トラブル


『コムドット』コンビニの“騒音トラブル報道”に「パーティーや夜会ではない」wwwwww


コムドットは、日本の東京都西東京市に拠点を置く、5人組のYouTuber。メンバーはやまと、ゆうた、ゆうま、ひゅうが、あむぎり。YouTubeチャンネルとしてメインの「コムドット」、サブの「オフドット」が存在する。 2018年10月結成。リーダーのやまとを中心に「地元ノリを全国へ」をスローガンに掲げて活動している。
12キロバイト (981 語) - 2021年9月14日 (火) 08:59


TVで観ないけど、有名な5人なんだね(*´ω`*)

【『コムドット』コンビニの“騒音トラブル報道”に「パーティーや夜会ではない」wwwwww】の続きを読む


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GACK
71キロバイト (5,875 語) - 2021年9月9日 (木) 03:33


苦労が絶えないね(*´ω`*) お大事にしてください(*^_^*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/14(火) 08:45:19.31 ID:CAP_USER9.net

9/14(火) 6:02配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.

〈一時は命にも関わる状態に陥りました。(中略)現段階では声を発する仕事の続行は不可能…。(中略)活動再開に向けて治療に専念する予定です〉

 9月8日、歌手で俳優のGACKT(48)が、体調不良のため無期限で芸能活動を休止すると発表した。所属事務所は、冒頭のとおりその症状を公式サイトで明らかにしている。これを受け、主演映画『翔んで埼玉』を配給する東映は、続編製作の休止を発表。芸能界からも心配する声が寄せられているーー。

 だが、そんなGACKTに対し怒りを露わにする人物がいる。彼の仕事仲間だった、X氏だ。

「活動休止発表当日、私の知人はGACKT本人と電話で会話できたそうですよ。これで『仮想通貨』の件がうやむやになるとすれば許せません」

 X氏は、GACKTがコアメンバーとして名を連ねる仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の代理店関係者だ。

「スピンドルは、*スターという運営会社が2017年にスタートさせた仮想通貨です。GACKTは同社のアジア・ストラテジック・アドバイザーという肩書でした」

 GACKTは広告塔として熱心に活動していた。*スターの関係者からスピンドル購入の勧誘を受けたという投資家が語る。

「『株でいえばインサイダー取引』という文言とともに、今後、価値が64倍~120倍になると謳う資料を見せられました。なぜかGACKTと阪神の糸井嘉男選手が写る写真つき。スピンドルの説明会に行けば、GACKTと直接会えるという話でした」

 実際にX氏は、GACKT本人から勧誘されたことで代理店になることを決意した。

「代理店は、スピンドルを上場前に買う顧客を集めるのが仕事です。顧客の投資額の25%を報酬としてもらえます。私は実際に数十人の顧客から合計1000万円近く、集めることができました」

 上場前に総額で200億円以上を集めたスピンドル。ところが、いざ2018年5月に上場すると、事前の謳い文句とは真逆にその価値は大暴落し、投資家たちに多額の損害を与えた。上場前には最高で1スピンドル=200円の価格で販売されていたスピンドルだが、現在、取引所での価格は1円以下の低迷を続けている。

「GACKTは、広告塔としての報酬や、上場直後に売り抜けたおかげで、約17億円もの利益を得ているそうです。ところが私が集めた顧客は全員損失を出しました」(X氏)

 当然、GACKTには、彼を信用して投資した人たちからの苦情が殺到している。

「GACKTや*スター社の元社長と、代理店や顧客らが参加するグループLINEがあるのですが、顧客が『どうなっているのか』と運営側を問い詰めるメッセージを書くと、元社長により強制的にグループから退会させられてしまうんです。60人の参加者がいたのに次々退会させられ、今は48人だけ。そして今回の休業発表です。復帰したらこの問題に正面から向き合ってほしいです」(同前)

 スピンドルの暴落で損失を出した顧客に対し、GACKTが直接、謝罪したこともあるという。ある芸能関係者は次のように明*。

「大阪・北新地のクラブでその場に居合わせた音楽関係者の知人から聞きました。2019年の3月ごろ、スピンドルに約1800万円を投資した不動産会社の社長が、暴落を受けて『いったいどうなっているんだ』と問い詰めたようなんです。

 すると、GACKTが友人らを引き連れてクラブに謝罪に来たんです。関係者の目の前で『すみませんでした。俺が全部悪いんだ』と言って土下座までしたそうです」

 土下座での謝罪についてGACKTの所属事務所に確認すると、「その時期は海外に居て、来日した事実も大阪に行っていた記録もありません」と全面的に否定した。

 仮想通貨専門誌の記者はこう分析する。

「これほど多くの損失が出ても、投資家たちが事を荒立てなかったのは、GACKTさんが、苦情の電話であろうと自分の携帯にかかってくれば、必ずワンコールで出て謝っていたから。体調のせいでGACKTさんが対応できなくなり、スピンドル問題が再燃しなければいいですが……」

