芸能


星野 みなみ(ほしの みなみ、1998年〈平成10年〉2月6日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーである。千葉県出身。身長155 cm。血液型はB型。愛称は、みなみ。 小学1年生の時の夢はパン屋になることだった。中学1年生の時、陸上部に所属し、夏は海に行って1
36キロバイト (4,719 語) - 2021年9月24日 (金) 16:11


芸能人は可哀そうだなぁ(*´ω`*)

1 首都圏の虎 ★ :2021/09/25(土) 12:35:27.08

乃木坂46星野みなみ(23)が25日、ブログを更新し、発売中の最新シングル「君に叱られた」のプロモーション活動の自粛を発表した。今月22日、一部ニュースサイトで、年上の一般男性と都内でデートする姿を報じられていた。

ブログで「ファンの皆さん、関係者の皆さん、そしてメンバーのみんな、私に関する報道によって、たくさん迷惑をかけてしまって申し訳ございません」と謝罪。「報道に関してですが、9月7日、8日は実際に記事にあった方とお会いしておりました。本来、みんなと一緒にプロモーション活動を頑張らないといけない時期に、仕事に集中せずに申し訳ありませんでした」繰り返し謝罪を伝えた。

その上で「また、お仕事をお休みした9月18日と19日は本当に体調が悪く、前日17日に発熱して、事務所の方にお願いして翌日PCR検査を受けさせていただきました。PCR検査の結果は陰性でしたが、体調が万全ではないということで、お仕事をお休みさせていただきました」とレギュラー出演しているラジオ番組を欠席した理由を説明。「その後、自分で動くのも大変だったので、記事にあった方に来ていただきましたが、ズル休みのように見えてしまい、結果としてプロとしての自覚が足りませんでした」と反省した。

「君に叱られた」は今月22日に発売されたばかり。星野は「私がメディアに出ていくことで、メンバーにもっと迷惑をかけてしまうと思うので、スタッフさんと相談して今回のシングルのプロモーション活動は自粛させていただくことになりました」と明かした。「応援してくださっていた方がいるのに、先輩としてお手本にならないといけないのに、10年間一緒に頑張ってくれたみんながいるのに、本当に自覚の足りない行動でした。本当にごめんなさい」と謝罪した。

星野は11年8月加入のグループ1期生。今年8月に加入10周年を迎えていた。「君に叱られた」で選抜メンバーを務めているが、24日放送にグループとして出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」は欠席していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9409b5997504daebf3c111cd853389a4890f9a4


【『星野みなみ』デート報道受け一部活動自粛へ ブログで謝罪wwwwww】の続きを読む


田中さん、からだは弱そうだけどね(*´ω`*)

1 湛然 ★ :2021/09/24(金) 05:20:44.38

X‐GUN「ボキャブラ世代」番組ブームの裏側と、爆笑問題・田中裕二の“スゴさ”
2021年9月23日 21時0分 週刊女性PRIME
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab863eab00ae838aa1dc90580e94ed58bcd42bd3
『X‐GUN』西尾季隆(左)、さがね正裕

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



さがね正裕(以下、さがね)「当時は常にダジャレを考えている状態でしたね」

 放送当初は視聴者投稿番組としてスタートした『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)。何度かのマイナーチェンジを経て、1997年から“キャブラー”と呼ばれる若手芸人たちがダジャレネタで競うスタイルになったことで、大ブームに。そんな人気番組で1回も休むことなく番組を盛り上げたのが、X-GUN(バツグン)の2人。

さがね「ボキャブラネタは番組が用意した用紙に箇条書きでフリになるコント部分を書き、最後に言い換える前の言葉とダジャレになる言葉を書く……という方法で作っていました。当時はメールもなかったので、相方とそれぞれ何十枚も手書きして、毎回番組スタッフにFAXで送っていましたね」

西尾季隆(ひでたか)(以下、西尾)「何十個と送った中から厳選された7~8本を収録するのですが、放送されるのは3~4本。相方と自分のネタのどちらが多く採用されたか覚えていないぐらい、とにかく大変でした。ボツになったものも含めると番組終了までにそれぞれ1000本はネタを作ったんじゃないかな」

 スタジオのひな壇に座れる“メジャー”と“チャレンジャー”の入れ替え戦も、番組の見どころの1つ。

西尾「メジャーにいる芸人にかみつくなどテレビに映る方法はあったので、チャレンジャーに落ちてもあまり気にはしなかったですね。ただ、チャレンジャーはカメラが回っていないところでもスタジオの外で立ちっぱなしだったので、体力的にはしんどかったです(笑)」

さがね「自分たちの中では渾身(こんしん)の出来のものがスタジオではウケなかったり、その逆もあったり。ボキャブラネタに関しては最後まで正解がわからなかったですね」

◆流行語「だっちゅーの」はスタッフが

 当時は珍しかった、若いアイドル2人が組んだ『パイレーツ』が番組からブレイク。プロの芸人は、彼女たちの存在をどのように思っていたのか?

