『おいでやす小田』


おいでやす小田おいでやすおだ、1978年7月25日 - )は、日本のお笑い芸人。本名は小田 芳裕(おだ よしひろ)。吉本興業東京本社所属。お笑いユニットおいでやすこがのツッコミ担当。相方はこがけん。京都府文化観光大使に任命されている。 京都府京都市出身。東京都狛江市在住。京都府立北稜高等学校卒。他
20キロバイト (2,666 語) - 2021年7月12日 (月) 03:14


芸でも、切れるのは気分良くないよね(*´ω`*)

1 Anonymous ★ :2021/07/23(金) 13:51:54.26 ID:CAP_USER9.net

2021.07.23 11:01
https://myjitsu.jp/archives/294497

タレントの若槻千夏が7月20日放送の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ)に出演。お笑いユニット『おいでやすこが』のおいでやす小田の芸風に困っていることを明かし、ネット上では多くの共感の声が寄せられている。

番組で若槻は、「うちの3歳の息子が、おいでやす小田さんの大ファンで」と切り出し、「家でやってくれるならいいんですけど、びっくりするのが、スーパーとかで駄々こねられたバージョンが小田さんバージョンだとめちゃめちゃ困る」と苦労を語った。

また、子どもから「お菓子買っていい?」と聞かれた際、「1個ならいいよ。2個はダメ」と提案すると「なんで2個じゃダメやねん。1個も2個も変わらんやろ!」と激しく駄々をこねるという。これに若槻は「小田さん自体はおもしろいんですけど、どんどん嫌いになっていく」と胸の内を吐露した。

おいでやす小田の“キレ芸”に辟易する視聴者

番組後半、小田の相方的存在・こがけんも若槻と同様の悩みを告白。『M-1』で披露した歌を歌うと、こがけんの息子から「誰の曲やねん」と大声でツッコミを入れられることに困っていると苦労話を語った。司会の笑福亭鶴瓶は「それめちゃめちゃオモロイ」とスタジオを盛り上げたが、ネット上では

《若槻さんも声大きいと思うけど、小田の場合、キレ芸なのは分かってはいてもちょっとうるさいよね》
《おいでやす小田テレビの音量下げてると面白くないって言われてなかったけか》
《テレビで見ててもなんかしんどい。キレ芸とか時代遅れじゃない?》
《キレてるの見て笑ったことないわ。もうオワコンなんじゃ…》

などといった声が寄せられている。

「ピン芸人同士のユニットとしては、大会史上初めて『M-1グランプリ』ファイナリストまで上り詰めた『おいでやすこが』の2人ですが、最近は2人のネタに視聴者も食傷気味のようですね。こがけんの歌ボケと小田のパワフルなツッコミが特長ですが、面白いと思う人と嫌悪感を抱く人で好みがハッキリ分かれています。もっとも、小田は今年4月から6月にかけて放送されたドラマ『カラフラブル』(読売テレビ)に出演した際も、《ドラマは面白いけど、シンプルに小田さんがうるさい。苦手》などといった声が相次いでいました」(エンタメ誌ライター)

一部からは、「こがけんは料理と歌があるし小田より生き残れるのでは…」などといった声も聞こえてくる。小田もそろそろ路線変更を考えた方がいいのかもしれない。


【『おいでやす小田』“キレ芸”はオワコン? 若槻千夏も「どんどん嫌いに」wwwww】の続きを読む


おいでやす小田おいでやすおだ、1978年7月25日 - )は、日本のお笑い芸人。本名は小田 芳裕(おだ よしひろ)。吉本興業東京本社所属。お笑いユニットおいでやすこがのツッコミ担当。相方はこがけん。京都府文化観光大使に任命されている。 京都府京都市出身。東京都狛江市在住。京都府立北稜高等学校卒。他
20キロバイト (2,666 語) - 2021年7月10日 (土) 20:46


うるさいのはイヤイヤ(*´ω`*)

1 Anonymous ★ :2021/07/11(日) 11:24:30.94

2021.07.11 10:34
https://myjitsu.jp/archives/292200

騒がしいツッコミでお馴染みのピン芸人・おいでやす小田。昨年の『M-1グランプリ』で『おいでやすこが』として準優勝して以降、テレビ露出が増えた彼だが、お得意の〝大声〟が視聴者に不快感を与えているようだ…。

例えば、小田は7月8日放送の『ラヴィット!』(TBS系)にゲスト出演。登場してすぐさま、MCの『麒麟』川島明から紹介を受けても拍手がなかったことに、「拍手もせんようになったやないかい!」と大声ツッコミを入れる。その後も共演者から冷たい態度を取られるたびに、小田は大声を連発。完全に〝いじられ役〟となってしまい、普通の会話以外は事あるごとに声を荒げていた。

そんな小田の大声に、視聴者はウンザリしてしまった模様。しかも同番組が朝の放送ということもあり、ネット上では、

《おいでやす小田、ただの過剰にうるさいヤツ》
《うるさい。芸風かもしれないけど、朝から生放送で大声やめて。不快だわ》
《うるさいだけです。頭が痛くなるだけです。何が面白いのでしょうか?》

などの批判が続出している。

おいでやす小田のツッコミはいつも耳障り!?

「『ラヴィット!』以外でも、小田の声は煙たがられています。6月28日のお昼帯番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に初出演した際、小田の大声に番組レギュラー陣も釣られて声を張り上げるという謎展開に発展しました。ゆったりとしたお昼の番組だけあり、ネット上では《いつものヒルナンデスじゃない》などの指摘が続出。芸風を考えた場合、彼はゴールデン帯や深夜番組などが向いているのかもしれませんね」(芸能ライター)

しかし、朝やお昼の情報番組だけでなく、テレビへ出演するごとに視聴者の反感を買っているようだ。7月6日の夜10時に放送された『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ~SOUDORI~』(TBS系)に出演した際も、小田の大きな声に対して怒りを覚えた人が多かった様子。

もはや時間帯などに関係なく、大声のツッコミは視聴者からの受けが悪いと言えるだろう。人を笑わせるお笑い芸人であれば、視聴者の気持ちも汲み取るべきなのかもしれない。


【『おいでやす小田』“大声ツッコミ”に批判殺到!「過剰にうるさいヤツ」wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