ドラマ


山下智久のサムネイル
山下 智久(やました ともひさ、1985年〈昭和60年〉4月9日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント。愛称は「山P」。 千葉県船橋市出身、明治大学商学部卒業。 2020年10月まではジャニーズ事務所に所属し、男性アイドルグループ・NEWS(2003年 - 2011年)、ソロとして活動。…
166キロバイト (17,539 語) - 2024年5月16日 (木) 12:30

(出典 m.media-amazon.com)


「プロポーズ大作戦」、懐かしい!長澤まさみと山下智久のキュートな恋愛ストーリーがまた見られるなんて嬉しいですね。

1 冬月記者 ★ :2024/05/16(木) 09:33:16.93 ID:TUfT+RoI9
https://news.yahoo.co.jp/articles/3392b688cf149d0e21975cde70eeea3950c6fbdc

<長澤まさみ>山下智久どW主演務めた「プロポーズ大作戦」 再放送がフジテレビでスタート


 俳優の山下智久さんと長澤まさみさんがダブル主演を務めた、2007年放送の連続ドラマ「プロポーズ大作戦」(フジテレビ系)の再放送が5月16日、スタートする。

 ドラマは、思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤さん)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった岩瀬健(山下さん)が、妖精(三上博史さん)の力を借りて過去に戻って恋の成就を試みるラブコメディー。2007年4月期に“月9”枠(月曜午後9時)で放送された。

 16日の放送は午後1時50分から、関東ローカル。

【『プロポーズ大作戦』再放送スタート!長澤まさみ&山下智久がW主演】の続きを読む


る。後継番組である『とんねるずのみなさんのおかげでした』では、1999年1月3日の正月スペシャル「古畑任三郎 vs SMAP」放送に合わせてパロディ「新畑任三郎 vs 野猿」も製作された。 「古畑三郎(ふるはたけ たくさぶろう)」 『SMAP×SMAP』のコント。第17回(第2シーズン)・第26回…
105キロバイト (13,552 語) - 2024年5月8日 (水) 15:09

(出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)


「古畑任三郎」の地上波一挙放送、楽しみです!30年前に初めて放送された時からずっとファンで、今回改めて楽しめるのは嬉しい限りです。

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/05/16(木) 07:04:24.59 ID:kIaV584R9.net
フジテレビの「ハッピーアワー」枠(※関東ローカル)にて、ドラマシリーズ『古畑任三郎』が5月24日より放送されることが決定した。

2023年10月に番組枠がリニューアルされた「ハッピーアワー」枠では、今話題のコンテンツや懐かしの作品などを楽しんでもらいたいという思いが込められており、過去ドラマのリピート放送だけにとどまらず、テーマが設定されながら「これまでの常識にとらわれない」ラインナップ構成が目指されている。

5月後半は、シリーズ1作目となる連続ドラマ『警部補・古畑任三郎』第1話の放送(1994年4月13日)から30周年を迎えることを記念して、「『古畑任三郎』30周年記念一挙放送!」がテーマに。連続ドラマ3シリーズに加えて、スペシャルドラマシリーズ『笑うカンガルー』『今、甦る死』『フェアな殺人者』『ラスト・ダンス』が放送される。

ドラマ『古畑任三郎』は、田村正和さん演じる主人公・古畑任三郎が、完全犯罪をもくろむ犯人たちの難解なトリックを卓越した推理力で解いていく人気ドラマシリーズ。毎話登場する犯人=豪華ゲストたちの対決が見どころとなった。1994年4月に『警部補・古畑任三郎』としてスタートし、連続ドラマ3シリーズに加えて、数々のスペシャルドラマ、スピンオフドラマなどが制作され、今もなお愛され続ける国民的ドラマとなっている。

なお放送後は、TVer・FODにて1週間の無料配信が予定されている。

柴田尚輝(フジテレビ編成部)コメント
2023年10月の枠のリニューアルからこれまで半年間にわたり、さまざまなコンテンツを皆さまにお届けしてきました。“フジテレビの良質な過去ドラマをみたい”と熱烈なご要望を頂戴することも多く、直近では『救命病棟24時シリーズ』『ガリレオシリーズ』『コード・ブルーシリーズ』など、シリーズを一挙に放送してきました。そんな中、今年で放送開始から30周年を迎えた、ミステリードラマの金字塔とも呼べる作品『古畑任三郎』の一挙見放送をするという答えにたどりつきました。2021年に放送した“フェアな殺人者”、“ラスト・ダンス”、そして同年6月の傑作選の放送後、視聴者の皆様からの本当にたくさんの『古畑任三郎』再放送のご要望をいただきました。30年を越えても色あせない良質なドラマ。当時放送をみていた人も、まだみたことがない人も楽しめる古畑任三郎シリーズをぜひご覧ください!
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3a1c0304b6a827ce1bec5c42c16febbaf063d01

