お笑い芸人


田中さん、からだは弱そうだけどね(*´ω`*)

1 湛然 ★ :2021/09/24(金) 05:20:44.38

X‐GUN「ボキャブラ世代」番組ブームの裏側と、爆笑問題・田中裕二の“スゴさ”
2021年9月23日 21時0分 週刊女性PRIME
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab863eab00ae838aa1dc90580e94ed58bcd42bd3
『X‐GUN』西尾季隆(左)、さがね正裕

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



さがね正裕(以下、さがね)「当時は常にダジャレを考えている状態でしたね」

 放送当初は視聴者投稿番組としてスタートした『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)。何度かのマイナーチェンジを経て、1997年から“キャブラー”と呼ばれる若手芸人たちがダジャレネタで競うスタイルになったことで、大ブームに。そんな人気番組で1回も休むことなく番組を盛り上げたのが、X-GUN(バツグン)の2人。

さがね「ボキャブラネタは番組が用意した用紙に箇条書きでフリになるコント部分を書き、最後に言い換える前の言葉とダジャレになる言葉を書く……という方法で作っていました。当時はメールもなかったので、相方とそれぞれ何十枚も手書きして、毎回番組スタッフにFAXで送っていましたね」

西尾季隆(ひでたか)(以下、西尾)「何十個と送った中から厳選された7~8本を収録するのですが、放送されるのは3~4本。相方と自分のネタのどちらが多く採用されたか覚えていないぐらい、とにかく大変でした。ボツになったものも含めると番組終了までにそれぞれ1000本はネタを作ったんじゃないかな」

 スタジオのひな壇に座れる“メジャー”と“チャレンジャー”の入れ替え戦も、番組の見どころの1つ。

西尾「メジャーにいる芸人にかみつくなどテレビに映る方法はあったので、チャレンジャーに落ちてもあまり気にはしなかったですね。ただ、チャレンジャーはカメラが回っていないところでもスタジオの外で立ちっぱなしだったので、体力的にはしんどかったです(笑)」

さがね「自分たちの中では渾身(こんしん)の出来のものがスタジオではウケなかったり、その逆もあったり。ボキャブラネタに関しては最後まで正解がわからなかったですね」

◆流行語「だっちゅーの」はスタッフが

 当時は珍しかった、若いアイドル2人が組んだ『パイレーツ』が番組からブレイク。プロの芸人は、彼女たちの存在をどのように思っていたのか?

さがね「本当にイマドキの女の子たちで、僕らから見たらただの子どもでした。事務所にやらされている感が満載で大変そうだなって(笑)」

西尾「流行語になった“だっちゅーの”という胸を寄せるギャグも、番組スタッフが考えたものだったそうですから」

さがね「完全に別枠という認識だったので、僕らより彼女たちがウケてもまったく悔しくはなかったですね」

 そんな2人が、当時から一目置いていたのが爆笑問題。

西尾「本ネタの漫才だけでなく、ボキャブラネタも抜群に面白かったので、さすがだなって。大ウケするともらえる大座布団をすぐに10枚集めて初代名人になりました*」

さがね「漫才は太田(光)さんが作っているのですが、ボキャブラ用のネタはすべて田中(裕二)さんが作っていたんだよね」

西尾「だから太田さんに会ったときは、“今の爆笑問題があるのは、田中さんのおかげ”とよく言います(笑)。もともと実力は飛び抜けていたけど、この番組で2人を知った視聴者も多いと思うので、田中さんの功績は偉大!」

芸人がアイドル級の人気に

 キャブラーが集結した1997年に富士急ハイランドで行われたイベントには、約1万人のファンが集まるなど社会現象に。当時の盛り上がりをどう感じていたのだろうか。

西尾「芸人の間では意見が二極化していましたね。黄色い歓声が挙がって、ネタをちゃんと見てもらえない……と悩むタイプと、アイドル的な人気を楽しむタイプ。僕らは後者でした(笑)」

