中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に
156キロバイト (16,939 語) - 2022年5月29日 (日) 07:07
メボちゃん、とっても可愛いよね(*´ω`*)

1 muffin ★ :2022/06/06(月) 19:25:50.47

https://fumumu.net/330039/

タレントの中川翔子さんが、自身の公式ツイッターを更新。愛猫に胃薬をわえてきたことを明かし、「心配してくれてるの?」と感謝の気持ちを表明しています。

中川さんは6日、胃薬の袋の写真をツイッターにアップして「メポが胃薬くわえてきてニャーとないた 心配してくれてるの? ありがとう」とコメント。続いて「マミタス様もよくプレゼントくわえてきたなぁ……」と、2017年に13歳で死去した愛猫のマミタスの、在りし日の姿を振り返っています。
中略

ハードスケジュールの影響もあってか、前日には「なんか疲れてしまって宿題あまりすすまなかったけど無理せずコツコツやろう」とつぶやいている中川さん。さらに「歯医者さんいき麻酔きれてきた今痛いですなう」とも訴えており、愛猫がそんな中川さんを心配して「何か(胃薬)」をプレゼントした可能性も考えられます。

中川さんは、愛猫のかわいいプレゼントに対し「胃薬とはわかってないはずだけど、くわえてきてくれたのが嬉しいから宝物にするお財布にいれとく!」と喜びの気持ちも投稿。

リプ欄には「ご利益ありそう」「お宝増えたね」「お守りだね」という言葉が並び、笑顔やハートの絵文字が飛び交っています。


(出典 pbs.twimg.com)


メポ

(出典 pbs.twimg.com)


【『中川翔子』愛猫に心配される「メポが胃薬くわえてきてニャーとないた」】の続きを読む


『ショーシャンクの空に』きょうの金ロー、24年ぶりに地上波放送


ショーシャンクの空に』(ショーシャンクのそら、原題:The Shawshank Redemption)は、1994年公開されたアメリカ映画。刑務所内人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。原作はスティーヴン
148キロバイト (16,933 語) - 2022年5月19日 (木) 22:01


不朽の名作ですな(*´ω`*)

【『ショーシャンクの空に』きょうの金ロー、24年ぶりに地上波放送】の続きを読む


『池間夏海』「ちむどんどん」ライバル女学生として初登場「マンガのような展開」


池間 夏海(いけま なつみ、2002年(平成14年)7月10日 - )は、日本の女優(元・子役)、モデル。 沖縄県豊見城市出身。ライジングプロダクション所属。 5歳の時に、人見知りを克服させたいと考えた母の勧めにより新聞で見つけた地元沖縄のモデル ・スタイリスト事務所「Color's」に応募したこ
25キロバイト (3,045 語) - 2022年4月30日 (土) 09:20


夏海ちゃん、こういう役どころが上手だなぁ(*´ω`*)さすがだ~(*´ω`*)

【『池間夏海』「ちむどんどん」ライバル女学生として初登場「マンガのような展開」】の続きを読む


『ロマサガrs』ガラハドかSS“死の剣”を選択するイベント開催


『ロマンシング サ・ガ』30周年。当時は珍しいフリーシナリオのRPGで、説明書を広げたときに見ることができた全体マップにはワクワクさせられた【今日は何の日?】
…上がっており、その点からもネタキャラとして扱われています(笑)。 『ロマサガRS』ガラハドかSS“死の剣”を選択するイベント開催。ガチャで新たなSSデ…
(出典:ファミ通.com)


もう30年もたつんだぁ…(*´ω`*)

【『ロマサガrs』ガラハドかSS“死の剣”を選択するイベント開催】の続きを読む


松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本のアイドル・歌手・シンガーソングライター・女優。福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia club(フェリシアクラブ)。身長160cm、体重42kg(身長、体重は公式サイト2008年12月25日のデータより)。血液型A型。
185キロバイト (20,780 語) - 2022年4月13日 (水) 01:01
聖子さんにしかできない供養なのかもしれないね(*´ω`*)

