お笑い芸人


みなみかわ(1982年〈昭和57年〉9月28日 - )は、日本の男性お笑いタレント、総合格闘家、YouTuber。松竹芸能所属。本名は南川 聡史(みなみかわ さとし)。お笑いコンビ「ピーマンズスタンダード」の元メンバー。 小学校3、4年生の時に『ダウンタウンのごっつええ感じ』にどっぷりハマり、中学に入ってからは姉の影響で『すんげー…
37キロバイト (4,149 語) - 2024年4月18日 (木) 15:53

(出典 i.ytimg.com)


みなみかわ、キンタロー。に続いて松竹芸能を退社するとは驚きですね。新たな道を切り拓くのか、今後の活動が気になります。

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/04/18(木) 16:42:06.40 ID:SGvpnh299
《12年間在籍して参りました松竹芸能を3月末を持ちまして円満に卒業する事となりました。これからは独立して頑張っていく所存でございます。(略)松竹芸能に感謝の気持ちを胸にいだきつつ 初心忘れるべからず 新たな道を進んで行きたいと思います》

3月31日、お笑い芸人のキンタロー。が12年間在籍していた松竹芸能を退社した。

「3月25日に更新したブログで“円満退社”を報告していました。それに対して反応したのが、同事務所に所属する芸人のみなみかわさん。自身のXでキンタローさんの退社報道を引用し“なるほどね”とだけコメントしました」(ワイドショースタッフ、以下同)
みなみかわの意味深「なるほどね」の意味を直撃

この意味あり気な発言について、4月6日配信の『ABEMA的ニュースショー』で本人が説明することに。

「“円満退社って存在しない。円満ならそのままでいいじゃないですか”と話していました。何事も“円満”と言えば、丸く収まることに疑問を感じていたようです。キンタロー。さんとは仲がよかったそうですが、独立について相談などは受けていなかったそうです」

みなみかわはキンタロー。の先輩で、芸歴は20年近く。

「2019年にコンビ『ピーマンズスタンダード』を解散。以降はピンで活動し、所属事務所や先輩への悪口が注目を集めてブレイク。みなみかわさんの妻が東野幸治さんや千原ジュニアさんに直接DMを送って営業をしていることも話題になりました。現在はTBS系で放送中の『ラヴィット!』や『水曜日のダウンタウン』などに出演しています」(スポーツ紙記者)

そんなみなみかわにも独立の話が浮上しているという。

「昨年、妻が個人事務所を設立。当初は松竹芸能を辞めない方針を明かしていました。ただ、最近になってみなみかわさんの“独立説”が再浮上。4月いっぱいで所属事務所を退所し、5月からは妻の会社で活動していくそうです」(テレビ局関係者)

4月中旬の朝、生放送に向かうため、家から出てきたみなみかわに話を聞いた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8afed4ee84395201cb7c8e2ee6a5db2286ed8a45

【『みなみかわ』キンタロー。に続き松竹芸能を退社!】の続きを読む


大久保 佳代子(Kayoko Okubo、おおくぼ かよこ、1971年〈昭和46年〉5月12日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者。お笑いコンビ・オアシズのメンバー。相方は光浦靖子。愛知県田原市出身。プロダクション人力舎所属。 愛知県渥美郡田原町(現・田原市)出身。田原町立田原中部小学校…
38キロバイト (4,817 語) - 2024年4月16日 (火) 02:16

(出典 www.news-postseven.com)


大久保佳代子さん、都内一等地に1億5000万円近くのマンションを購入されたんですね!豪華なお住まいですね。同居相手は誰なのか気になりますね。

1 フォーエバー ★ :2024/04/16(火) 20:40:15.10 ID:EGn3wOrZ9

(出典 www.news-postseven.com)


4/16(火) 7:15配信

NEWSポストセブン
競輪選手との恋の行方は?

