。明治大学商学部卒業。夫はBREAKERZのボーカルで歌手、タレントのDAIGO、義理の母方の祖父は第74代内閣総理大臣の竹下登、義理の父方の祖父は実業家の内藤用一郎、義姉は漫画家の影木栄貴。
62キロバイト (8,158 語) - 2022年5月4日 (水) 13:13
景子ちゃんの実写版セーラームーン、可愛かったよね~(^_-)-☆

1 冬月記者 ★ :2022/05/17(火) 20:58:18.90

https://news.yahoo.co.jp/articles/3208d20ba1f9a6c3430dec70a3399e9022fc56cb

<北川景子>人生変えた「セーラームーン」時代を回顧 劇場版「アンパンマン」公開アフレコイベント


 女優の北川景子さんが5月17日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」(矢野博之監督、6月24日公開)の公開アフレコイベントに登場。

 今作で変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンの声を演じる北川さんは、ドロリンが劇中で成長を遂げていく内容にちなんで「これまでの人生で一番成長できた、ターニングポイント」を聞かれると「やっぱり、この世界に入ったときの一番始めのお仕事は、すごく自分の人生を変えた」と回答。

 デビュー作となる2003~2004年に放送された特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」の名前を挙げて当時を振り返った。

 北川さんは、同ドラマについて「その前までは普通の学生だった自分が、『セーラームーン』という作品でデビューさせてもらって、特撮なので1年間(撮影を)やるんです。初日は何も知らない学生ばかりだけど、そこからしごかれて、最後には撮影の段取りだったりお芝居のことだったりを勉強させてもらって終わる」と回顧。続けて「この1年間で鍛えてもらったことは、すごくいい経験だったなと思います」としみじみと語った。

 声優の仕事は久しぶりだったという北川さんは、アフレコについて「男の子の声だったので、そもそもどうやって出していこうか……ということがすごく難しかった。『早く終わらせてしまいたい』と思っているのか、早口になりがちだったみたいで、絵にちゃんと(声を)はめるのが難しかったなと思います」と苦労を告白。

 イベントでは公開アフレコが行われ、報道陣の前でアフレコに臨んだ北川さんは「思ったよりすごく近くにみなさんいらっしゃるので、恥ずかしいなと……すごく緊張しました」と感想を明かし、「あと10回ぐらいやりたい。もうちょっとうまくやれそうな気がする」と苦笑いで語っていた。

 「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)の33作目となる劇場版最新作。オバケたちの街・オバケタウンの変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンとアンパンマンたちが大冒険を繰り広げる。北川さんがドロリン、お笑いトリオ「ジャングルポケット」がオバケタウンの町長と側近の声を演じる。

 イベントにはお笑いトリオ「ジャングルポケット」も出席した。 


【『北川景子』人生変えた「セーラームーン」時代を振り返ってwwwww】の続きを読む


長男中山翔貴は2022年に俳優として芸能界デビューした。 実家は工場「中山縫製」を経営していた。中山も少年時代に永谷園のお茶漬けの袋詰を手伝った事がある。当時工場では歌謡曲をBGMとして流した状態で従業員が仕事をしていた。中山
57キロバイト (8,251 語) - 2022年4月5日 (火) 23:15
なかなか骨のある若者だよね(*´ω`*)これからが楽しみ(^_-)-☆

1 湛然 ★ :2022/04/06(水) 05:05:40.22

中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボール
4/6(水) 4:00 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/8878713094af800a5296a68756cbf3c5d4651b88
高校時代はエースとして活躍した中山翔貴は投球フォームを披露(撮影・久冨木 修)        

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 タレントの中山秀征(54)と元宝塚トップ娘役の白城あやか(54)の長男、中山翔貴(23)が芸能界デビューすることになった。8日スタートのテレビ東京ドラマ「しろめし修行僧」(金曜深夜0・12)に出演する。大学まで野球漬けだった青山学院の元エースは「やると決めたことは追求してやっていきたい」と全力投球を誓った。(飯尾 史彦)

 母親に似て目鼻立ちがしっかりした小顔のイケメン。丸刈りにしているのはドラマで修行僧を演じるためで、高校以来だという。青学カラーを想起させる青緑(ターコイズブルー)のジャケット姿。「意識したわけじゃないんです。(初等部から)16年間の青学愛がそうさせるのかもしれませんけど」と、父親似の人懐っこい笑顔を向けた。

 ドラマではお笑いトリオ「ハナコ」の岡部大(32)が演じる主人公の弟役。初めて演じたのは、段ボールを置くだけというシーンだったが、まさかのNG4連発だった。「決まった位置に全然置けないんです。右に左にずれて“カット!違う”と。どんどん追い込まれて脇汗がどんどん出てきました」と洗礼を受けた様子。このシーンを岡部らに面白おかしくちゃかしてもらったことで「気楽にできるようになりました」と感謝する。

 小学生で野球を始め、高校、大学とエースだった。芸能に興味を持ったのは高校3年だった16年。白城の主演舞台「エリザベート・スペシャルガラコンサート」を生観劇し、普段決して自分の仕事のことについて話さない母親の迫力ある演技に「格好いい」と憧れを感じたという。

 大学野球では腰を痛めた影響で下手投げに転向。突如自分の思い通りプレーができなくなる症状「イップス」を経験し、次第に野球に自信を失っていく中で、気持ちは芸能界に傾いていった。父親は「好きなことをやりなさい。その分、責任は持ちなさい」と応援してくれたという。昨春卒業して以来、演技や発声などのレッスンを積んできた。

 学生時代は明るく、ひょうきんな性格で人気者だった。ドラマでもそのキャラクターが生きているシーンがあり「父親譲りなのか、全力でふざけることは得意だなと思います」と、仕事を遊びのように楽しむ“ヒデイズム”を踏襲。一方で「親の名前で生きていくことなく、まずは一人の中山翔貴という役者を知ってもらえるように頑張りたい」と抱負。マウンドで培った度胸を武器に芸能界の荒波にも立ち向かっていく。

 ◇中山 翔貴(なかやま・しょうき)1999年(平11)3月18日生まれ、東京都出身の23歳。青学大経営学部卒。小学1年から野球を始め、ポジションは投手。高校では東京都ベスト16、大学では東都2部リーグ優勝で7年ぶりの1部昇格に貢献。父・秀征と同じワタナベエンターテインメントに所属。歌が好きでカラオケの十八番は浜田省吾の「MONEY」。4兄弟の長男。次男も投手で、昨年は青山学院高校野球部主将を務めた。1メートル80、66キロ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【『中山秀征』長男・翔貴が芸能界デビュー!テレ東ドラマで役者人生プレーボール】の続きを読む


『小池栄子』「騙された」からの逆転人生 野田社長が回顧「グラビアでの本気度」


小池 栄子(こいけ えいこ、1980年11月20日 - )は、日本の女優、タレント。本名、坂田 栄子(さかた えいこ) 、旧姓は小池。東京都世田谷区出身。夫はプロレスラーの坂田亘。 元イエローキャブ所属。イエローキャブの系列会社だったサンズ(後のサンズエンタテインメント)に所属していたが、2004年
61キロバイト (7,811 語) - 2022年3月10日 (木) 23:22


デビュー当時からの弛まぬガッツに脱帽だよね(*´ω`*)

【『小池栄子』「騙された」からの逆転人生 野田社長が回顧「グラビアでの本気度」】の続きを読む

このページのトップヘ