さがね「若い女の子たちにキャーキャー言ってもらえるなんて、普通に生きていたらありえないですから」

西尾「僕は当時からデブキャラで単体では人気はなかったので、相方の人気のおこぼれで“トシちゃん気分”を堪能していましたね(笑)」


【『爆笑問題・田中裕二』 X‐GUN「ボキャブラ世代」番組ブームの裏側wwwwwwwwww】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。左利き。
52キロバイト (6,803 語) - 2021年9月19日 (日) 19:17


芸人さんも、踏ん張り時ですね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 13:40:03.40 ID:CAP_USER9.net

9/21(火) 13:34配信
オリコン

松本人志(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が21日、自身のツイッターを更新。ダウンタウン、月亭方正、ココリコらが出演する大みそか恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけない』シリーズについて、15年の節目を迎える今年で休止することを受け、思いをつづった。

 松本は「コロナ禍において【笑ってはいけない】の収録は難しいと去年つよく感じました。クオリティーを下げてまで番組を続けるのは楽しみにしてくれている方々に対して尻より心が痛いです」としたためた。

 2006年の『笑ってはいけない警察24時』を皮切りに、これまで大みそかに「アウト」の声を響かせ、視聴者に笑いを届けてきた。ダウンタウンはそれぞれ58歳、月亭方正は53歳、ココリコもそれぞれ50歳を迎え、長きにわたって『笑ってはいけない』に挑んできた5人が、大みそかでの放送15年というタイミングで休止することとなった。

 同局情報制作局の合田伊知郎プロデューサーは「『笑ってはいけない』シリーズは、笑いの刺客から怒とうの仕掛けを受けてはお尻を叩かれる、という企画が話題となり、ダウンタウンさん、月亭方正さん、ココリコさんの強靭な精神力に支えられて、長年にわたり年越しの放送を続けてきました。メンバーの皆さんに甘えて、50歳を超えても毎年過酷なロケをお願いし続けてきました。スタッフ一同本当に感謝しています。そんな『笑ってはいけない』も昨年大晦日の放送で15年。つきましては、これを節目に、『笑ってはいけない』を休止したいと思います。ダウンタウンさん、メンバーの皆さんには、ゆっくりお尻を休めていただきたいと思っております」と呼びかけている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ac5bad5cc5334a2e6e51f2cc8ae7e9f85c14280


【『松本人志』❝笑ってはいけない❞休止に「尻より心が痛い」コロナ禍での収録に難しさ実感】の続きを読む


『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで)は、1989年10月4日から日本テレビ系列で放送されているお笑いバラエティ番組。略称は「ガキの使い」「ガキ使(がきつか)」「ガキ」。ダウンタウン(松本人志・浜田雅功)がMCを務める冠番組である。
113キロバイト (17,981 語) - 2021年9月20日 (月) 05:24


また直前でどんでん返しじゃ困ります(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 06:38:33.41 ID:CAP_USER9.net

9/21(火) 5:15配信
東スポWeb

サプライズゲストに期待される宮迫と渡部建

 日本テレビは20日、2006年から15年間続いた大みそかの恒例番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」を休止すると発表した。今年は「絶対笑って年越したい!笑う大晦日」(仮)を生放送する。例年「NHK紅白歌合戦」の裏で民放トップの視聴率をたたき出す大人気番組が、コンセプトを180度転換する大リニューアルだけに世間の注目度は爆上がりだ。

 大みそかの日テレが「笑ってはいけない」から「笑っていい」へ、コンセプトの転換をはかる。

 これまでの「笑ってはいけないシリーズ」は、ダウンタウンの松本人志、浜田雅功、ココリコの遠藤章造、田中直樹、そして落語家の月亭方正が、次々と登場する〝笑いの刺客〟の仕掛けに笑ってしまうと、罰として「棒で尻をたたかれる」ルールで放送してきた。

 しかし、8月にBPO(放送倫理・番組向上機構)が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議対象とすると発表したことで、「どうなってしまうのか?」と心配の声が上がっていた。

「BPOの件を受けて日テレは罰ゲームの内容を痛みを伴うものから、別の形に変えようと模索していた。一方で制作現場からすると、ただBPOの勧告に従って罰の内容を変更するのは〝敗北〟を意味する。そこで番組のリニューアルという形でコンセプトの大転換をすることになった。スタッフや出演者は基本的に『笑ってはいけないシリーズ』から変更はなく、今まで同様に腹を抱えて笑ってもらえる番組になる」(事情通)