「うちのパコちゃんの方がかわいい!」。大谷翔平(29才)の愛犬・デコピンの映像を見てそう口走ったのは、情報番組にゲスト出演していたオアシズの大久保佳代子(52才)だ。

【写真】パコちゃんと大久保のツーショット

「『独身女性が犬を飼い始めたら終わり』と言いながら、2016年から自身もチワックスの愛犬・パコ美を飼い、溺愛しています。番組では、“おひとりさま生活”をネタにする彼女ですが、昨年末に大きな買い物をしたようで、犬ではない別のパートナーの存在が噂されています」(テレビ局関係者)

 大久保が買ったのは、「億ション」だ。

「都内の一等地に建つマンションで、近くには広大な公園があります。彼女が購入した際の価格は1億5000万円近くともいわれており、広々としたリビングや書斎でくつろいでいるとか。一部ローンを組んだものの相当額の頭金を用意したそうです」(芸能関係者)

“どでかい買い物”を敢行した大久保だが、元々は自他共に認める倹約家である。

「お菓子の容器を捨てずに再利用するなんて当たり前で、『私生活でのお金の使い道がないの』と語ることもしばしばです。稼いだ大金の多くを貯金に回し、貯金額は優に1億円超え。『*だときには火葬場に私のお金を入れてもらいたい』と発言し、周囲を驚かせたこともありました」(前出・芸能関係者)

 超がつくほどの倹約家である大久保が、一念発起で新居を購入。生涯独身を貫くことを決意したということか……と思いきや、こんな話も聞こえてくる。

「大久保さんに人生の転換期が訪れているというのです。披露する恋愛話といえば過去の失敗談ばかりで、数年前にマッチングアプリを試すも不発でしたが、最近、自分に好意を持つ男性を紹介されることが増えたそうです。知人たちによく『50才になってからモテてる感がある』と虎視眈々と狙われていることを、うれしそうに語っているとか」(前出・テレビ局関係者)

 大久保は、2023年3月に放送されたABEMAのバラエティー番組『恋するアテンダー』に出演。確かにそこでも“モテ期”の到来を感じさせていた。

「アテンダーを務める芸能人が、恋人が欲しい芸能人に、条件に合うお相手を紹介して対面させるマッチングバラエティーです。大久保さんが紹介されたのは、イケメン競輪選手の松崎貴久さん(49才)で、番組では見事『カップル成立』となりました」(前出・テレビ局関係者)

 この番組後に大久保は億ションを購入しており、関係者の間では「2人で住むためでは?」という臆測が流れているのだ。2人の交際について大久保の所属事務所に尋ねると「番組後、お会いしたことはございません」との回答だった。やはり彼女のお眼鏡に適う恋人候補はいなかったのか──彼女の暮らしぶりについて、近隣住民が語る。

「愛犬のパコちゃんを散歩させている姿をよく見かけますよ。変装もせず、テレビで見かけるままのお姿です。私が『パコちゃん、ちょっと太ったね』と声を掛けたら『私と一緒で食べすぎでね~』と返されて、気さくなかただなと思いました。近所には友人のいとうあさこさん(53才)も住んでいるそうで、パコちゃんを連れてよく会いに行くそうです」

 億ション購入は、愛犬とのよりよい暮らしのためか、それとも──。

※女性セブン2024年4月25日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/e06c7eff98cd5891fbcd7c1dc83f667d7172901c

【『大久保佳代子』同居相手は誰?都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入】の続きを読む


埼玉県加須市出身。赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。母方の実家はイチゴ農家。クイズを得意としており、芸人たちからはカズカズレーザーと呼ばれることが多い。 2020年に自身のYouTubeチャンネル『カズレーザーの50点塾』を開設。 埼玉県立熊谷高等学校、同志社大学商学部を卒業。大学生時代は喜劇研究会に所属。歴…
54キロバイト (7,032 語) - 2024年4月11日 (木) 16:31

(出典 i.ytimg.com)


カズレーザーさんの言葉には、真摯さと正直さが感じられますね。陰謀論や都市伝説は、無責任な情報が拡散されることで社会に混乱を招く危険性があります。その点を指摘されているのはとても重要だと思います。

1 冬月記者 ★ :2024/04/14(日) 08:55:15.53 ID:D5ppN66e9
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c6d7ea98353e7052bc9f640a0467b1d25b57afa