 早く復帰して、投資家への “一流” の謝罪行脚を続けてほしい。

(週刊FLASH 2021年9月28日・10月5日号)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/334986782cf0cbef87b1e137f2b6fe0872e008a0


【『GACKT』活動休止の裏で “仮想通貨トラブル再燃” か?LINEで苦情殺到】の続きを読む


松居 一代(まつい かずよ、1957年6月25日 - )は、日本の元タレント、元女優、投資家、YouTuber、ブロガー。本名同じ。滋賀県近江八幡市出身。近江兄弟社高等学校卒業。所属事務所は松居一代事務所。 1979年に『11PM』(よみうりテレビ)の、いわゆる“大阪イレブン”のカバーガールとして
16キロバイト (1,934 語) - 2021年6月16日 (水) 08:48


松井さん、相変わらずお忙しそうですね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/15(日) 22:38:30.48 ID:CAP_USER9.net

8/15(日) 17:54配信
東スポWeb

松居一代

 タレントの松居一代(64)が14日、ブログを更新し、〝ご近所トラブル〟に遭っていることを示唆した。

 松居はブログで「うちのご近所はただ今、建設ラッシュなんですよ」と切り出す。自身が住む高級住宅街で、戸建ての建設が続いているという。

 それらの建設現場では、「ヤマ止め」「土留(とどめ)」と呼ばれる、土を掘った後に崩壊を防ぐための施工がされているが、松居の自宅近くのある建設現場では「広範囲に土を掘りながら掘りっぱなしの状態です」とヤマ止めがされていないと指摘。業者側は松居サイドにヤマ止めすると約束しながら、それを守らず工事を続けていると主張し、「嘘ばっかりですよ」と疑問を呈した。

 関東地方でも大雨が続いており、「地盤がゆるんでいますからかなり心配をしているんです」と気をもんでいる。

 さらに同日のブログでも、「約束をしておきながらいい加減な工事をするものです」と厳しく指摘。業者に質問状を送付したことを明かした上で、ブログには質問状も添付した。

 質問状では「ヤマ止めの作業をしないまま、約1メートル40センチは掘っておられます。これはどういうことですか」と追及。「大至急、どうして約束通りにヤマ止め作業をしないのか回答をして下さい」と求めている。

 ブログでは15日現在で、〝ご近所トラブル〟の進展状況は報告していない。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ee8a5b2e9620af5ba4d6524c1654eb44fdde329


【『松居一代』ご近所トラブル報告「雨中の建設工事をめぐって業者側に質問状を送付 」www】の続きを読む



(出典 i.pinimg.com)


夫婦喧嘩は犬も食わないっていうけど、ほどほどにね(*´ω`*)
今は、夫婦じゃないのか…

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/09(金) 12:28:58.72

4/9(金) 11:19
東スポWeb

小林礼奈 元夫「流れ星」瀧上とトラブル「生きてることに疲れた…」
小林礼奈
 お笑いコンビ「流れ星」のTAKIUEこと瀧上伸一郎(42)と昨年10月に離婚したシンママタレントの小林礼奈(29)が8日夜、公式ブログを更新。悩める胸中を打ち明けた。

 小林は「ちょっと もうしんどいや。生きてることにも疲れた 辛い」とメッセージを残しており、フォロワーからは「大丈夫ですか?」「心配しています」「あなたの味方はたくさんいますよ」「いつも応援してるよ」「ありのままの自分を許してあげて」など、励ましのコメントが殺到した。

 事の発端は7日の面会交流。瀧上が一人娘を昼から午後9時半まで預かる予定だったが、小林が引き取りに現れず「23時過ぎてもまだ連絡ありません 仕事の打ち上げだそうです。このコロナの中打ち上げ!?」とブログで不満をブチまけた。

 都内の飲食店はコロナ禍の時短要請により、原則午後9時まで。まん延防止措置で午後8時までとなる。理解不能の言い訳に、瀧上は「娘が眠そうにしています。僕も21時半過ぎから予定がありました いやー!相変わらずぶっ飛んだ元嫁ですわ」と憤りを隠せない様子。娘と過ごす時間が伸びたことを喜ぶ節はなく、元妻に怒りをぶつけた。

 その後、小林は育児疲れから解放され、リラックスして寝過ごしたとして、瀧上に謝罪。モラハラ気質で弁の立つ瀧上に対し、面会の日にリラックスしたいと言いだしにくく、仕事の打ち上げとウソをついたのだという。小林いわく、養育費を受け取れず、SNSやイメージDVDなどで日々の生活費を稼ぐために奔走し、疲労困憊なのだとか。

 小林は「人をイライラさせてしまったり遅刻したり、物忘れしたりする節があります」「きっと治らないでしょう治そうとして努力してもまた忘れます」「生きづらいです」と告白し、自らがADHD(注意欠陥・多動性障害)の可能性があると明かしている。

 また、瀧上はこのところ、営業の穴埋めに始めた“オンラインホスト”(10分3500円)が当たっているうえ、投資家として太陽光パネル4基(2000万円×4)で利回り10%を稼ぎ、千葉県に利回り8%のアパート1棟(9000万円)を所有している。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1c0f3a235fab965973dafc554788d2aa6440bc5