【『古畑任三郎』放送30周年記念、地上波で一挙放送へ】の続きを読む


あぶない刑事』(あぶないデカ)は、1986年10月5日から1987年9月27日にかけて日本テレビ系列で放送された連続テレビドラマ。その後、翌年にはテレビシリーズ第2作『もっとあぶない刑事』が放送された他、映画、テレビスペシャルといったシリーズ展開も行われた。「あぶデカ」または「あぶ刑事」という略称も用いられている。…
81キロバイト (9,044 語) - 2024年5月14日 (火) 18:26

(出典 lozareena.com)


「あぶない刑事」が再放送されるんですね!当時の不適切な表現も含めて再現されるのは、現代から見ると興味深いですね。

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/05/14(火) 22:35:02.37 ID:ZSJGGamK9
2024/05/14 16:59掲載

あぶない刑事 (C)東映・日本テレビ

(出典 amassing2.sakura.ne.jp)


劇場最新作『帰ったきた あぶない刑事』の公開を記念して、日本テレビでは、38年前に放送されたドラマ『もっとあぶない刑事』の神回を、当時の“不適切な表現”のまま再放送。「昭和の伝説『あぶ刑事』神回復活SP」は5月18日(土)放送。



■昭和の伝説『あぶ刑事』神回復活SP

日本テレビ 2024年5月18日(土)夕方 3:55~4:55

劇場版最新作「帰ってきた あぶない刑事」公開を記念して、38年前に放送されたドラマ『あぶない刑事』の神回を放送した当時のまま再放送!舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオルの今と変わらぬ姿、
そして、昭和バブル全盛の世界観は必見!令和のテレビドラマでは見かけない銃撃戦やカーアクションなど見どころ満載!昭和時代の“不適切な”演出表現もお楽しみください!

出演者
舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル ほか

番組ページ
https://www.ntv.co.jp/program/detail/?programid=20240236

https://amass.jp/175124/

【『あぶない刑事』38年前の神回を当時の“不適切な表現”のまま再放送】の続きを読む


1%を記録。40%を上回るのは、2016年10月にビデオリサーチが調査を開始して以降史上初である。 半沢直樹は、「上を目指す」と公言する有能な銀行マン。半沢がバンカーとして頭取を目指すことには、ある理由があった。半沢が中学生だった頃、半沢の両親が経営していた工場が傾いたことで銀行に融資を引き揚げられ、追い詰められた父…
296キロバイト (46,196 語) - 2024年5月11日 (土) 13:10

(出典 www.ntv.co.jp)


「花咲舞が黙ってない」の次回予告に「半沢直樹」が登場するとは驚きです!これまでのストーリーにどんな影響を与えるのか、ますます目が離せません。楽しみが増えました!

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/04(土) 22:35:12.12 ID:fcgfON2q9.net
2024年5月4日 21時54分

 今田美桜主演の日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」(土曜・午後9時)第4話が4日に放送され、11日に放送される第5話で「半沢直樹」が登場することが明らかになった。

 本編後の次週予告では、主人公・花咲舞(今田)や相馬健(山本耕史)らがいる東京第一銀行と別の銀行との間で合併話が進んでいることが明らかに。合併先の産業中央銀行には「半沢直樹」という人物がいることも映像で判明した。

 半沢直樹といえば、花咲舞と並んで、作家・池井戸潤氏が生み出した人気キャラクターの1人。銀行マン・半沢直樹が、様々な汚職や事件に巻き込まれながら対峙していく大人気シリーズの主人公だ。

 今作の原作小説「花咲舞が黙ってない」(中公文庫・講談社文庫)には、中盤から半沢直樹が登場するため、原作通り11日放送の第5話から、ドラマにも半沢が登場することになった。

 同作は地位なし権力なし怖いものなしの花咲舞が弱い立場の人たちのため、銀行内の悪事に真正面からぶつかっていく痛快爽快エンターテインメント作品で、14、2015年放送のドラマが大ヒットした。

 24年版では、前回のドラマ放送後に出版された池井戸氏の新作小説「花咲舞が黙ってない」を原作にした新たな物語を主人公・舞役に今田、舞の相棒・相馬健役に山本、2人の壁となる昇仙峡玲子役に菊地凛子という新たなキャストで制作。他にも飯尾和樹(ずん)や要潤、前シリーズにも出演した上川隆也らがレギュラー出演している。