カズレーザー “2025年に大災難が来る”陰謀論にガチ苦言 「それで儲けようとするヤツに反吐が出る」


 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(39)が11日に更新されたYouTube「カズレーザーと松陰寺のチルるーム【公式】」に出演し、人々を恐怖に陥れる陰謀論や都市伝説に苦言を呈した。

 「怪しいけれど魅力的!都市伝説を大解剖」というタイトルでアップされた動画。

 そこで「2025年に大災難が日本で起きる」というある漫画家の予知夢が注目を集めているという話題になると、カズレーザーは「すげぇ真面目な意見なんですけど。震災で*だ人とかいるなかで、それで儲けようとしてるヤツらに、マジで反吐が出ますよね」と不快感を示す。

 「こういうのって確率ですらないですよね、統計を取ろうともしてないし。議論の俎上にも上がってないんですよ」といい、

「マイナスな陰謀論はやめるべきだと思うし、実際に被害に遭った人をリアリティの題材にしてるヤツらは猿以下だと思いますね。良くないですよ」と厳しい言葉で非難していた。


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1712841639/

【『カズレーザー』人々を恐怖に陥れる陰謀論や都市伝説にガチ苦言】の続きを読む


なすなかにしは、那須晃行と中西茂樹からなる日本のお笑いコンビ。那須の母と中西の父が姉弟のため、互いにいとこの関係にあたる。略称は「なすなか」。一時期、『いまぶーむ』というコンビ名だったことがあった。松竹芸能所属。 那須 晃行なす あきゆき、 (1980-12-14) 1980年12月14日(43歳)…
33キロバイト (4,421 語) - 2024年4月8日 (月) 01:47

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


頑張ってほしいです。健康第一ですから無理せずゆっくり治してください。

1 jinjin ★ :2024/04/08(月) 09:24:10.31 ID:Y6V090Tu9
“脳梗塞で休養”なすなかにし那須晃行「ラヴィット!」で涙の仕事復帰 サプライズ登場に反響殺到


脳梗塞の治療のため休養していたお笑いコンビ・なすなかにしの那須晃行が、4月8日放送のTBS系朝のバラエティ番組『ラヴィット!』(毎週月曜~金曜あさ8時)に生出演。仕事復帰を報告した。


◆なすなかにし那須晃行「ラヴィット」で仕事復帰を生報告

番組冒頭、相方・中西茂樹が「なすなかにしとして披露する新しいロケオープニングのボケ」を披露する際に、那須はサプライズで相方とともに登場。

突然の出演にスタジオから大きな拍手が沸き起こり、スタジオの丸山桂里奈は涙。MCの川島明(麒麟)は「よう帰ってきてくれた」と、那須をハグで迎え入れた。那須は恐縮しつつ涙を浮かべていた。

この日から同番組で仕事復帰したことをアナウンスされると「ありがとうございます、ご迷惑をおかけしました」と頭を下げ、番組の温かな歓迎に感謝。新ヘアのゆるふわパーマスタイルも披露した。

相方・中西は那須と登場直前に顔を合わせたそうで、「ぼく今初めて会うたんですよ!」と語り、久しぶりの再会に笑顔。

川島から「なすなかにし、復活ということで!」と声をかけられると、コンビで肩をくみ、中西が那須のパーマを撫でるなど嬉し気な様子を見せていた。


◆なすなかにし那須晃行、サプライズ復帰にトレンド1位の反響

那須のサプライズ登場に、ネット上では「那須さん!?!!」「おかえりなさい!!」「朝から泣いた」「待ってました」「帰ってきてくれて嬉しい」といった声が溢れ、登場直後にX(旧Twitter)では“那須さん”といったワードがトレンド1位に浮上するほど大きな反響を呼んでいた。

◆なすなかにし那須晃行、脳梗塞で緊急手術

松竹芸能は2023年12月17日、那須について「12/12(火)に脳梗塞を発症し、緊急のカテーテル手術を受けました」と報告し、休養を発表。2024年1月21日には退院したことを伝えていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c2545abfc6902a5fc416d6b742de47f23277bf6e