【『小林礼奈』「もうつかれたよ」元夫「流れ星」瀧上とトラブルwwwww】の続きを読む


菊川 (きくかわ れい、1978年2月28日 - )は、日本の女優、タレント。埼玉県さいたま市緑区出身。オスカープロモーション所属。夫は実業家の穐田誉輝。 1997年、大学2年生の時に東京・新宿でスカウトされる。1998年(平成10年)にモデルデビュー。グラビアモデル、女性ファッション誌
40キロバイト (4,929 語) - 2021年1月26日 (火) 03:48



(出典 tsuru.top)


怜ちゃん、いろんな噂があるけど、大丈夫かなぁ(*´ω`*) 

1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/13(土) 21:53:47.65 ID:CAP_USER9.net

 フリーアナウンサー・小川彩佳の夫で医療ベンチャー「メドレー」の元代表取締役・医師の豊田剛一郎氏の不倫騒動が世間をにぎわせている。8日発売の『週刊ポスト』(小学館)では、豊田氏と3年ほど前に知り合ったという相手女性が不倫の内情を赤裸々に暴露。豊田氏とのなれそめ以外に痴情のもつれまで飛び出す始末。さらには、20年10月の沖縄旅行に関して「素敵な夜だった」など聞くにたえない話を連発し、小川アナを挑発した。

 セレブ夫を持った妻の宿命なのか、芸能界でも同じようなスキャンダルも少なくはない。2017年4月に女優の菊川怜と結婚したITサービス業『クックパッド』の元社長で実業家の穐田誉輝氏も世間を騒がせた1人だ。

 菊川というと、1997年、大学2年の時にスカウトされ、98年にグラビアデビューし、ファッション誌『Ray』(主婦の友社)の専属モデルとして活躍。同年、『東レキャンペーンガール』に選出されると99年放送のドラマ『危険な関係』(フジテレビ系)で女優デビューした。“東大卒”の肩書が活動の幅を広げ、女優以外にもCMや様々なジャンルの番組に出演。02年から7年間、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)のキャスターを務め、12年には『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)のサブ司会に就任した。

 菊川は2017年9月をもって同番組を卒業。以降は家庭に専念するとしてメディアへの露出を控えた。だが、少し違う事情があったようだ。

 >>後輩タレントとの“ゲス不倫”に小倉優子が怒り狂った? 慰謝料を拒否したワケは【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】<<

 同年5月発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、穐田氏は12年に内縁女性2人の間に婚外子を同時期にもうけていたという。さらに、内縁女性の1人が“同時進行”だったという事実にショックを受け、一時は自殺までも考えたと報じられた。

 「3人の婚外子のほかに同月、『文春』は“4人目の婚外子”の存在を報じ、メディアは穐田氏の関係女性に対する冷酷な振る舞いなどを紹介。同年8月発売の『女性自身』(光文社)では、まさに青天の霹靂だった菊川がかなり取り乱したとも。菊川に対する世間の目も冷ややかなもので、婚外子が原因なのか、結婚当初から夫婦は別居していたとか。メンタル面でも相当ヤラれていた菊川はメディアに出ることが苦だったといいます」(芸能ライター)

 ところが2019年1月、穐田氏が前妻と婚姻中だった04年から不倫関係にあった婚外子母の1人で17歳年下の女性が婚外子への養育費未払い分の損害賠償支払いを求め、穐田氏を東京地裁に提訴したことが『週刊新潮』(新潮社)に報じられたのだ。

 「女性は17歳の時に妻帯者の穐田氏と不倫関係になり、大学4年時に妊娠したとか。その数カ月後に穐田氏は前妻と離婚しましたが女性とは結婚せず、女性は別の男性と結婚したよう。穐田氏との関係は切らずに2011年まで7年にわたって不倫関係に。やがて女性はシングルマザーとなり17年11月に穐田氏が子どもを認知し、5000万円の養育費が発生した。ところが、菊川と結婚後の17年以降は支払っておらず、養育費を求めた調停の席にも穐田氏は一度も顔を出さなかったそうです」(前出・同)

 そんな穐田氏に菊川の父は、「(菊川は)全部分かった上で彼と結婚しています」と同誌の取材に対し証言している。

 離婚がささやかれるも2020年12月、夫婦に第二子が誕生。どうやら菊川は腹を据えたのか、離婚は回避したとみられる。 『とくダネ!』で結婚を発表した際、番組司会の小倉智昭アナは「本当にそのへんにいるような人じゃないです。大変だと思う」と穐田氏を評価。総資産200億円ともいわれる穐田氏はたしかに逸材。だが、違った意味で妻は大変だろう。

https://news.livedoor.com/article/detail/19692060/
2021年2月13日 21時0分
リアルライブ


【『菊川怜』実業家夫に4人の婚外子? 未成年女性ともトラブル、養育費も未払いかw】の続きを読む

このページのトップヘ