 これまでの「笑ってはいけない」は事前収録して放送していたが、「絶対笑って年越したい!笑う大晦日」(仮)は6時間の大型生放送特番となる。当然、予期せぬハプニングが起こることも考えられ、これまで以上にハラハラドキドキ感がアップした内容になることは間違いないだろう。

 加えて番組成功のカギを握ってきた〝笑いの刺客〟となるサプライズゲストの出演情報も、生放送となることで直前まで完全*ボックス化されることになる。

「サプライズゲストが予想の斜め上をいく言動で笑わせてきたが、昨年は〝ゲス不倫〟で自粛中だったアンジャッシュ・渡部建の復帰舞台になると報じられた。最終的にはお蔵入りしてしまったように、収録だとどうしても事前にサプライズゲストの情報が漏れる危険性が出てくる。しかし、生放送はそうした可能性が低くなり、制作現場も本当に作りたいフルパッケージの内容で放送できるようになる」(前同)

 とはいえ、多くのお笑いファンは毎年のように「今年は誰がサプライズゲストなのか?」を予想して、大みそかの放送を楽しみにしてきた。今年も大みそかが近づくにつれて、この話題が盛り上がることは必至だ。

「今年は何と言っても宮迫博之でしょう。誰もがもう地上波復帰はムリと思っているなか、突然大みそかに登場したら度肝を抜かれる。大穴は渡部建ですね。昨年、お蔵入りしたことで、もうないと思っているファンの逆手を取ることができる」(お笑い関係者)

 実際、松本は「雨上がり決死隊」の解散発表後の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「僕は2時間やるなら宮迫に巻き込まれた彼らを出してあげてほしかった」、「そこで彼らが思いの丈をいっぱい言って、彼らも笑いで絶対やってくれるやろうし、みんなで楽しく終われたんと違うかな」と語るなど、闇営業問題で謹慎処分を受けた後輩芸人たちとの〝共演〟という独自の演出プランを明かしていた。

 また、渡部に関していえば、妻で女優の佐々木希が昨年8月に放送された日本テレビ系「24時間テレビ」に出演。番組内の「チャリティー笑点」で、お笑いコンビ「テツandトモ」と一緒に変顔を披露した。

「今年、それこそ渡部と一緒に変顔をすれば、大サプライズになる」とは前出のお笑い関係者。

 いずれにしても生放送のサプライズゲストは、例年以上に注目を集めるのは間違いない。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c8b2c00de185f1c0762d1f89877849c601d9fe8


【『ガキ使』大みそかリニューアルで「宮迫&渡部建サプライズ地上波復帰」の期待高まる】の続きを読む


ッチャンナンチャン』で作ったから(変更できない)」と断られ、そのまま定着してしまった。デビュー前は「ちょうなんず」(2人とも長男だたため)や「かんなビール」(南原の家が大工、内村の家が酒店だたため)、「気合い&楽しく」(『ウリナリ』内で候補として内村が出してきたと南原が暴露)というコンビ名も考えられていた。
52キロバイト (7,690 語) - 2021年9月14日 (火) 09:38


2人ともしっかり自立してるからね(*´ω`*)

1 jinjin ★ :2021/09/19(日) 23:49:05.49

内村光良「実は…」相方・南原清隆と今年共演なし 久々に再会した場所とは


「ウッチャンナンチャン」の内村光良(57)が17日深夜放送のニッポン放送「内村光良のオールナイトニッポン」(深夜1・00)に出演。
相方・南原清隆(56)との共演について触れる場面があった。


共演の多いお笑いコンビ「さまぁ~ず」などについて話をする中、内村は「南原と今年(共演が)ないんですよ。年に2~3回はこれまでなんとかあったんですけどね、まだ今年1回も、実は南原とお仕事がないんですよ」ともらした。


1回だけあった仕事は「お世話になった偉い方の還暦のお祝いのビデオコメント」だったといい、
「あれ2人そろって撮りましたね。ちょっと緊張しましたけどね。だから、テレビ以外のお祝いのビデオコメントで初めて、今年2人そろって」と告白。