【『なすなかにし那須晃行』脳梗塞で休養も「ラヴィット!」で涙の仕事復帰】の続きを読む


立川 晴の輔(たてかわ はれすけ、1972年〈昭和47年〉11月21日 - )は、兵庫県神戸市生まれ落語家である。落語立川流・立川の輔門下真打である。出囃子は「ハレルヤ」(ヘンデル「メサイア」より)。 1972年(昭和47年)兵庫県神戸市生まれ。幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、高校時代は岡山県津山市で過ごす。…
8キロバイト (1,038 語) - 2024年4月8日 (月) 03:26

(出典 www.nikkansports.com)


「30代くらいかと思っていたら、実はまだ20代なんですね。若々しい笑点メンバーになって、番組がさらに盛り上がりそうです!」

1 jinjin ★ :2024/04/07(日) 19:52:17.08 ID:3oEnJMPD9
「笑点」新メンバー立川晴の輔 年齢にSNS驚き「若すぎなんだけど!?」「30代くらいかと」


日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利新メンバーに決まった落語家の立川晴の輔(たてかわ・はれのすけ、51)が、7日放送の同番組で初出演した。
発表を受け、SNSにはさまざまな反響があった。

3月31日の放送で勇退した林家木久扇に導かれて登場した晴の輔。
自分で書いたという巨大ボードで自身のプロフィルを紹介した。

司会の春風亭昇太からは、「志の輔の話になるとほっぺがこわばる」といきなりいじられたが、「朗らかな一門でございます」とかわした。

しかし、昇太から「師弟関係はラフな感じ?」と問われると、「師弟関係にラフってあるんですか?」と真顔で答えた。それでも「師匠に憧れて、師匠になりたくて入りました」と師匠への思いを明かしていた。

大喜利の新メンバーは国民的な関心事。SNSには「晴の輔さん」「笑点新メンバー」などがトレンド上位に上がった。


晴の輔は若手大喜利で活躍してきた実績がある。
SNSには「志の輔さんのお弟子さんだからかなり頭脳明晰でしょうね!」「若手大喜利からの昇格で実力もあるので大変良い人選かと」「談志が作った笑点だもの」などと、歓迎の声が多数上がった。


51歳とは思えない肌つやの良さと、フレッシュな笑顔で初の大喜利に臨んだ晴の輔。

プロフィル紹介では、妻と大学院生の長男、大学生の長女がいると家族構成を説明し、「一応2人とも成人したという…」と明かした。SNSには「晴の輔さん51なの?若い!」「晴の輔さん若すぎなんだけど!?51?!」「30代くらいかと思ったわ」「年齢より若く見える 成人してるお子さん2人もいるようにみえない」「大学院生&大学生の子供がいるとは知らんかったなあー」と、その若さに驚く声も多かった。

ファンの間では林家つる子、蝶花楼桃花ら女流落語家の名前も候補として挙がっていた。またしてもお預けとなり、「なかなか女流落語家が食い込めないねえ」「笑点こそ新メンバー女の人入れないと」「小はる師匠も桃花師匠もつる子師匠もいるしとは思うけどなー」といった意見もあった。


落語立川流のレギュラーメンバーは、初代司会者・立川談志以来さん以来55年ぶり。大喜利回答者のレギュラーに加わるのは史上初となる。

晴の輔がレギュラーメンバーになったことで、「笑点」メンバーは、東京・江戸落語界に分かれている4団体、落語協会、落語芸術協会、落語立川流(立川流)、五代目円楽一門会(円楽党)すべての落語家がそろう「笑点」史上初めてのメンバー構成となった。

晴の輔は兵庫県生まれ。東京農業大学在学中に落語研究会に所属し、卒業後の97年に立川志の輔に入門。「立川志の吉」を拝名する。
03年に二ツ目に昇進し、08年には東西若手落語家コンペティショングランドチャンピオンになった。13年に真打に昇進。「志の吉」から「晴の輔」へ改名した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c21e7ba9c81b959fdee2d0d572f5dce4718b7cc5

(出典 i.imgur.com)

【『笑点新メンバー』立川晴の輔に交代「若すぎなんだけど!?」】の続きを読む

このページのトップヘ