オーストラリア


FCは平均観客動員数1万5千人)。Aリーグは、移民のスポーツであり、マイナースポーツであるとのオーストラリアのサッカーのイメージを一新させることに成功した。 一般的にサッカーの発展には、「国内リーグ」の成長と「代表」の強化の両輪が必要である。Aリーグが発足した次は代表強化であった。オーストラリア
19キロバイト (2,605 語) - 2022年11月5日 (土) 02:34
オーストラリア、やったね(^_-)-☆

1 久太郎 ★ :2022/12/01(木) 01:56:50.58ID:0Kjg12I19
 FIFAワールドカップカタール2022・グループD第3節(最終節)が30日に行われ、オーストラリア代表とデンマーク代表が対戦した。

 オーストラリア代表は初陣で“王者”フランス代表と対戦。開始9分でクレイグ・グッドウィンが先制ゴールを決めたものの、その後は押し込まれる展開が続き、終わってみれば1-4と大敗を喫した。続く第2節ではファジアーノ岡山で活躍しているミッチェル・デュークの得点を守り切り、チュニジア代表に1-0で勝利。勝てば文句なしで決勝トーナメント進出を決められる状況で最終節を迎えた。一方、デンマーク代表は初陣のチュニジア代表戦は最後まで得点を挙げられず、スコアレスドローで終了。第2節ではフランス代表と善戦しながらも1-2で敗れ、崖っぷちの状況で最終節に突入している。勝利した上で、他会場でチュニジア代表が引き分け以下で終わった場合、得失点差などを考えずに決勝トーナメントに駒を進めることができる。

 オーストラリア代表は前節からスターティングメンバーを1名変更。初戦はナサニエル・アトキンソン、2試合目はフラン・カラチッチが先発していた右サイドバックのポジションに、ミロシュ・デゲネクが入った。一方、デンマーク代表は前節から先発3名を入れ替え。マティアス・イェンセン、アンドレアス・スコフ・オルセン、マルティン・ブライトバイテがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からデンマーク代表のペースで進む。11分、中央の縦パスをワンタッチで繋ぐと、イェンセンがフリーで抜け出す。ボックス右からフィニッシュまで持ち込んだものの、得点とはならない。19分には左サイドを駆け上がったヨアキム・メーレが深い位置まで侵入し、グラウンダーでマイナスに折り返すも、ここはオーストラリア代表の“守護神”マシュー・ライアンがセーブしてゴールを許さなかった。

 対するオーストラリア代表は数少ないカウンターでゴールを狙う展開に。41分、ボックス手前に引いてボールを引き出したデュークがミドルシュートを狙ったが、この一撃はGK正面へ。前半はこのままスコアレスで終了している。

 後半に入ると徐々にオーストラリア代表が押し上げられる時間帯を増やしていくも、基本的にはデンマーク代表が試合の主導権を握る。それでも60分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪ったところからカウンターを発動。デュークがポストプレーで左サイドにはたくと、開いた位置でボールを受けたライリー・マッグリーが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマシュー・レッキーは2人のDFと対峙するも、深い切り返しから左足でフィニッシュ。シュートはDFの股を抜けてファーサイドに吸い込まれ、ここまで劣勢だったオーストラリア代表が先手を取った。

 その後は1点が必要なデンマーク代表が前に出るも、オーストラリア代表は中央を固め、最後の最後で自由なフィニッシュを許さない。最後の最後まで攻撃を続けたものの、デンマーク代表は最後まで1点が遠く、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 この結果、オーストラリア代表は今大会2勝目を手にし、他会場の結果を待たずにグループ突破が確定。2006年開催のドイツ大会以来、4大会ぶりに決勝トーナメントへ駒を進めることとなった。一方、デンマーク代表は未勝利で大会を去ることが決まっている。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループDを2位で通過したオーストラリア代表は3日、グループCを首位通過したチームとの一戦に臨む

【スコア】
オーストラリア代表 1-0 デンマーク代表

【得点者】
1-0 60分 マシュー・レッキー(オーストラリア代表)

【スターティングメンバー】
オーストラリア代表(4-4-2)
GK:ライアン
DF:デゲネク、サウター、ロールズ、べヒッチ
MF:レッキー(89分 フルスティッチ)、アーバイン、ムーイ、グッドウィン(46分 バッカス)
FW:デューク(82分 マクラーレン)、マッグリー(74分 ライト)

デンマーク代表(4-2-3-1)
GK:シュマイケル
DF:R・クリステンセン(46分 バー)、アンデルセン、A・クリステンセン、メーレ(69分 コルネリウス)
MF:ホイビュルク、イェンセン(59分 ダムスゴー)、スコフ・オルセン(69分 スコフ)、エリクセン、リンドストロム

