俳優・女優


黒木 メイサ(くろき メイサ、1988年〈昭和63年〉5月28日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。2023年4月30日までスウィートパワー所属。元夫は元KAT-TUNで歌手の赤西仁。ハワイ在住。 1988年(昭和63年)、4人姉妹の末っ子として生まれた。黒木の生家は沖縄県名護市辺野古(へのこ)にある。…
48キロバイト (5,410 語) - 2024年2月11日 (日) 22:00

(出典 moviewalker.jp)


黒木メイサさんも普通の人と同じように駅で切符を買うんですね!でも確かに乗車券はエコではないかもしれませんね(笑)でも、そのぶん地球に優しいことを別の方法でしているかもしれませんよ!

1 ネギうどん ★ :2024/02/23(金) 11:41:35.26 ID:5+bHSstT9
 女優の黒木メイサが2月18日にインスタグラムで公開した動画に、問題点を指摘する声が上がった。

 それは黒木が地下鉄の駅構内を移動する動画。東京メトロ銀座駅の階段を降りる様子や、通路を歩く姿が映っている。黒のジャケットとズボンを身に着けた黒木はおしゃれで美しく、まるで映画やファッションアイテムのCMのワンシーンのようだ。

さすがは黒木との評判で、コメント欄には「めっちゃかわいい」「素敵。電車乗るんですね」という声が寄せられているのだが、一方で批判の声も。週刊誌記者が解説する。

「黒木が紙の切符をカメラに見せるシーンがあります。銀座から180円のものでした。紙の切符を購入したことが『エコではない』と指摘されているのです。切符ひとつを見れば小さなものですが、チリも積もればで、使わないのが世界的な流れだから。欧州の公共交通機関では、環境に配慮して紙の切符は廃止されています。東京メトロではICカード乗車券が使えるのですからね」

黒木は生活の拠点をハワイにおいているため、ICカード乗車券を持っていないのは仕方がないという意見もあるが、環境を考えれば所持しておいてもいいのでは。

「世界的な半導体不足の影響を受け、昨年8月からICカード乗車券は発売を中止しているので、切符を買ったのもやむを得ないのかもしれませんが。黒木はiPhoneユーザーなので『モバイルSuica』を使えばいい」(前出・週刊誌記者)

 有名人とはいえ、電車の乗り方ひとつで物議を醸すとは…。

https://www.asagei.com/300640

【『黒木メイサ』銀座駅で乗車切符を買ったら予想外のツッコミ「エコではない」】の続きを読む


福地 桃子(ふくち ももこ、1997年〈平成9年〉10月26日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。レプロエンタテインメント所属。 父は哀川翔、母は青地公美。 哀川と青地との間に、5人兄妹の末っ子として自宅出産で誕生。3歳頃から小学6年生まで父についてVシネマの撮影現場に同行して、父の演技を目にしていた。…
24キロバイト (3,124 語) - 2024年2月19日 (月) 21:00

(出典 blog-imgs-166.fc2.com)


川栄李奈と福地桃子の演技力で、きっと素晴らしい舞台になること間違いなし!楽しみが増えました!

1 湛然 ★ :2024/02/20(火) 05:14:25.34 ID:NGpRyMhx9
舞台「千と千尋の神隠し」川栄李奈、福地桃子演じる千尋のビジュアル解禁
2/20(火) 5:00 映画ナタリー
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e782768f0dd86f492f75b35769b5e58b776a3c1
舞台「千と千尋の神隠し」ビジュアル

(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)



舞台「千と千尋の神隠し」の2024年公演で新たに主人公・千尋を演じる川栄李奈と福地桃子のビジュアルが到着した。

宮崎駿が監督を務めた映画「千と千尋の神隠し」を、ジョン・ケアードの翻案・演出で舞台化した同作。初演に引き続き、橋本環奈と上白石萌音も千尋役で出演する。

ビジュアルの完成を経て、川栄は「千と千尋の世界にいる自分を見て、感激していると同時に、いよいよ始まるんだ、と身が引き締まる思いです」とコメント。福地は「不思議な町での千尋を導いてくれているようだなと感じました」と思いを明かした。

舞台「千と千尋の神隠し」は、3月の帝国劇場を皮切りに愛知・福岡・大阪・北海道を巡る全国ツアーが行われ、4月からはイギリス・ロンドンで初の海外公演も決定している。

※宮崎駿の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

■ 舞台「千と千尋の神隠し」
2024年3月11日(月)~30日(土)東京都 帝国劇場
2024年4月30日(火)~8月24日(土)イギリス ロンドン・コロシアム
2024年4月7日(日)~20日(土)愛知県 御園座
2024年4月27日(土)~5月19日(日)福岡県 博多座
2024年5月27日(月)~6月6日(木)大阪府 梅田芸術劇場メインホール
2024年6月15日(土)~20日(木)北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

■ 川栄李奈 コメント
千と千尋の世界にいる自分を見て、感激していると同時に、いよいよ始まるんだ、と身が引き締まる思いです。観てくださる方の心を動かせるような千尋を精一杯演じたいと思います!