 ◆11日放送の第5話あらすじ

 花咲舞(今田)と相馬健(山本)の次なる臨店先は山間の静かな温泉地にある眠山支店。老舗旅館の社長から、融資がおりずに困っていると相談を受けた2人は、支店長が納得する事業計画書を作成するために奔走する。再び旅館を訪れた舞と相馬は、思いがけない人物の姿を目撃してしまい…。臨店班の知らないところで、銀行を揺るがす大きな出来事が動き出そうとしている…。眠山温泉の町おこしの命運と町の未来は?

https://hochi.news/articles/20240502-OHT1T51162.html?page=1

(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)

【『半沢直樹』今田美桜主演「花咲舞が黙ってない」に次回登場】の続きを読む


2024年4月より放送開始予定のテレビ朝日系ドラマ『Believe-君にかける橋-』の主人公狩山陸(演木村拓哉)の職業を橋梁設計建築士としていたが、誤り(正しくは技術士または一級土木施工管理技士)であるとの世論の指摘を受け、放送開始まで特に断り無く設計者改めている。本件について脚本を担当した井上由美子の取材不足を指摘する声がある。…
16キロバイト (1,719 語) - 2024年4月19日 (金) 01:46

(出典 www.asahicom.jp)


「濱田龍臣や一ノ瀬ワタル、賀来千香子など豪華なキャストが揃っていて、ますます期待が高まりますね!」

1 muffin ★ :2024/04/20(土) 17:10:33.76 ID:bRlTyu/K9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0142632
2024年4月20日

木村拓哉が主演を務める、4月25日スタートのテレビ朝日系木曜ドラマ「Believe-君にかける橋-」(毎週木曜、よる9:00~9:54)に出演する、濱田龍臣、一ノ瀬ワタル、岩谷健司、市川知宏、尾上寛之、持田将史(s**t kingz)、澤井梨丘、近藤公園、片山友希、小野武彦、賀来千香子ら11名の新キャストが発表された。

本作は、木村演じる大手ゼネコン「帝和建設」の土木設計部長・狩山陸が、刑務所に収容されるという困難に見舞われながらも、諦めることなく希望と再生の道を模索するヒューマンエンタメ大作。先日、竹内涼真、山本舞香、一ノ瀬颯、上川隆也、斎藤工、小日向文世、天海祐希、北大路欣也ら豪華共演陣が発表されたばかりだが、さらなる追加キャストが明かされた。

東京都が心血を注ぐ一大プロジェクト「龍神大橋」の建設に従事し、数年にわたる奮闘の日々を送ってきた狩山。しかしある時、細心の注意を払って設計した橋の建設現場で大人数を巻き込む事故が発生したことで、彼の人生は激動の渦に飲み込まれていく。

受刑者も恐れる区長・林一夫(上川)が目を光らせる「国立刑務所」の処遇部門第3区に、わけあって収容されてしまう狩山。そこで彼は、3人の同房者と日夜を共にすることになる。濱田が演じるのは、暗く謎めいた影をまとう殺人未遂犯・野口ヒロト。オファーを受けた際は「受刑者役は今回が初めてで、すごく緊張していた」という濱田は、「他の受刑者たちとは違うヒロトの背景や思いと、狩山さんと同室に収容されることによって変化していくヒロトの思いを、皆様にお届けしたい」と意気込む。

また、Netflixドラマ「サンクチュアリ-聖域-」(2023年)で一躍脚光を浴びた一ノ瀬が演じるのは、特殊詐欺犯・灰谷耕太。「木村さんがとにかくカッコよくて優しくて面白くて、現場は本当に楽しかったです。カメラが回ってないときは、僕らの103房室はまるで修学旅行の部屋みたい」と頬を緩ませる一ノ瀬だが、劇中ではのっけから狩山に鋭い牙をむくキャラクターに挑む。

そして、灰谷と共に狩山を容赦なく打ちのめそうとする凶暴な強盗犯・赤塚力を演じるのは持田。さらに、尾上が「国立刑務所」処遇部門第3区の主任刑務官・宇崎誠吾役、小野が殺人未遂罪で服役中の元小学校教師・小野俊夫役、岩谷が「帝和建設」の常務取締役・桑原誠役、市川が狩山の妻・玲子(天海)が働く「聖修大学病院」の部下である看護師・北村晴彦役、澤井が入院患者の井本奏美役、近藤が医師・石原進役、片山が国立署の刑事・梶田千佳役で出演。そして賀来が、狩山が尽力してきた「龍神大橋」プロジェクトの舵を取る東京都知事・榛名文江を演じる。


(出典 post.tv-asahi.co.jp)


(出典 post.tv-asahi.co.jp)

【『Believe-君にかける橋-』新キャスト11人発表、濱田龍臣、一ノ瀬ワタルら】の続きを読む

このページのトップヘ