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa086dc4a13cb84d31ef5a100568427f47c90f2

【『オーストラリア』W杯デンマークを制し4大会ぶりに決勝T進出!】の続きを読む


『フランス』4対1でオーストラリア制し史上3チーム目の大会連覇へ好スタート


クープ・ドゥ・フランス(Coupe de France)は、フランスのサッカーのカップ戦の名称。フランス・カップおよびシャルル・シモン杯とも呼ばれる。 イングランドのFAカップと同様に、フランスサッカー連盟(FFF)に登録しているすべてのクラブ(グアドループ、フランス
20キロバイト (728 語) - 2022年7月31日 (日) 14:47


フランスも強いなぁ(*´ω`*)

【『フランス』4対1でオーストラリア制し史上3チーム目の大会連覇へ好スタート】の続きを読む


倉沢 淳美(くらさわ あつみ、1967年4月20日 - )は、日本のタレント、歌手、女優。神奈川県相模原市出身。堀越高等学校→日本女子体育短期大学保育科卒業。 出生地は川崎市。4歳の時に川崎市から相模原市へ移る。小学生時代はサッカーをやっていた。小学5年生から中学2年までピアノを習っていたこともあ
21キロバイト (1,972 語) - 2021年10月25日 (月) 09:51


お母さんに似て可愛いね(^_-)-☆ 頑張ってほしいなぁ(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/24(水) 07:19:34.74

11/24(水) 5:00配信
ENCOUNT
オーストラリア育ち、トロント大卒のケイナ、森田健作のラジオ番組で思い明*

元「わらべ」倉沢淳美(右)と22歳長女・ケイナさんの2ショット【写真:所属事務所提供】

 元「わらべ」のタレント倉沢淳美(54)の長女ケイナさん(22)が、来年から日本で芸能活動をすることが23日、分かった。この日、前千葉県知事のタレント森田健作(71)がパーソナリティーを務めるFM NACK5「森田健作 青春もぎたて、朝一番!」(日曜午前5時30分)の12月分の収録が行われ、倉沢がゲスト出演。ケイナさんも電話出演し、「日本での芸能活動に興味があります。頑張っていきたいです」などと語った。

「わらべ」は、1980年代に人気を博したテレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!?」の出演者女子3人による人気ユニットで、楽曲「めだかの兄弟」「もしも明日が…。」をヒットさせた。倉沢はソロでアイドル歌手デビューを飾り、この日は森田も「コンサートを見に行った」ファンだったことを明かした。

 その後、倉沢は95年にオーストラリア人男性と結婚。シドニーでケイナさんを含めて3児(長男=26、次男=21)をもうけ、現在はドバイで生活している。コロナ禍でなかなか出国できなかったが、今回は約2年ぶりの帰国となり、ケイナさんはドバイから電話出演。スタジオが笑いに包まれるほどの明るさで、森田さんが「ドバイに行きたくなったよ〜」と伝えると、「いいよ。おいで、おいで〜」と返すなどした。

 もっとも、素顔はカナダのトロント大で、環境科学と都市計画を学び、今年6月に同大を卒業。現在はドバイで働いているが、来年からは日本でキャリアを生かせる仕事をしながら、芸能活動を始める意向を持っている。4年前の2017年にはプレイボーイで水着グラビアも披露しており、倉沢は「大学も自分で考えて選びましたし、日本で活動したい思いがあるなら、それもいいと思います。私も50代前半ですし、娘に引っ張られて頑張ります」と賛同。ケイナさんの所属事務所も、倉沢と同じリバティーハウスを予定している。

 倉沢が出演した収録分は、12月5日から同番組で4回に分けて放送される。なお、倉沢はこの日、ニッポン放送「森田健作 青春の勲章はくじけない心」(日曜午後6時20分)の収録にも参加。「わらべ」時代を含め、多忙だったアイドル時代の裏話やドバイでの生活、ケイナさんのことなどを語った。この模様は12月6日と同27日の放送分で披露される。

○ケイナ 1999年1月5日、オーストラリア出身。オーストラリア人の父とタレント倉沢淳美との間に長女として、シドニーで生まれ、幼少期をゴールドコーストで過ごす。12歳で父の転勤でUAEのドバイに移り住む。2017年9月、カナダのトロント大に進学。環境科学と都市計画を専攻し、国連が掲げるSDGsの専門家でもある。テレビ番組の出演歴は、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」など。扱える言語は、英語、フランス語、日本語。インスタグラムのフォロワー11.8万人。159センチ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0406668c8c179fab7f4745b8a2802517923fa87


【『ケイナ』元「わらべ」倉沢淳美の長女、オーストラリア育ちの22歳が芸能界デビュー】の続きを読む

このページのトップヘ