さがね「本当にイマドキの女の子たちで、僕らから見たらただの子どもでした。事務所にやらされている感が満載で大変そうだなって(笑)」

西尾「流行語になった“だっちゅーの”という胸を寄せるギャグも、番組スタッフが考えたものだったそうですから」

さがね「完全に別枠という認識だったので、僕らより彼女たちがウケてもまったく悔しくはなかったですね」

 そんな2人が、当時から一目置いていたのが爆笑問題。

西尾「本ネタの漫才だけでなく、ボキャブラネタも抜群に面白かったので、さすがだなって。大ウケするともらえる大座布団をすぐに10枚集めて初代名人になりました*」

さがね「漫才は太田(光)さんが作っているのですが、ボキャブラ用のネタはすべて田中(裕二)さんが作っていたんだよね」

西尾「だから太田さんに会ったときは、“今の爆笑問題があるのは、田中さんのおかげ”とよく言います(笑)。もともと実力は飛び抜けていたけど、この番組で2人を知った視聴者も多いと思うので、田中さんの功績は偉大!」

芸人がアイドル級の人気に

 キャブラーが集結した1997年に富士急ハイランドで行われたイベントには、約1万人のファンが集まるなど社会現象に。当時の盛り上がりをどう感じていたのだろうか。

西尾「芸人の間では意見が二極化していましたね。黄色い歓声が挙がって、ネタをちゃんと見てもらえない……と悩むタイプと、アイドル的な人気を楽しむタイプ。僕らは後者でした(笑)」

さがね「若い女の子たちにキャーキャー言ってもらえるなんて、普通に生きていたらありえないですから」

西尾「僕は当時からデブキャラで単体では人気はなかったので、相方の人気のおこぼれで“トシちゃん気分”を堪能していましたね(笑)」


【『爆笑問題・田中裕二』 X‐GUN「ボキャブラ世代」番組ブームの裏側wwwwwwwwww】の続きを読む


佐藤 優樹(さとう まさき、1999年5月7日 - )は、日本の歌手、アイドルであり、モーニング娘。の10期メンバーである。愛称はまさき、まーちゃん、まさキング、さとちゃん。イメージカラーはエメラルドグリーン。 北海道札幌市出身。血液型A型。身長156cm。アップフロントプロモーション所属。 2011年
21キロバイト (2,528 語) - 2021年9月24日 (金) 06:32


そうか、そうか。いよいよ旅立つんだね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/24(金) 15:03:29.35


9/24(金) 15:00
スポーツ報知

モーニング娘。佐藤優樹が年内卒業!ソロ活動へ
年内卒業を発表したモーニング娘。’21の佐藤優樹
 ハロー!プロジェクトでトップクラスの人気を誇る「モーニング娘。’21」の佐藤優樹が年内をもってグループを卒業することが24日、公式サイトで発表された。芸能界は引退せず、今後はソロで活動する。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/85549302efbf89235c053e5869d5eae42616b636


【『佐藤優樹』モーニング娘を年内卒業!ソロ活動へwwwwwww】の続きを読む


『滝沢カレン』高校時代に大好きな芸人を出待ちしていた!?登場したのはまさかの… -


滝沢 カレン(たきざわ カレン、1992年(平成4年)5月13日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。 東京都出身。スターダストプロモーション所属。『ミスセブンティーン2008』グランプリ。ファッション雑誌『JJ』元専属モデル。ファッション雑誌『Oggi』専属モデル。血液型AB型。
35キロバイト (4,742 語) - 2021年9月24日 (金) 03:44


カレンさん、男性の好みも変わってそうだね(*´ω`*)

【『滝沢カレン』高校時代に大好きな芸人を出待ちしていた!?登場したのはまさかの… -】の続きを読む


『真木よう子』撮影現場で共演者に驚かれた行為とは?「だって私、綾瀬はるかさんじゃないですよ?」


真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 - )は、日本の女優、歌手。千葉県印西市(現在の名称)出身。そよかぜ所属。レプロエンタテインメントとマネジメント契約。 4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。 1993年、小学生5年生の時に安達祐実主演の『REX
43キロバイト (5,434 語) - 2021年9月23日 (木) 07:06


警察官役の真木さんがカッコよくて好き(*´ω`*)

【『真木よう子』撮影現場で共演者に驚かれた行為とは?「だって私、綾瀬はるかさんじゃないですよ?」】の続きを読む

このページのトップヘ