さらに「1回目のワクチンの接種場所、あそこで久しぶりに会いましたね」とも。「『おうっ』つって。『おう、なんだ一緒じゃねぇか』って。『そういや、学校の時のあの同級生のあれが、今あれなんだってよ』っていう、“あいつ今何してる?”状態みたいな感じ。同級生話で盛り上がりましたね」と明かした。


南原とは「その2回しか実は会ってない」そうで「今の小学生とか、コンビだって知らない子多いんじゃないかなって私は思うんですよね。『ヒルナンデス』やってるおじさんと、『イッテQ』のおじさんっていう認識が多いんじゃないかなっていう」と推察。

「から、今年はなんかやっぱやっておかないといけないなぁって。そんなこと言いながら、1人でオールナイトニッポンやってるんですけど」と苦笑しつつ「年末までには何かやれたらいいかなと思っておりますね」と話した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/2fef66103dd15a7fec87ddda842b0d5e5e02a25a


【『ウッチャンナンチャン』内村と南原は今年共演なし 久々の再会場所はワクチン接種会場www】の続きを読む


2007年9月25日、日本テレビ) さまぁ×さまぁ(2007年4月5日 - 2020年9月22日、テレビ朝日) まるまるちびまる子ちゃん(2007年4月19日 - 2008年2月28日、フジテレビ) 神さまぁさまぁ式→ホリさまぁ→マルさまぁさまぁのヤリタ☆ガ〜リ〜 (2007年10月9日
51キロバイト (7,440 語) - 2021年9月18日 (土) 01:32


「さまぁ~ず」のふたり、面白いと思うけどなぁ(*´ω`*) 

1 Anonymous ★ :2021/09/20(月) 12:29:19.00

https://myjitsu.jp/archives/304776

いまや大御所のポジションを確立しつつある、お笑いコンビ『さまぁ~ず』が大ピンチを迎えている。

コンビの代表的冠番組『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)が日曜のプライム帯から撤退し、10月から土曜午後11時からの30分番組になると発表された。土曜午前5時30分からスピンオフ番組『あさモヤさまぁ~ず2』も放送されるというが、これは事実上の〝追い出し部屋〟のような扱いであるという。

「『モヤさま』は長時間拘束のロケ番組、さらに出演者はいまや大御所芸人となった『さまぁ~ず』とあって、いくら出演者が少なくても制作費はなかなか高い。今までは日曜のプライム帯で放送されていたので元が取れていましたが、深夜と早朝のたかだが30分番組となってしまっては、採算がつきません。制作費を理由に、番組を打ち切る口実をつくるための時間異動だと勘ぐってしまいますね」(芸能記者)

一昔前までは好感度が高く、若者人気も高かった「さまぁ~ず」。一体なにが原因で、番組が左遷されるほど人気が落ち込んでいるのだろうか。

時代にあわなくなってきたおじさん芸人
「『さまぁ~ず』の魅力は、芸人らしからぬ〝ゆる~い〟雰囲気でした。それが唯一無二の特徴として地位を確立していたのですが、最近は同じ雰囲気を持つゆるめの芸人がとにかく多い。そうした芸人の台頭によって『さまぁ~ず』の個性は埋もれ、目立たくなってきたのです。また、以前から言われていることですが、トーク番組やロケ番組で見せるコンビ揃っての〝クレーム気質〟な性格が、時代と完全にあっていない。〝気難しいおじさん〟はこのご時世、一番嫌われる人種の一つ。避ける視聴者が多くなっても仕方ないですね」(同・記者)

また「さまぁ~ず」は、コンビの両方ともMCができないという致命的な弱点もあるようだ。冠場組では必ず補佐としてテレビ局アナウンサーやMCのできる中堅芸人などが横についている。財政が厳しいテレビ局にとっては、深夜番組で演者を1人増やすのはなかなか厳しいだろう。

YouTubeはそこそこ好調な「さまぁ~ず」だが、果たしてテレビでの活躍はどうなっていくのか。9月には冠番組『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)も終了し、難しい立場になっているのは間違いなさそうだが…。

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632061892/


【『さまぁ~ず』冠番組左遷でテレビから消える!? 「時代に合わない」wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