■ 福地桃子 コメント
不思議な町での千尋を導いてくれているようだなと感じました。皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

【『千と千尋の神隠し』川栄李奈、福地桃子演じる千尋のビジュアル解禁】の続きを読む


岡本 健一(おかもと けんいち、1969年5月21日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都出身。ジャニーズ事務所の所属タレントを経て、2021年11月1日より同事務所とエージェント契約。2023年12月5日に同事務所とエージェント契約解除を発表。男性アイドルグループ・男闘呼組の元メンバー。明治大学付属中野高校定時制中退。Hey…
35キロバイト (4,676 語) - 2024年2月11日 (日) 04:44

(出典 www.yomiuri.co.jp)


岡本健一さんの熱い演劇愛、本当に素晴らしいですね。39年もの長い俳優生活を送ってこられたんですね。劇場に行くことで、本当に多くの感動を得ることができると改めて感じさせられました。

1 フォーエバー ★ :2024/02/20(火) 08:56:41.07 ID:xEg0U2So9
2/20(火) 8:10配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800&fmt=webp

日テレNEWS NNN

俳優で歌手の岡本健一さん(54)が出演する舞台『La Mère 母』『Le Fils 息子』の製作発表会で、息子の岡本圭人さん(30)らと登壇。熱い演劇愛を語りました。

【画像】岡本健一、出演舞台の2作品が初日を迎え心境を語る

4月から二作同時上演される今回の舞台は、家族の在り方や、親子の苦悩と孤独が描かれた作品。『La Mère 母』では、夫のために家庭を第一に考えて生きてきた母親目線で、『Le Fils 息子』では、両親の離婚をきっかけに自分の居場所を見つけようとする息子の目線で物語が進んでいきます。母・アンヌを若村麻由美さん、息子・ニコラを岡本圭人さんが演じ、健一さんは父・ピエールを演じます。

■「劇場に来ないのはもったいない」
(左から)岡本健一さん、岡本圭人さん、若村麻由美さん、演出家のラディスラス・ショラーさん

製作発表会では、記者からの質問で“俳優として、また観客として感じる舞台の魅力”を聞かれた健一さん。「舞台はお金がかかるし高い。そのお金と貴重な時間を使って来てくれた人に、まずこの作品で自分たちは何を伝えたいのかしか考えていない。だからこの作品をいろんな人に見てほしい。若い人たちにも男性の人にも。男性が本当に劇場に来なくてもったいないなって思って…」と心境を明かしました。

その中でも、俳優として感じる舞台の魅力について「“(圭人さんと)親子共演で一緒にやれて幸せそうで楽しいですね!”って思っているかもしれないけれど、全然そんなんじゃない。スタッフもみんな、約3~4年かけて作って、1回の公演に懸けるわけですよ。その中の2~3時間に凝縮されて僕らが生きているんですけど、2~3時間たったら消えてしまうっていうライブの楽しさもある」と回答。

■俳優デビューから39年 「作品から日常に感じる力がある」
演劇愛を語る岡本健一さん

また、観客として見たときの舞台の魅力については「そこで生きている人たちに感動したり、家族を大切にしようと思ったり、社会に対して戦わなきゃいけないなとか、生の舞台作品から日常に感じる力が演劇にはあると思うんですよね。だから30年以上ずっとやり続けているんですけど」と、俳優デビューから39年となる思いを明かしました。

続けて「テレビや記事じゃ伝わらない。劇場に来て作品を見ないと(演劇の魅力は)分からないですよ。日本全国でも、(実際に生で)演劇を見た人っていうのは少ないんですよね。だからみなさんの力で、舞台に来るってことを広めてほしい」と、演劇愛を熱く語りました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4166bbdc8c3e829ebb3d0c8a0ae6dcff9022d3dc