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/26(火) 09:26:55.13

4/26(火) 6:05
女性自身

松田聖子 自ら作詞作曲も!沙也加さんに捧げる新曲を制作へ

「聖子さんは5月に大阪で開催されるディナーショーに向けて、ボイストレーニングなどの準備に励んでいるそうです」(音楽関係者)

4月9日と10日に都内のホテルで開催されたディナーショーで歌手活動を再開した松田聖子(60)。昨年12月に娘の神田沙也加さん(享年35)が急逝して以来、初めてファンの前に姿を見せた聖子だが、万感の思いでステージに立ったようだ。

「ディナーショーの冒頭でのMCで聖子さんは、ファンへの感謝を述べ、心配をかけたことを謝罪。そして声を震わせながら沙也加さんとの思い出を振り返り、『私は沙也加の歌声が大好きでした。今も沙也加の歌声は私の心の中に響いています』と語っていました。

その後、'11年の『NHK紅白歌合戦』で母娘共演した際に歌った曲、坂本九さんの『上を向いて歩こう』を涙ながらに歌い上げました」(ディナーショーを訪れた客)

ディナーショーを終えると、6月からは全国ツアーも予定されている。

「3月に配布されたファンクラブの会報で、聖子さんは『これからは沙也加と一緒に歌っていきたい』と明かしていました。ツアーでは'11年のカウントダウンライブでデュエットした『瑠璃色の地球』や、『冬の妖精』を歌う構想があるといいます。

また沙也加さんがデビュー前に作詞した『恋はいつでも95点』や、沙也加さんが作詞に加えて作曲も担当した'06年の『bless you』なども候補に挙がっているようです」(前出・音楽関係者)

愛娘との思い出とともに再び歌手として歩み始めた聖子。ファン待望の計画も進んでいるという。

「年末には毎年恒例のディナーショーを開催する方向で調整が進んでいます。さらにこのディナーショーに向けて聖子さんは新曲を準備するつもりだとか。自身が作詞・作曲を手がける予定でいるそうです」(前出・音楽関係者)

'80年にレコードデビューしてから、コンスタントにシングル曲を発表してきた聖子だが、'16年以降はリリースが途絶えていた。

「聖子さんはすでに曲作りに着手していると聞いています。沙也加さんに対する思いや、母娘の思い出などを歌詞に込めた作品になるといいます。同時に6年ぶりのシングルとして発表することも検討を重ねているそうです。

ディナーショーが行われるのはちょうど沙也加さんの一周忌の時期になるはず。ファンクラブの会報には、『沙也加は私が前に進むことを望んでいると思う』と聖子さんは綴っていただけに、前に進んだ自分の姿を見せたいという思いもあるのではないでしょうか」(前出・音楽関係者)

愛娘との“歌姫の契り”に突き動かされ新曲制作を決意した聖子。彼女が沙也加さんに向けた曲を作るのは今回が初めてではない。

'97年に娘への思いを込めたシングル『私だけの天使?Angel?』を作詞・作曲している。もし、新曲が誕生すれば、25年ぶりのこととなる。

「『私だけの天使』は神田正輝さん(71)と離婚した3カ月後にリリースされた曲です。聖子さんは当時、自らのプライベートを明*ことはほとんどありませんでした。そんななか『私だけの天使』の歌詞には、家に帰ったらパジャマ姿の沙也加さんが笑顔で出迎えてくれたことや、疲れたときに肩をなでてくれたことが描写され、支えてくれる娘への感謝が歌われていました。娘を題材にした曲だと判明したときは熱心なファンから驚きの声が上がりました。

聖子さんは神田さんと離婚したことで、相当なショックを受けたそうです。そんな聖子さんにとって、当時唯一の支えが沙也加さんでした。娘への思いを込めた歌を作ることで、離婚の傷心から癒されたといいます」(前出・音楽関係者)

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0fb20fa5f19b33fdf29f43c8937c79f73abcab9

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


【『松田聖子』沙也加さんに捧げる新曲を自ら作詞作曲】の続きを読む

このページのトップヘ