【『岡本健一』熱い演劇愛「男性が劇場に来なくてもったいない」】の続きを読む


ウィキメディア・コモンズには、小芝風花に関連するカテゴリがあります。 小芝 風花(こしば ふうか、1997年4月16日 - )は、日本の女優。大阪府堺市堺区出身。オスカープロモーション所属。 本名同じ。名前の風花は、松山千春のヒット曲『大空と大地の中で』の歌詞をヒントに母親がつけたという。…
126キロバイト (16,350 語) - 2024年2月18日 (日) 20:17

(出典 g-img.nhk.jp)


小芝風花さんの伝説の遊女役、楽しみですね!彼女ならきっとその役をより魅力的に演じてくれると思います。

1 冬月記者 ★ :2024/02/19(月) 07:57:55.09 ID:s9/SkZ8O9
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3e637d89c673c548fb22061a61d45979c810b2c

小芝風花、初大河で“伝説の遊女”役「精一杯演じたい」 来年『べらぼう』追加キャスト発表


 俳優の横浜流星が主演を務める、2025年に放送予定のNHK大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』の追加キャストとして小芝風花の出演が決定した。今作が初の大河ドラマ出演となる。

 放送100年を迎える2025年は、日本のメディア産業、ポップカルチャーの礎を築き、ときに“お上”に目をつけられても“面白さ”を追求し続けた人物“蔦屋”こと、蔦屋重三郎が主人公。

 親なし、金なし、画才なし……ないないづくしの“江戸のメディア王”として時代の寵児になった快楽児・蔦屋は、文化隆盛の江戸時代中期に喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝を見出し、日本史史上最大の謎の一つ“東洲斎写楽”を世に送り出す。

 脚本は森下佳子氏が担当。江戸時代の版元で浮世絵師の喜多川歌麿や葛飾北斎を世に出したことで知られる蔦屋重三郎の生涯を描く。


 小芝が演じる花の井(五代目瀬川)は、吉原の老舗妓楼・松葉屋を代表する遊女。主人公・蔦屋重三郎(横浜流星)とともに親に“捨てられ”吉原で育った“幼なじみ”で、何でも話せる良き相談相手。時に蔦重を助け助けられながら、共に生まれ育った吉原の再興に尽力を注ぐ。

 やがて、とある理由から長らく途絶えていた伝説の遊女の名跡“瀬川(せがわ)”を継ぎ、その名を江戸市中に轟*こととなる……。五代目・瀬川は史実に残る“名妓”として知られ、1400両(現在のおよそ1億4000万円)で落籍されたできごとやその後の悲運な人生が戯作などで語り継がれることとなる“伝説”の遊女。

 小芝は「今回、蔦重の幼なじみであり、伝説の遊女である『花の井』を演じさせていただきます。私は大河ドラマに出演させていただくのも初めてなのですが、”伝説の遊女”ということで余計に緊張しております。凛と美しくもあり、時にはバシッと蔦重の背中を押すような男前さも持ち合わせている花の井を、精一杯演じたいと思います」とコメントした。

【『小芝風花』初大河「べらぼう」で“伝説の遊女”役「精一杯演じたい」】の続きを読む


真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 - )は、日本の女優、歌手。千葉県印西市出身。そよかぜ所属。レプロエンタテインメントとマネジメント契約。 4人きょうだいで唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。 1993年、小学5年生の時に安達祐実主演の『REX…
50キロバイト (6,343 語) - 2024年2月18日 (日) 16:22

(出典 i.pinimg.com)


真木よう子さんのインスタライブっていつも楽しそうですね!ピーポ君を振り回して暴れる姿も可愛いけど、ちょっと怖い笑

1 あ(東京都) [DE] :2024/02/19(月) 10:52:38.42 ID:PBtYY4F50 BE:593349633-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/ahya_xmas_2.gif
 視聴者から番組が始まったとコメントが書き込まれても「見てない、見てない、恥ずかしい。阻止しようと思ってインライ(インスタライブ)をやってるんです」と続け「番組見るんだったら(ライブ)やめるで!」とまで嫌がった。X(旧ツイッター)のトレンドワードに「#だれかtoなかい」「真木よう子」が入っていることを伝えられると「見るなよ!」と言いながらピーポくんを振り回した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6cb45ab0965b4f1726230535f84197dd3dbd439

動画は2↓

【『真木よう子』インスタライブでピーポ君を振り回して暴れるw】の続きを読む

このページのトップヘ